くさのねフェス

回想
今年のゴールデンウイークのこと。
草ぶえの丘にて五月祭りという野フェスを引き受けた。
主催は「NPO 遊・食・学 さくランド」=ありがた屋のこやっちだ。
私は、その初日にダンス系のパフォーマンスを企画した。

しかし前日は荒天。
翌日の早朝より、出演者からのキャンセルが相次ぐ。
そんな中でも、集まってくれたのは「NPO佐倉子どもステーション」と「美舞かぶらき
嬉しかった。
本当に嬉しかった。
突風吹き荒れる中、安全な場所へとステージを移しての開催。
昼前には雨も風も止むが、すでにプログラムが終わってしまう。

これで良いのか?
このまま終れないだろ?
午後からのプログラムは、どうするのさ?

しかしそこには信頼できる仲間がいた。
スタッフの中にマジシャンがいる。
道具も携帯していた。
ありがたい!
昼食のひと時にパフォーマンスお願いする。
流石だよ、カズさん!

NPO佐倉子どもステーション」と「美舞かぶらき」へ午前中のプログラムを再びお願いする。
快く引き受けてくれた。
そして外へステージを移し、再び開催。
そして最後は乱舞
「サクラ佐倉」
これ以上の感謝は無いと思った

折しもそこには「くさのねフェス」の宣伝も兼ねて、実行委員長とその家族の顔があった。
姪っ子に手を引かれて、見ていた実行委員長
信じられない言葉が飛んできた。
これを「くさのねフェス」で、と、、、(驚)

今年の9月2日に開催される第2回目の「くさのねフェス
その日、草ぶえの丘に来る人は、全て「くさのねフェス」のお客さんではない、と言う。
気が付きそうで、全く気が付かなかった。
古くて固い頭の自分を殺された気がした。
実行委員長は、そこに来る人全てを大切に考えている。

そもそも私の音楽活動は、一種類の同じ場所から始まったわけではない。
人が行ういろいろな表現に線引きすることは、間違っていると常日頃思っていた。
ナルホド、、
快く引き受けた。

とはいえ、野外音楽フェスに、ソーランありか?
疑問は多々あろう。
実行委員会の中でも満場一致で決ったわけではなかろう。

しかし、これも新たな試みではなかろうか?

思い出した、、
そういえば、そんな気持ちで作った曲だった。



| | コメント (0)

初めての再開

ともあれ、、、
何と言われようが、書いておかなければならないことがあるので(へへ)

4月某日
私鉄を乗り継いで2時間ちょっと。
逗子というところに行ってまいりました。
下りた駅は「新逗子」

Img_6644

約束の時間までずいぶんあるので、さて散策しようと洒落こんで早めに来たのが大失敗(笑)
この日は、電車が遅れるほどの突風がすざまじく、歩くだけでもシンドイ日、、

とはいえ戻るわけにはいかないでので、迷ってみる。
初めてきた場所は、ワクワクする。
しかし強風、春なのに寒い、、、でもとりあえず足を先に。

ほど近いJRの駅
バスが行ったり来たり
人の往来も多い
飲み屋も食い物やもあるある
なんだろう?すごく豊かさを感じる街だなぁ

呑気に眺めていたら、腹が減ってるのに気がつく(グゥ)
目的の場所は、わかってるのに迷っているワタシ
どうすっか?
一人だから牛丼屋でもカレー屋でもいいんだけど

ちょいと入ったら目の前にソバ屋
おぉ、、
とりあえず暖まろう

Img_6646_4


目的の場所は、逗子文化プラザホール
毎年毎年、足を運ぼうと思っていた

このブログで互いに親交を深めた、いや、それ以上に心の支えになった人が演奏をするからだ

Toshiさん

ブログに書いていただいたので、コメントを返せば済むことだが、それでは気がすまないから、もう一度ブログに書くことを決めた

Img_6645


ホールの階段を登ってゆくと、待っていたかのようにやってきたToshiさん

>>
で、当日。。。本番前に、ロビーでお会いできました。すぐに分かりました。og3、大きな人ですからね。
>>

ってそれは私の顔だろ(笑)

Toshiさんは、もっと大きい
本当に癌だったの?ってくらいに生命力を感じたわけです

「はじめまして」
に何となく違和感、、
あっそう、Toshiさんもそうだったのね(笑)
出番間近なのでちょっとお話してホールへ

デカ!天井高い!
綺麗だし
珍しくスピーカーが埋め込みじゃない
よく見るとステージにバウンダリーマイクが置かれてる
こりゃ~よく聞こえるぞ

4部から拝聴
ギター演奏が続く
初心者っぽい人
若い女性
御高齢の方
やっぱ先生は上手いなぁ
そして、Merry Christmas, Mr. Lawrenceを弾く小学生の女の子にぶっ飛ぶ

いよいよToshiさんだ

椅子が変わる
座面がやたら高っかい!
大股でステージへ

演目は「Felicidade」

見ていて、聴いていて汗が出た
キッチリ譜面を読んでいて、時間をかけてここまで持ってきた音を感じた
私のように出たとこ勝負、勘で帳尻を合わせるような演奏じゃない
なんと真面目な人なんだろう
これはスゴク勉強になる

そもそもボッサは、愛している人を口説くためにある音楽だと私は思っている

「Felicidade」とは"幸せ"の意味
名作映画「黒いオルフェ」主題歌
ボサノヴァの創始者アントニオ・カルロス・ジョビンが遺した名曲である

私がいた列の右側の真ん中に座った女性が眼がしらをおさえていた
後で聞いたら奥様だった、とのこと

>>>
演奏が終わったあと、会場近くの酒場で昼間っから呑んだ訳です。
>>>

続きはToshiさんのブログで読んでね

| | コメント (2)

Tokyoハンドクラフトギターフェス2017~その1

なかなか踏ん切りがつかないまま時間だけが過ぎてしまった。
というのも、はっきり言ってしまえば、これから新たなギターを手にする意欲が無いのだ。
意欲?という表現で良いかどうかは不明だが、、

例えば競技の世界

車のレースであれば、どんな高性能の車であっても、なくても、とにかく早いヤツが一番である。

イチロー選手と同じバットを手に入れたところで、3042本のヒット(2017年6月3日現在)を打てるわけでもなかろう。

レースで勝った名車を持つ、あるいはイチロー選手と同じバットを手に入れるというは、「所有欲」を満たすとことで、本来とは別な意味なのだと思う。
希少価値の高い物を手に入れることで精神的に満足するのだ。

そして満足にはキリが無いので、収集したり、また違うものを求めて買い替えたりする。

ある意味正しく、そうでないと文化が滅んでしまう。

新たなギターを弾いてみるということは、何なのか?

こんなことを書き始めると、苦情がきそうだ。
老いぼれてずいぶんとクドくなったなぁ。
つべこべ言わないで弾け!

なんてね。

20170603a

これは、山本さんの竹ギター
見ただけでは、よくわからない。

竹を細い短冊状にしたものを膠で接着して板状に、それを2層にしたものをくり抜いてトップとバックを作り、合わせてある。
そして塗装は漆。

膠は温度が低くなると硬化する。
竹の短冊を張り合わせる作業にはかなりのスピードが必要だ。
しかし山本さんは、私より二回り上の子年。
それがすでに追いつかなくなってきているが、かまわず進む。
気が遠くなるような作業である。
「もう、超えていますよ」
と、一緒に来ていたお弟子さんの高須さんがつぶやく。

高須さんとは、初対面だが互いの話がすぐ理解できる。
またひとつ、人の縁の素晴らしさを知った。

20170603b

サラサラと気持ちよい。
ブレージングが一切ないので、竹でできた空間の音がそのまま顔の前、つまり耳元へ響いて出てくる。
けっして大きくない、ささやくような音だ。
比べるギターがどこにもないので表現しにくいが、極めて上品で上質な鳴りである。

地味だけど色っぽい。
さりげなく、しとやかな浴衣姿。
のような印象である。

20170603c

こちらは山本さん定番のイロコ。
となりの竹と同型である。
以前お借りしていたエレキギターのアコースティック版。
竹に比べてふくよかな音。
腕におぼえのある熟達者がJAZZを奏でたら似合いそうだ。

どちらも大きなステージで演奏する類のギターではないと思う。
自宅でゆっくりと、その魅力を堪能する楽器だ。
後日メールを頂戴した。
「今後の課題はPUで鈴木さんが良いと思われるPUがあれば教えてほしいと思っています。」と記してあった。
頭を悩ます、、
普通のシングルやハムバッカーだと、どこにでもありそうな普通の音になってしまいそうだ。
ここまで異彩を放つ楽器であれば、それ相当なPUを考えねばなるまい。
弦振動だけではなく、胴鳴りだけではなく、、、
まだ返信にはいたっていない。

そしてこの2本、、
大変残念だと思うのは、テールピースとブリッジが市販の部品なのだ。
実にもったいない。
テールピースは、以前ここで見せていただいたヴァイオリンにようなタイプに。
ブリッジは、直接振動を伝えやすいシンプルな形に。
と、心より思う。

20170603d

そしてこれは、以前お借りしていたギターの弟分にあたる。
気になる部分がことごとく改善されている。
各弦のバランスもほど良く、音に輪郭があり、鳴りも深くなっている。
なんといっても残響が素晴らしい。
押弦の指を指板から放したくなくなる魔力がある。
これは、今、最も手にして弾きたい、そして欲しいと思うギターだ。

20170603e

そしてトラベラー。
燻煙され漆で仕上げてある。
こちらは既に完成されている気がする。
しかしながら我が家のトラベラーに比べると全然音が若い。
弾いてくれ!と言わんばかりである。

20170603f

最後に圧巻のくり抜きアコースティックベース。
気がついたらこれを離さない方がいました。
今日イチだ!
と叫んで、写真を撮っていらっしゃいました。
私も弦楽器との最初は、コントラバスでした。
これは、確かなウッドベース。
響きは、比類なきものです。

気が付くと2時間弱、山本さんのブースにおじゃましてました。

いろいろと貴重なお話が聞けました。
で、最後に「来年も来るから」と、、

え???

新たなギターを手にする意欲が湧いてきました。

今日は、久しぶりにブログをUPしました。
とても良い気分の誕生日です。

本日で57歳になりました。

つづく~

| | コメント (0)

朝令暮改

書くと言っていた記事も書かず、約束を破って人知れずひっそりと閉じようを思っていた。

20170430a

先週、招待状が届いた。
山本さんからである。

あわてて見る。
工房ソニードの日誌には「3月に廃業届出してギター制作をやめたので、、」

同封の手紙には「多分最後の出展になると、、」

しかし「最後の出展」という話を伺ったのは7年前の錦糸町

その3年後、燻煙ギターを持って来て弾かせていただいた思い出が昨日のよう。


山本さんの「くりぬきギター」に出会ったのはちょうど10年前
それを弾きに行ったはずだが、我が家には「竹ギター」がやってきた。
そして「くり抜きギター」もやってきた。
かなり人生が変わった。

そして、また出展するのだ。

何かある。

行かねば。

約束を破ってでも。

| | コメント (0)

頭がタコになる時

忙しい、、、
しかし目に見えないものを作っているので、はたから見ればグダグダしているように見えてしまう悲しさがある
何もできない日が続いているので、かなり焦っている
これもきっと他の人にはわからないんだろうな、、、と思いながら台本に目をやる
あぁ、、、あと3曲、、、

で、、他に
年頭から作っていた踊りの曲をボチボチ仕上げねば
というか仕上がっているのだが、演舞用の音源を別に作らにゃならんわけで

一昨日、家に帰ったらスタジオ(という名の私の汚部屋)で娘が汗をかいていた
ボーカルとコーラスを録りなおしたとのこと
そやね、まだ寒い頃に録ったのは仮歌だったし、本人も全く気に入らないようだったし

聞いてみる、、サラリーマン姿のままで(笑)

Σ( ̄ロ ̄lll)

けっこうぶっ飛んだ

へ~ ! X10個くらい

16トラックもきっちり仕上げていた
あまりにもキッチリしてるので聴き方によっちゃボカロとかハーモナイザーとかピッチコントローラーで編集しているようにも聞こえる

とうまさくを解散してから、それぞれ違う音楽の道を進んでいる
人前での経験が娘の歌を変えたらしい

さてMIXするか、と始めるがCubaseのインスペクターが全く反応しない、、、、

んにゃろ~ぶち壊したな===
張り倒してやろか、、、

思いとどまってググると、、
バグ、、、、、

どうやら7.5で修正されているらしいが、おいらのは5
すでにサポートも終了している

5年前に買ったときはwindows xpだったし
でもって今は10
そもそも動作保証されてないんだよな、、、?

清水の舞台から飛び降りたつもりで買ったのに
清水の舞台から落とされた気分になった

クリーンインストールしなおせば治るらしい
でも、それやってると2日くらいかかる

アップグレード版買うか、、、、
しかし手持ちの小使いじゃとても手が出ない、、、、、

グチグチグチグチ、、、、
ブツブツブツ、、、、

頭がタコになっていた

「お金、ここに置いとくから」
廊下ですれ違いざまにカミさんがぼそっと言う

部屋に帰るとパソコンの上に万札があった

その昔、馬を買ってもらった武将になったような気分だ

オンラインショップで買う
住処の真下がコンビニで良かったぁ!
メールが届く

ダウンロード開始

え、、ファイルサイズが9ギガ超(;'∀')

そして、何もすることが無いので、こうやってブログを書いている、、、、

空は、すでに秋色である





P.S.
SKS関係者各位
ごめんなさい
子キャンの記事は、きっちり最後まで書きます。
忘れられない思い出は、必ずここに残します。
冬になるかもしれませんが、、、、、、

| | コメント (1)

«2016子キャン回想2