« アナログ育ち | トップページ | 死人の話 »

秋葉原~その2

以前も書いたが、公私ともによく出向く街だ。
結果はどうであれ、日本経済、先進技術、流行、風俗まで作り出した場所である。
家庭電気製品の発展、IT技術革新とともに我々の生活水準はまたたく間に進歩した。

いつも暖かい食事や、
いつも暖かい生活や、
いつも暖かい光にかこまれ、
いつもきれいな服に袖を通し、
いつどこに居ても誰とでも話ができて、
いつどこに居ても見たいときに見たいものを見ることができて、
いつどこに居ても聞きたいときに聞きたいものが聞けて、

不便だった時をすっかり忘れ、
便利になることがあたりまえになり、
もっと便利になることを当然のように感じ、
便利になったありがたみを忘れている。

文明はいくらでも金で買えるが、文化は人が創ってゆくのだと思う。
幾度と無く足を運んだ場所だが、いつもそんなことを考えてしまう。

目当てのものが早めに見つかったので、道草を食い行く。
何を買うわけではないが、心が躍る昭和のけもの道。
店主のオヤジは、相変わらずツワモノばかりだ。
こんな人々が日本の文化を支えてきたのだろう。

中2の息子の中間試験。
理科の範囲は電気だった。
フレミングの法則、ボルト、アンペア、オーム、ワット、カロリー、ジュール、、、、
電気の基本中の基本だね。
どうやら息子はそれを立体的に考えられなかったらしい。
上下、左右、前後などがひっくり返った問題だと、自分もひっくり返ってしまう。
やれやれ、、、、
ここぞとばかりに叩き込む。
成績が良かったら携帯電話を買ってやるという目標には達しなかったものの、理科の成績が一番良かった。
まぁ、良しとするか。

秋の日暮れははやい。
帰る頃には、駅前に名物となったメイドのおねぃちゃんが出没していた。

秋葉原に行った来た、なんて言うと娘が怪訝そうな顔をする。
そうじゃないんだよね、、、、
ここはお父さんがセイシュンしてたところなんだけどな、、、、

| |

« アナログ育ち | トップページ | 死人の話 »

コメント

こんばんは♪

秋葉原も変わったね~
無線してた頃は、ジャンクの街だと思ってた!
昭和の遺品???大きな真空管!
色々あったなぁ~
今は様相も変わった!
メイド喫茶の街、、、まりっちはそう感じたのかなぁ~
チョッと中国に行って来ます。
11/11(土)学祭、楽しみにしています。

masy... (^^v

投稿: masy | 2006年11月 3日 (金) 午後 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原~その2:

« アナログ育ち | トップページ | 死人の話 »