« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

あたりめ

あたりめ
作曲している時には、必ず何か食っている。

脳ミソが刺激されるからかな?

いつもは、柿ピーをつまんでいるがいささかカロリーが高くメタボが心配になっていた。

今日は、あたりめにしてみた。

90kcal

柿ピーの5分の1だ。
(*^_^*)

それにしても今日は、ずいぶんできたなぁ。

あたりめ効果は大きい。

| | コメント (1)

御利益

麻賀多神社へお参りに行ったかいがあった。

8小節できた。

悩んでい曲の展開が進んだ。

その続きの8小節ができれば、終盤へつながる。

やっぱり俺流でィイんだ。
グリーンだよーーーーー!!

ありがとう、フー。




| | コメント (0)

苦しい時の神頼み

苦しい時の神頼み
苦しい時の神頼み
苦しい時の神頼み
曲が進まない。

出るのはため息ばかりなり。

気分転換にお参りに行く。

麻賀多神社。

佐倉藩の鎮守さまだ。

もうひといきなんだ。

| | コメント (0)

創作

創作

曲が浮かぶ場所。

1.トイレ

2.電車の中

ここに楽器があればなぁ。

| | コメント (0)

停滞中

新年から公私共に盛りだくさんな毎日。

現在は、曲作りに没頭している。

よさこいソーランだ。

以前SKSで作ったときは、予備知識が無く、なんとなく変な悔しさがこびりついた。
曲が出来上がってから、調べに調べまくった。

もっと早く調べときゃよかったのに、、、という悔しさだよね。

「よさこい」は、正しくは「よさこい鳴子踊り」。
それが北海道に渡り「よさこいソーラン」となった。

ここで薀蓄をたれると長くなりそうなので、やめとく。

曲に関してのルールは、「よさこい」は「よさこい音頭」の一節が入ること、「よさこいソーラン」は「ソーラン節」の一節か入ること。
と、なっている。

が、最近ずいぶんとウヤムヤになっているらしい。

すでに4割くらいは打ち込んだのだか、そこで停滞している。
正統派で行くか、ドンちゃん騒ぎにするか?
どうすっかな?

展開が多い曲にすれば、見栄え、聞き応えのあるものになるが、作るほうも踊る方も技術と体力が必要になる。

「演舞」と「流し」のバランスも考えなきゃならんし。

どちらかというと高知のよさこい鳴子踊りのほうが、好きなのだ。

しかし関東ではあまりポピュラーではないんだよね。

悩む。
いわゆる「オレ流」でいいのかなぁ?

う~ん、頭の中が便秘気味だ。
気分転換したいなぁ。

就寝す。





| | コメント (1)

新年だ

もう4日も経ってしまった。

クリスマスイブに職場の忘年会、それから3日間の研修、自宅では大掃除と年末は慌しかった。

帰省しまーす、、、と実家への電話を切ると、まもなく家内が高熱を発しインフルエンザに。

あ~いかん、うつしてしまった。

暮れは病院も休みでどうしょもない。
残った薬を飲ませて、しのぐ。
熱が下がって、動けるようになったのが大晦日。

元日から実家に帰る。

竹ギターを持ってゆく。
格好の親孝行だ。
親父が作った竹ギターのブリッジは、あれからすり合わせを微妙に調整して、高域の倍音としなやかさを取り戻している。
真ん中の足を僅かづつ削ってゆき、トップとの圧を平均にした。
サドルをブリッジにタイトボンドで固定したら、びっくりするほど音が明るくなった。
調整は本当に微妙だ。
何日もかかったよ。
新しい弦に変え、また倍音が増える。
チェンバロやハープシコードといった音を彷彿とさせる。
酒を酌み交わせながら、あーでもないこーでもないと話は尽きない。
「こりゃ始めるとやめられないねぇ」
親父もはまった。
また何か考えているらしい。

お土産と幸せと満載して3日に戻ってきた。

もうこの年齢になると新年を迎えることに、それほど大きな変化に感じなくなる。

しかし珍しく昨年は、精神的に大きな変化があった。

今年は何をすべきか、今真剣に考えている。

仕事に、家庭に、音楽に、地域社会にどう向き合ってゆくか。
そして自分の人生をより潤いの有るものにしてゆくか。

今年は49歳になるが、まだまだ捨てたもんじゃない。

やりたいことは、山ほどある。

今年は、野望を持って生きよう。

| | コメント (1)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »