« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

天高く肥ゆる夏?

梅雨が明けたのだか、夏か来たのだかよくわからない鬱陶しい日が続いている。
混雑を避け、早めに家を出て電車の中で爆睡している。
会社に着いても殆ど寝ているので、コンビニでペプシコーラを買うのが習慣になってしまった。
冷えたコーラをグイっと飲むと結構目が覚める。

7月に入り、やたらとややこしい仕事を抱えていたので考え込む時間が長く、タバコの本数が増えるのが気になり、「柿ピー」をつまむのが癖になっていた。
ボリボリという音が頭蓋骨に響いて刺激となり、妙案が浮かぶ。
おかげさまでスケジュール通りに終わり、ホッとしてみるとなんだか太ったような?

2kg太っていた、、、、

おかしいな?
ペプシコーラは「0カロリー」って書いてあったし、柿ピーだって445kcalと表示されている。
2kgも太るほどコーラ飲んで柿ピー食ったおぼえは無いのだが?
やはり晩酌のビールだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道楽者1

私の親父は、私が生まれた年にカメラを買った。
7万5千円だったという。
公務員だった親父の月給は7千円だったというから、いかに高価なものだったか良くわかる。
しかし高価だった、、、というより「よくそんなもん買ったなぁ」と考えたほうが正しい。
家計はどうなっていたんだろう?
現像機器まで買い揃え、自宅で焼いていたというから相当なもんだ。
だから私がこどもの頃の写真は、やたらある。
しかしそれだけでは終わらない。
FUJIの8mmカメラを買い、映写機まで買い込んだ。
その後スーパー8まで手を出している。
親父は話さなかったが確か16万円という値段は、記憶している。
だから我が家の記録はかなり壮大なものだ。
また祖父が買ったという2眼カメラは戦後間もない頃らしい。

長男が生まれたときに、親父からカメラをもらった。
新し物好きだから、どんどんカメラが増えていった結果である。
しかし私にくれた翌月には、すでに最新のカメラを持っていた。
でも私はあまり写真に興味は無く、もらったカメラで何も考えないでこどもの写真を撮っていた。
しかしDPEからの出来上がりに不満が残り、自ら墓穴を掘ってゆくことになったわけです。
「血は争えない」というは全くそうだ。
自分のこどもの肌はもっと綺麗なはずだ、思い始めた頃にはもう遅かった。
標準ズームと望遠ズームを買って、高価なリバーサルフィルムを何十本も使った。
その頃東京の台場に住んでいたので、こどもが寝たあとは、自転車のカゴに三脚、カメラ、缶ビール2本を入れ、ひたすら夜景を撮っていた。
夜景撮影だと露光時間が30秒~1分以上かかり、日中の撮影とは比べ物にならないくらい長い時間がかかる。
3脚たてて、雲台にカメラつけて、ジロジロ周りをみて、またジロジロとファインダーを覗く。
貨客船やユリカモメ、レインボーブリッジ、新未来都市のようは夜景など、被写体には困らない。
しかし一晩でもフィルム一本撮れない。撮れて10枚くらいかな?
アベック、警備員、警察がよけいな邪魔をしてくれる。
こちらも負けずに毎晩、毎晩、定点観測のように撮り続けていた。

Rb_3

このアベックは、最初は座っていたんだけど、シャッター切る寸前で立ち上がりこの抱擁が始まってビックリ。30秒以上もよく動かなかったぁ、感心しました。

小遣いの殆どは写真になっていた。
なんだかんだ言いながらビデオカメラも買ってしまったし、、、、、(もう壊れました)

時代は変わり、デジカメへ!
あの親父が買わないはず無い。
買ってました、プリンターも持ってました。
先日その親父からデジカメをもらいました。
お袋がいいました。
「お前がもらわないとお父さんは、つぎのが買えないでしょ!」
遠慮なく頂いてまいりました。
今度は何を買うのだろう。
一緒に選んであげました。
それもきっと私の手元にくるはずですから。


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

着メロ大放出!!

