« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

少女時代

まずはじめに。

誤字、誤記が多くてスミマセンm(__)m

>>>Toshiさん
twinカポで使っていたのはシャブではなく二つともカイザーです。
しかもニコ動やYoutubeの演奏で使っている一つは、G7thの12弦用のカポでした。
お褒めを頂戴いたしまして、本人舞い上がっております。
が、記事がとっちらかってまして、申し訳ありません。
おわび申し上げます。

>>>くわちゃさん、中村さん
Y.Yairi ?? こんなメーカーはありません。
K.Yairiの間違いです。
スミマセンm(__)m
楽器屋は通っていた高校の近所に一軒あるだけ。
何せ田舎なもんで、当時はK.Yairiの方が手に入りやすかったんです。

というわけで。
>>>すずか、ふうか
お~受験がんばれよ~!
受験ってのはさ、自分の人生を自力で変えることができる絶好のチャンスなんだよ。
親がくれた中学までの切符は、ここで終わり~
今度は自分で行き先決めて、自分で切符を買って行こう。
今までより持ってる荷物は、多くなるし、道も険しくなるけどそれ以上に楽しい何かが待ってるはずだぜぃ。



でもって、我が家にやってた左利き用エレキベース。

20090829a

左の赤いのは、例のあの息子の愛器。
右のが娘の愛器になりました。

ブログでも書かせて頂きましたがうちの娘がサウスポーなんです。
このへんこのへんをご覧ください。

このところ私のベースギターばかり弾いてましてね。
深夜アニメの影響でしょうか?
しかし当の本人は左利き。
私のノーマル右用をそのまま弾いてました。
そのままポールマッカトニーみたいになっちゃえば、親は楽できるんですがね?
器用といえば器用なんですが、どうやらスラップができないらしい。
家内から左利き用のベースを作れって指令が出たんですが、私もそこまで器用じゃないし。
ましてや買ってやっても飽きるかもしれんしね?

いいタイミングで実家に帰ったんですよ。
じーちゃん&ばーちゃんからもらった小遣いで買っちゃいました。

いやぁでもこれ1万4千円って安いですよね。
中国製ですが、よくできてます。
楽天で見つけて、買った店は愛曲楽器。
でもって製造元は荒井貿易。
偶然とはいえどちらも名古屋ですよ、中村さん。
やっぱりギターは名古屋ですね。

ちなみにこれが私のオンボロベース。

20090829b

左のは、学生時代に作ったもの。
といっても部室で壊れてたやつをかき集めて組み立てたリサイクル。
プレベのボディを掘ってジャズベのリアピックアップを増設。
配線は直出し。
どうせボリュームもトーンも全開で使うんだから無し。
そのかわりに、各ピックアップのスイッチをつけたというだけのシロモノ。
黄色に塗ったのは、当時来日したキングクリムゾンのトニーレビンが弾いてた黄色のべースがやたらかっこよかったんで、あやかりました。
でもってこれ、こうみえてもフレットレスなんです。
フレット無いと困るんで、他にシェクターの裏から流してもらったネックがあったんですけど、引越し騒ぎで無くなっちゃった。
しょうがなくて右の白いの買ったんです。
例に漏れず、、ヤフオクで3千円。


これで確実にライバルが増えたわけです。
リビングルームの争奪戦もいっそう厳しくなることが確実。
竹ギター VS 電気ギター二人
与党 VS 野党
政権争いはいかに?

若いものにはまだ負けんぞ!


しかし、、、、
他人の借り物も含めて、我が家にはいったい何本あるんだろう?

| | コメント (1)

少年時代

♪夏が過ぎ~ 風あざみ~
♪だれの憧れに さまよう~
♪青空に~残された~
♪私の心は夏もよう~

と、歌っているうちに夏も終わるのだろうかね?
世間では新型インフルエンザでガタガタしているが?

