カポタストの闇

カポタストは、"誰が何と言おうが"Kyser社のQuick-Changeを愛用している。
常用していると、だいたい3~4年でバネが折れる。

バネだけ売ってくれね~かな?
と問い合わせにたことがあったら、門前払い。

しょうがないから新調する。
値上がりし、2千円を超えたことから、だんだん懐が厳しくなってくる。

ネットをあさり、隣国の偽物に手を出す。
壊れても捨てずに持っていたものにバネを付け替えて使うことをおぼえた。
何故か偽物のバネのほうが丈夫だった。

月日は流れ、隣国の偽物を見かけることも無くなった。

年末、家弾きほろ酔いギターのペグを取り替えようと、安物を探してたところ、、、
超久しぶりに発見!
モラルなど考えるヒマもなく、速攻でポチっと大人買い。

晦日に届く、宅配ボックスへと。
ガラガラと開封の儀。
居合わせた娘がビックリ仰天。
どーしてそんなに買ったの?
これ一個300円だぜ
軽蔑の眼差しを受けながら、ホクホクな私。

さっさとバネを取り外し、ガラクタ箱にある壊れたカポへ付け替える。
再生Kyserが数本出来上がり(謎)

全部で何本になったんだか?
ちょん切ってPartial Capoにしようとほくそ笑む。

(怖くて画像はUPできませぬ)

喪中にて、年頭の挨拶代わりといたします。

今年も「og3の自由帳」をどうぞよろしくお願いします。

 

| | | コメント (0)

Fender Japan Stratocaster(2014)

この数年、アコギの修理を頼まれることがしばしば、、、
というか、けっこうある(謎)
なんでやねん!

私は修理のプロでは、ございませんのよ(笑)
でもまぁ、むげに断れない
ごく親しい友人からの、しかも安物or古い日本製のアコギに限って、細々と、コソコソとやっております

しかし、親しい友人という人種は、時として図々しく(笑)エレキギターまで持ってまいりましてね
まったく困ったもんですわ

ナニ?ヴォリュームにガリがあるって?
ポッド交換?だと?
はんだ付けくらいだから、ま、いっか、と安易に引き受けてしまう

気が乗らないので4~5日ほっぽらかしてましたが
重い腰を上げて
よっこらしょ
といいつつも、けっこう面白かったので、今回はブログにUPす


御開帳、、、、


Dsc00123


お、おい、、

Dsc00118

き、汚ねぇ~~😵
あのな~コノヤロー親しき中にも礼儀ありってもんだぞ😠
と、つぶやきながらバラす

ちょちょいのちょい
ネジ8本外してホレッ
Img_00351



え~っとヴォリュームは?
これだな?
Img_00371



持ち主本人が交換用に買ってきたポッドと比べると、、、
Img_00391

こーゆー物は「大は小を兼ね」ないんだよ!(泣)


規格は合ってるから許せるけど、シャフトの長さが全然違ぇぇ!
Img_00401

ど~すんだ!?!??
しょうがないから在庫という名のガラクタをあさる63歳のog3

それにしてもよく同じ径のワッシャとナットがあったもんだ
よし!
これで下駄をはかせよう
ゴミも転じて宝となるのである
Img_00421


100均で買ったノギスで正確?に測る
12mm出てりゃいいのね?
ハヅキルーペのお世話になりながら、、、、、
Img_00441


ペーパーでこすってフラックス塗って  はんだ付け
30Wのじゃ、ちょっとしんどいな、、、
でかい分アース線がとどかないからまとめてしまえ
まぁいい出来映えだ
Img_00451 


組付け~
いい感じじゃん
フフン
Img_00481

ノブを取り付けで完成~~~
と、いきたいところだが

磨いてしまう悲しいサガ(笑)
Img_00501


Img_00511 

「黒」という色は、一番派手な色だと思う
すべての色が交じり合っているからだ
若い奴らだと、泥だらけになりながら、流れる汗を飛び散らせて弾くのがカッコいい
しかし、ある程度の年齢を超えると、そこに何となく清潔感が無くなるのだ
実は、そこから本当のカッコ良さが始まる
使い古されていても、手入れをしてピカピカでいること
楽器も人もそうでなければオシャレじゃない
今年、武道館で100回目のライブをした「彼」を見てみろ
あれがカッコいいんだ