お待たせいたしました。
私がミュージカルで作曲した曲を着メロにして無料公開しま~す。
ダウンロードしてご自分のケイタイに転送すればそれでOK!
au、DOCOMO、Vodafone、何でも聞くことができます。
仲間へ、お友達へ、じーちゃん、ばーちゃんへ転送もできます。
著作権保護をしていませんので、どこへでも、だれにでも添付して送ってあげてね!

もちろん2006年8月の公演分の新曲もあるぞ!

でも著作権は放棄していませんので、ダウンロードした方は、匿名でもニックネームでもかまいませんので一言書き込んで言っていただければ、うれしいな!

期間限定:7月22日まで。早い者勝ち!

※配信終了しました。  

| | コメント (5)

あなろぐ

時計を形でおぼえている。
これはきっと生涯変わらないと思う。

あと何分。
何分過ぎた。

ぱっと瞬時でわかる。それにそれほど正確には見てない。
仕事柄、デジタルの世界に暮らしているが、実はデジタルは好きでない。
時計もそうだ。
あからさまに何時何分何秒と表示されてしまうと、「あと何分」「何分過ぎた」をいちいち計算しなくてはならない。
自分自身、そこまで馬鹿ではないはずだが、世界中の時計が全てデジタル表示だったらかなりイライラすると思う。
特に時間に追われている現代では精神的に良くない。
時計を「形」としておぼえている心の「ゆとり」が無いと、人生が面白くない。

電車が遅れる。
渋滞で予定通り着かない。
電話したら話中だった。
メールの返事がすぐ来ない。
カップラーメンは、熱湯で3分と決まっている。
自分の思い通りに行かないと、すぐ行動にでる恋愛。
リセットすれば、死んだ人間が生き返るTVゲーム。

笑い事ではない。
ニュースが事実を物語っていませんか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Depas

「抗不安薬」「安定剤」
精神安定薬 一般名:エチゾラム(ベンゾジアゼピン系)
エチゾラム 商品名:[アロファルム][エチカーム][エチセダン][エチゾラム][エテゾラン][エチドラール][カプセーフ][グベリース][サイラゼパム][セデコパン][デゾラム][デパス][デムナット][ノンネルブ][パルギン][メディピース][モーズン]
効能・用途
1.ウツ病・・・・抗不安薬
2.筋収縮性頭痛
3.頸椎症
4.神経症
5.心身症
6.睡眠障害
7.腰痛症

何ぞや?と思われるでしょうが、現在流れている曲のタイトルは、私が投与されていた「薬」の名前なのです。

Depas(デパス)

2年ほど服用しました。
音楽療法なるものを知り、「やってみるっきゃねーだろ~!」という気持ちで書き上げた曲です。
こんな病におかされて5年。
だから5年も前の曲です。
この曲は、家族しか知りません。
でも、この曲を作って、病が良くなったことも事実です。

※配信終了しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

BSOD

やれやれ、やっと曲のアレンジが終わった。
とりあえず、今ここで流れているで、嫌でなければ聞いてください。
2003年物を超えたかどうかは、こどもたちが教えてくれるでしょうね。

柄にも無く、ユーロビートにしてしまった。
終わってから後悔しても始まらない。
打ち込み始めてわかったときは遅かった。
やたらと音数が多い。
打っても打っても音が足りないのだ。
185のテンポだから楽だ~と思っていたのが大間違い。
和音を前面に出すと、スピード感が全然ない。
ビートの中に和音を構成してゆかないと、田舎っぽくなってしまう。
そう気づいてから、ユーロビートを聞きあさる。
しょうがないよね、若くないんだし、、、と自分をなぐさめてしまう、、、、

中盤から仕掛けを作ったので、前半は忍びがたきを忍び?抑えに抑えて作る。
これって結構ストレスかも?
後半は、畳み掛けるように盛り上げないと気がすまないので、いやおうなしにマウスをクリック!
まるで拷問だ。

たった2分の曲だが、いったい何十時間かかったのだろう?

そんなこんなで本日久しぶりのBSOD(Blue Screen of Death=死の画面)を見てしまった。
曲が終わってからでよかった。
この愛器も酷使したからなぁ。
自作PCだからしょうがない。
少しいたわってあげよう。
ついでに、自分も。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »