« 腰痛だ | トップページ | 9月か~ »

いくぞ!

すごい週末だった。

24日
愛知から中村さんが我が家に来てくれた。
年齢を感じさせない、エネルギッシュな方だということは以前も書いたが、今回はそれ以上だった。
軽乗用車に乗って、プラッと近所から遊びに来たという気軽な再会でした。
とても愛知から来たとは思えない。
朝9時に出たそうだが、自宅近所の駅前で会ったのは夜の7時。
市川で墓参りをして、あちこち散策されてから来たそうだ。
いきなり駅前のホテルに飛び込んで、チェックイン。
これが中村さん流だ。

我家に来ていただく。
話は尽きない、終わらない。
お互いのギター論、音楽観、芸術性、生き様、家族愛、現在、過去、未来、、、、、、、
6時間あまり、延々途切れることなく話した。
ブログでは、書ききれない。
貴重な時間を過ごした。
久しぶりに、深いところから自分をさらけ出して話をしたような気がする。
しかし、何故かこんなディープな話の中に家内が入っていて違和感が無かったのも不思議だ。

というより、中村さんと家内が話をしている時間の流れかたは、また違った世界だったような気がする。

それは、中村さんという人は、美術にも精通していたのだ。

国文学科からデザイナー系の学校を経て、漫画家になりたくて、なれたようで、なれなくて(まだ諦めていないというが)私と所帯を持ったという家内の過去がそうさせたのだろう。

まぁいい、それもそれ、これもこれ。

久しぶりに我が子に迷惑をかけた。
午前3時まで付き合ってくれたのは何故か娘だったりして、、、、、

ともかく、何かが見えた。
それが、今はなんだかわからないが、何処に向かって行けば良いかという方向は判った。

古い言葉を借りれば、それは「一筋の光明」だと思う。

それが、やがて道になってゆくことを自分で作ればよい。

25日
朝9時
電話で起きる。
あ~そうだった、子キャンの事後交流会だ。
電話の主は、ゲン。
昨年夏のミュージカルの共演者というか、主役というか、そんな子だ。
写真を200枚貼った模造紙を持ってくるから、、、、、、なんだかんだ、、、、、
駅で出迎えようと改札口へ。
その前に、中村さんにお土産を渡す。
あっ来た、ゲンを中村さんへ紹介する。
ここで中村さんと別れ、ゲンと車で事後交流会の会場へ。

あっ忘れてた、家内を仕事場へ送らねば。
取って返して、自宅へ。

10時
家内と娘を乗せ、仕事場へ、そしてまた会場へ。
こどもたちと再会。
みんな大好きだよ。

12時
終わると、中学生と反省会を兼ねた打ち上げだそうで。
焼肉食べ放題へGo!
いやぁ、ちょっと、高校生とはやりましたから、、、、、
すみません、今日は二日酔いなんで、、、、、、、、、
辞退す。

15時
しかし、その夜はふるさと祭りでソーランを踊るこどもたちがいる。
よせばいいのに、いそいそ出かけ。
ビールを飲みながら見物。
手のひらが腫れるほど拍手!
みんな最高だよ。
小学生から中学生になった連中は、それなりになっていた。
大丈夫、og3はちゃんと見てるから。

帰宅~時刻不明~就寝

26日
7時起床
よくわからないまま時間が過ぎるが、、、、
9時
娘が所属するダンスチームが隣町の祭りのダンスコンテストに出るので、自主練習のため集会室の鍵を開けに行き、こどもたちと戯れる。

同日10時
舞夢バレエスタジオへ打ち合わせに行く。
5年ほど前から、SKSのミュージカルがきっかけで係わっている。
今年は大きな会場で発表会があるので面白そうだ。
私は、曲の編集やら編曲などやっている。
踊り手の体のサイズにあわせて、曲の速度を変えてゆく作業は、まるで指揮者になったような気分だ。
ここの青柳先生はハンパじゃない、日体大の舞踊学部を出て、ヨーロッパ諸国へ留学してきたツワモノだ。
踊りと曲を合わせるのに相当の時間をかける。
阿吽の呼吸がわかるまで、ずいぶん時間がかかったが、これを理解できたことは私の自慢の一つだ。

午後
祭りに行く。
隣町の祭りはいつ来てもでかいなぁ。
昨年このダンスコンテストで娘の先生が準優勝している。
いささか今年は出場しないんだね。
このセンセは昔ディズニーランドで踊ってた人。
この方もSKSもミュージカルで知り合ったお母さん。
この方は野望も希望も理想も現実も包み隠さずぶつけてくれる。
だから、娘をまかせられたんだろな~

娘のチームは、熱演賞。
めでたし、めでたし。

気持ちいい~、、と飲んでしまったが。

「はだしのゲン」を観に行かねば。

こどもたちは、メイクも衣装もそのままで、電車 DE GO!

17時
観劇

はたして「はだしのゲン」が観ている人にその全てが伝わったかなぁ?

戦争と言う歴史的背景のなか、その残虐性、人種差別、家族愛、そして命の尊さというメッセージを謳われると、おとなですらその重さにつぶされそうになりました。
戦後世代の私たちが、理解できることを超えた公演だったと思います。
本来、おとなとしてそれをこどもたちへ伝える義務があるは
ずなのに、やっていなかった自分を恥ずかしく思いました。

舞台は魔力
です。

終演後の和やかなロビーとのギャップが大きすぎ、そっと帰宅ましました。
ごめんなさい。

またSKSのこどもたちと舞台に立てることができますように。

|

« 腰痛だ | トップページ | 9月か~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39750/7700676

この記事へのトラックバック一覧です: いくぞ!:

» ジョジョの奇妙な冒険 [ジョジョの奇妙な冒険]
ジョジョの奇妙な冒険ってみなさんもうご存知ですよね!そうあの荒木先生のジョジョの奇妙な冒険です、小学生のころ週間少年ジャンプで連載しておりあの劇画調のタッチが苦手でしたが大人になっていくうちにあのジョジョの奇妙な冒険の世界に引き込まれていきました。特にメジャーなのはやっぱり第三部で空条条太郎です。... [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月) 午後 09時20分

« 腰痛だ | トップページ | 9月か~ »