Fender Japan Stratocaster
シリアルナンバーだと
2014年製
神田商会が請け負ってダイナ楽器が作った逸品
アンプが無いのでオーディオインターフェースに繋いで弾いてみる
煌びやかな高域はそれほど無いが、私的には優しく聞こえてくる
その分、低中域の表現力が素晴らしい
アコギ指力で弾いても全然問題ないのね(爆)

ちょっとほしくなってしまうわ
たまにはエレキギターもいいもんだな~

若がえる気がする

ということで、元気に生きております

| | | コメント (0)

生存記録

『あなたのブログが11ヶ月間更新されていません。
1年間未更新のブログについては、記事の追加や編集ができなくなります。』

だとさ、、、

とりあえず、花見の写真でも張っておくか~



202304012

| | | コメント (2)

御茶ノ水界隈~外伝

もう書くことはないと心に決めていたにもかかわらず、つい書いてしまう病的な備忘録(笑)

あれからずいぶんと時は過ぎ、もう例のオーナーと同じくすることは無くなりました。
自分の人生を変えるほどの経験をさせてくれた方へ心から感謝いたします。

現在、ことギターに関しては、これといって目新しい、珍しい、刺激的な個体に出会うことも無く、既に自らそれを欲しない年齢になったんだな、と思っています。
もう手元にあるもので充分であり、平穏に日々をおくってきたはずですが。。。

実は、我が家には、親の悪影響を全身に浴びた娘がおりまして。
ブログをググれば既出なんですが、左利きなもんで、ギターには全く恵まれず。
まぁでも、大枚はたいて買ったヤイリのWYを弾いておりますし、レフティーの竹ギターなど、他数本所有しておりますが(謎)
すごく書きにくい文章になってますm(_ _)m

で、もっと書きにくいことに、私から見て、コイツ、けっこう上手くなってるんですよねぇ、、、、
「これから先」が「ある人」は「その未来」を「奏でる」「楽器」が欲しくなるのは、ごく自然なことです。
私が、あ~でもない、こ~でもない、と話しても、所詮右利きのお伽話にしか聞こえないのです。

久しぶりにググってみたレフティーギター。

えぇ?あぇれ??ナニコレ????
が、ヒット(爆)
レギュラーでも弾いてみたくなる新品の数々。

おもれ~!
おいおい、どうよこれ?
試奏したい!
てな具合で、久しぶりに御茶ノ水へ。

そこは駅前の某K沢楽器
M社の日本代理店です
ひところは珍しかったオールマホですが、コロナ禍?で大量に生産されたらしいの?(笑)

とりあえず店内で放牧し
私は知らんぷり
いろいろ会話の末、拉致され2階へと
そこで娘が弾いていたのは
D-15M Lefty¥187,000
甘く柔らかで、ふくよかな鳴り
私が弾くと?弾きすぎるから?いやらしく聴こえてしまうけど、娘の手だとちょうどいいのね。

低音を軸に指弾きされているので、やはりDですよね、、と店員さん
すごい!たいしたもんだ!さすが天下のK沢だ!
確かにその通りです。
私でもそう思います。
が、名札にはウクレレ担当と書いてありました(謎
いやいや、今引いてるのも胴厚のシダー&マホなので、同じ傾向でなくても
違うほうが、いいんじゃない?
もっと上手くなると思うけど?
00とか?どうなの?
え?いきなりですか?
それお父さんの趣味でわ?
ええ、そうですよ!

00-15M Lefty¥187,000
登場す。
かっわいい~
サイズ感GoooD
ナローレンジで立ち上がりが良いから、タッチがよ~く分かる。
指先にちゃんと音がついてくる。
もし私が買うのだったら、間違いない。
難しい顔してる娘を見て
あ~でも~
と、、持ってきたのは

000-15M Lefty¥187,00
言わずとも
あぁこれな~(^^)
うんそれな~
いい感じだ
曰く今日イチと言っていたけど

どこからともなく登場した
D-28 Standard Lefty¥379,000
1本のみ入荷だと!?
やはりこれが、と店員氏
そりゃそうでしょ~よ
王道ですから
いきなりゴールに連れて行かれるんかい?
弾いてる娘の目はすでに逝ってるし(笑
「すごく上手くなったように聞こえる」とさ

そしてダメ押し
000-28 Standard Lefty¥412,000
どーですか?お父さん?
やめてくれ~私は客じゃないしスポンサーでもないのよ!

とっかえひっかえ親娘で弾いてみる
久しぶりに満腹じゃ~
ゲップが出るわ~

ネギは背負ってませんが鴨だったカモ知れません
虹色の目をした店員氏を見て助け舟を出してやる
作戦会議すっか?
だね、
と店を後にする。

どーだったマホ?
オヤジ的には、ひところのM社に比べて工業製品的な匂いがして好かんのです。
人の手が作った暖かみを感じられないと思うが。
そうね、ちょっとオモチャっぽい、とさ
28は?
今私が弾くギターじゃない気がする、、、

時間、まだあるし、T口行ってみる?
坂を下り、エレベーターに乗り鏡の世界へと。

弾いてみたいのがあったそうで、、、
あぁこれ。
Fホールのエレアコ、ヤイリね
バランスいいね
生音ロクにしないけど
ふーん、バンドでか?

で?Dホールの?マカフェリタイプか
って、おいおい、まともに弾けないじゃん(笑)
と言ってみるが、人のことは言えない(爆)
私の話しなんぞ聞いちゃいない
かなり気に入った様子でゾッコンである
どこがそんなにいいのさ?
どれとも違うじゃん
なんというか?オリエンタルな感じ?
え?そうなの?エスニックじゃなくて?

飯食うぞ
と、肉の万世へ

あのさ、つまり、なんつーか、いくら高くていいギター持っても、結局上手いヤツが一番カッコイイんだぜ
と、オヤジ風を吹かせてみる
Toktoハンドクラフトギターフェスっていつだっけ?
来月の、ええと、、、、
行ってみる!
レフティーなんて無いよ?
でも音は出せるでしょ

作ってくれる人を探すってか???????

それは無いと思うが、、

^^;

| | | コメント (0)

奮闘記2

罹患してみて初めて分かったこと。
人生勉強の一つと思い、綴る。

症状は
割れんばかりの頭痛、しんどい関節痛、ずっしり重い倦怠感、滝のような鼻水、吐血しそうな喉の痛みと咳、声が紅の豚にそっくりで超カッコイイ(笑)
しかし、発熱がない私(だけ?)
せいぜい36.8℃くらいだし、、、、
どうしよう?とモタモタ寝込む

翌日は祝日
あぁ、どんどん辛くなる
濃厚接触者なので近所でやってる無料のPCR検査は受けられない
そして発熱外来では門前払い

見捨てられた気分だ、、、(悲

県の相談センターに電話して聞いてみる
カクカクシカジカタスケテクレと
どうやら感染症指定医療機関という?病院に行かなければいけないらしい。
市内には無く、紹介されたがけっこう遠い
行けぬ無理じゃ!
とりあえず誰でもPCR検査を受けられるドライブスルーを紹介されたので、行くことにしたが、これもけっこう遠くて地獄のドライブ。
後手後手じゃん(泣

陽性と連絡が来た日には、すでに峠を越していた感じなので、病院にも行かず、毎日葛根湯を飲んで回復してしまった(爆
オミクロン株?BA1?ってこんな感じなの?
それとも我が家は、図々しい体質だったのか?

一家全員、順番にほどよく?罹患したので、誰かが誰かの面倒を見ることができたというのが不幸中の幸い。

しかしだ!
一番最後に罹患した私は、半月も仕事を休んでしまったのが最も不幸な出来事と思いたい。
定年後、再雇用の身としては、けっこう風当たりが強かった気がする。
しかたないことだが、しかたない(謎
恨んでもしょうが無い。

愛と平和のためにブログを書くことにする。




















 

| | | コメント (0)

«奮闘記