先週末から4日ばかり実家に帰っていました。

私の故郷といえば群馬県の山の中。
三国連邦~谷川岳の麓の温泉場です。
三ヶ町村が合併して「水上町」が「みなかみ町」になりました。
町長は親父の同級生だし。
先日役場の地域振興課に勤める弟が千葉市の「親子三代夏祭り」にやって来ましてね。

20080828f

やはり故郷ってのは、自分のルーツなんだね。
きっと何も見えないところでつながってるんだと思う。
そこから自分の人生が始まってるから、もーどうしょもない。
ちゃんと自分の過去を振り返って、そこに何かあったか?
時々自らの歴史は考察しなきゃならない。

1日遅れで来た息子は、谷川岳に登るつもりでいたんですが、誘った友人が来られなくなってしまったので、今回は断念。
とりあえず、一ノ倉沢まで連れてってみました。

20090828a

悪天候じゃ~
何で雨降ってんのさ?
下は、晴れてて暑くていい天気なのに。
寒いったらありゃしない。
標高900mは別世界ね。
でも昔に比べりゃ雪渓は少ない感じ。

で、その下のマチガ沢。

20090828b

マチガ沢を望むじーちゃんと息子の図。
一ノ倉沢と尾根一つだぜ?
たったこれだけで雨降ってないんだよね。
これが山のすごさですね。
大自然を感じます。

で、ロープウェイ乗り場から天神平を望む。

20090828c

絶景ですね。
これで一気に約573m登っちゃう。
晴れてりゃ上の天神峠から富士山が見えるんですよね。
(見たことある方いますか???もちろん私はあります)
興味のある方は、谷川岳ロープウェイまでどうぞ。

実家から往復1時間半ちょっとのプチドライブ。
よく考えりゃこんなところに生まれ育ったというのも、ある意味貴重な人生かもしれませんね。

実家の土蔵に弟のギターがありました。

20090828e

1980年製 Y.YAIRI YW500P

私につられて買ったのですが、弾けずじまい。
これが本当のお蔵入り。

弟は私と正反対で、イケメンのスポーツマン。
やはり天はニブツを与えませんね。

帰省するたびに出して弾きます。
やっぱりギターは弾かないといけませんね、、、
と書きたいところですが、年に一度くらいしか弾かないのに、い~い感じで鳴んです。
ずーーーと実家の土蔵に置いてあるので、腐らないし狂わない。
湿気てないし乾いてない。
土蔵ってすごいぞ!!!

ちなみにうちの土蔵ってのはこんな感じ。

私も土蔵の中で暮らしたら、い~い感じの人間にならんかな?













| | コメント (3)

SUZUKI VIOLIN CO.,LTD. THREE-S TG-035T

動画をうpしっぱなし、、、、というだらしなさ、、m(__)m

wavとmovを編集してflvにまとめたまではよかったが、うp後に頭痛に見舞われたわけで。。。

変な頭痛。
後頭部から目の裏にかけての鈍痛で目が開けてられない。
頭の芯から痛い。
何とか月曜には仕事に行くが、火曜に撃沈。
水、木と仕事場で頭痛と格闘するが耐え切れず金曜日に病院へ。
血液検査、心電図、胸部レントゲン、頭部CT。
循環器系には異常無しとのこと。
ラッキィー!
とりあえず鎮痛剤をもらう。
明日メンタルの主治医と相談して脳神経外科へGO!

と、今日は、痛みも無く結構元気なのでキーを打つか。

前回の動画は、またまた娘からのリクエスト。
既にコメントをいただいているが(感謝!)子キャンでのスタッフの出し物で歌ったんです。
というか、現場での歌指導はうちの娘だったので、伏線はあったわけですが。
子キャンではSKSの長老KさんのYAMAHAの6弦だったので、今回は12弦ギターで。

以前ちょっとだけブログに書いた、数少ない?自分のギター

あらためて、、こんな感じです。

20090816a



高校3年生の時にあり金はたいて買いました。
なんでって?
私に12弦ギターを買わせたのは、EaglesのHotel Californiaです。
1976年、おそらく世界中知らない人はいないでしょう。
もう名曲中の名曲ですね。
春、新入生歓迎会。
バンドで先輩のギターを借りて演奏した時に校長に褒められ、その気になって買いました。
このギターのおかげで、あちこち演奏する機会が増えたし。
彼女も二人できたし???
実に思い出深いギターです。

ヘッドはこんな感じのスロッテッドヘッド。
ペグはボロボロになったので最近換えました。
6連のペグを探すの苦労しますね。

20090816b



で、今回はtwinカポです。

20090816c


2カポ&4カポ。
2カポはそのまま。
4カポはshabを逆さまに使います。
3,4,5弦だけカポしましょう。
開放は2カポのDADGADと同じですが、1,2,6弦は2フレット分の音が残るのでかなり幻想的な響きになります。

近くに寄るとこんな感じです。

20090816d



このままをDで弾くと、4カポのDと同じなのでkeyはF#になります。
(娘は声が低いので、、言うと怒る、、、)

ほとんどノーマルのコードフォームでいけますが、1,2,6弦の開放を多用したり、2マイナー5のコード進行や曲半ばの転調の時に意表を突いて開放弦を使ったりすると、それなりに面白い響きがでますので、各自工夫してみてください。


翼をくださいっていい曲ですよね。


大好きです。






P.S. 5stへ
これでOKかな?

Check

| | コメント (2)

翼をください3

Check

| | コメント (2)

おわった

ご声援ありがとうございました。

この次その次も応援します。

千葉県立八千代東高等学校

どうもありがとう!

暑い中ご苦労様でした。

| | コメント (1)

はじまった

第91回全国高校野球選手権大会

初出場おめでとう!

千葉県立八千代東高等学校

近所の高校です。知り合いもいます。
今年の夏の甲子園は、やたら身近に感じますね。
がんばってください。

真紅の大優勝旗をとってこい!




| | コメント (2)

小川町界隈4

タイトルを統一することにした。

子キャンの余韻も消えぬまま、いそいそと出かけた。

七夕に買ったHongoh Guitar SIZE 13e (2005)
を引き取りに。
呑気なもんだ、金を払ったまま一ヶ月も放って置いたわけだ。

その前に気になる一本が別な店に出てきたのですっ飛んでゆく。

備忘録。
昨日弾いたギター。

Uchida Guitar U Type Brazilian Rosewood (1994)
\680,000 (税込\714,000)→\598,000 (税込\627,900)

Uchida Guitar style M ローズ (1995)
\588,000.(税込\617,400.)

Martin OO-21 GOLDEN ERA (1998)
\340,000.(税込\357,000.)

Fabrizio Alberico OM ココボロ (2003)
決算セール対象商品 \550,000 → \398,000.(税込\417,900.)

Mike Baranik SJ cutaway (2000)
\380,000.(税込\399,000.)

Mike Baranik CX ハカランダ (2008)
決算セール対象商品 \980,000 → \898,000.(税込\942,900.)

蒸し暑い晩だった。
こんな日が続くと高級ギターを所有している方は、気を使うんだろうな。

で店は違えど、2本のUchida Guitarを比べてみる。
Uchida Guitar U Type Brazilian Rosewood (1994)
\680,000 (税込\714,000)→\598,000 (税込\627,900)
Brazilian Rosewoodでこの値段というのは破格だ。
しかも内田さんの作品ということで、希少価値は高い。
おなじみの達磨さんのような「U」タイプ。
以前も書いたが、今まで弾いたどれとも違う。
抱いて弾いている視線の先は、まさしくローデンの眺めだが、その周りの空気をゆらせている音は全く違う。
何とも独特の響きだ。
水墨画を見ているような気分になる。
惜しいかな5~6弦のハイフレットの音が詰まる。
弦がヘタっているせいもあるのか?
1994年のわりには綺麗だ。
あまり弾いていないように思える。
これから鍛えれば化けるギターだ。

Uchida Guitar style M ローズ (1995)
\588,000.(税込\617,400.)
は、以前弾いているが今回はビビっていた1弦の1~2フレットをその場で店長が修理してくれた。
最近やたら待遇がいいな、、、、
やっぱり状態が整うと格段に違う。
50本目、style M、バインディングにヘリンボーン、ハイグロス仕上げ、スロッテッドヘッド、指板に鳥のインレイとUchida Guitarではこの上なく珍しい仕上げだ。
加えて音も個性的そのもの。
音量は少ないものの、その音は濁りが無く透明で、そこはかとなく残る余韻がたまらなく良い。

この2本に共通しているのは、Uchida Guitar独特のバランスがあるということだ。
欧でも米でも無い「和」のバランスがある。
日本人はすでに麻痺してしまい、その良さを忘れ去っている。
だから海外では評価が高いんだ。
ローデンを支えてきた理由はここにあるんだろうな。

Martin OO-21 GOLDEN ERA (1998)
\340,000.(税込\357,000.)
何を考えてるか良くわからなかったが、どうやらGOLDEN ERAに目がくらんだらしい。
オーナーはすでにMartin OO-21を所有している
それとチェンジしたいというもくろみだ。
弾き比べてみたら、今もってる方が全然音が良い。
Martinの命ともいえる「あのシャリ感」が無い。
よく見るとこれもやたら綺麗だ。
弾かずに飾っておいて、邪魔になったから売ったか?
これパス。

Fabrizio Alberico OM ココボロ (2003)
決算セール対象商品 \550,000 → \398,000.(税込\417,900.)
値段が下がったので触手が伸びたとさ。
ここまで安くなれば買いたくもなる。
これを弾くのは3度目。 →1回目 →2回目
もう一度書くが、これは大人の音だ。
この魅力は、その辺の小僧にはわかるまい。
わかる人だったら、誰が聞いても及第点がつく。
いつも5科目全て80点以上取れる国公立合格100%の受験生といったところだ。
どちらかといえば暗めの音だけどこれはオーナーの好みにぴったり合う。
作りも丁寧で抱き心地もいい。
買いか?

次も弾き比べ。
Mike Baranik SJ cutaway (2000)
\380,000.(税込\399,000.)
これも以前弾いた
良い。非常に良い。
でも上には上があるもんだ。

Mike Baranik CX ハカランダ (2008)
決算セール対象商品 \980,000 → \898,000.(税込\942,900.)
調弦している音を聞いただけで歓喜してしまった。
レスポンスのよさ、音の太さ、伸び、パワー、バランス、残響全て良い。
あらゆる面に質の高さを感じる。
気品のある音だ。
拝んでしまいたくなる。
og3には似合わねーな、、、、、

店を出て、帰りに銀行で残高を調べてるぞ、、、、おいおい。
回転寿司で作戦会議。


つづく、、、、、

Check

| | コメント (1)

風呂あがりに冷えたビール

家に帰って、文化&文明に感謝している。
「お~!便座!」
トイレで娘がさけんでる。
「髪3回洗ったけど臭い取れない~」
といいながら風呂から出てきた。
本当だ、かまどの臭いがする。
くっさ、、、、


予想したほど小学生男子には手こずらなかった。
文明社会から離れて、自然の中に放り出されりゃそれなりに対等な関係になれる。
男同士だからねぇ。
その昔og3は、サッカーや野球のコーチ(どちらも名ばかり)をやってた。
それと同じなんだね。
ちゃんとやればガッツりほめる。
危ないことすれば、グサっと怒る。
子どもの身を守る術なんだね。
でもね、それ以前に今回初参加の少年諸君は非常にまじめであったのだ。

☆☆
それにひきかえ、意外と小学生女子のほうが気を使うぞ。
娘は中2。
それ以上の女子は全然OKなのにな?
なんでだ?
昔はどうだったっけ?って思い出せない。
結構、子どもってベタベタやって来るから、こちらもベタベタやってたんだけど、ベタベタ来ないと、こちらからベタベタしに行くわけにはいかないわけだ。
コミュニケーションの手段に困る。
母親にあって父親に無い部分が露呈する。
下手すると「変なog3」になりかねない。
深く考えない方が良さそうだ。

★★★
天候に負けた。
自然の猛威の前には、人間の小ささを感じる。
大雨、洪水注意報。
TSさんから相談を受ける。
いの一番に、山登りの中止を口にした。
せっかく来たのに、、、、、という意見が出る前に言わなければならない。
非難や反論は関係ない。
中止をする決断を出す前に、悪者になってでも安全は守りたいと思った。
管理人さんが用意してくれた20畳のバンガローに集合。
雨プロは、良かった。
バーチャル山登り。
実長、れんじゃ→の心意気を感じた。
これがスタッフになった醍醐味といえる瞬間だ。
成長した証に立ち会える。
おらおらぁ、れんじゃ→諸君。
来年もガンバレよぉ!!!

☆☆☆☆
相変わらず夜更かし。
2日目。
寝たの3時。
家庭から離れ、両親の目のとどかないところに来るとそれが解き放たれる時間なのだ。
本人たちは、全く気がついていないんだけどね。
いつまでも遊んでいたいという本能が現れる。
学校や部活、塾や習い事で縛られ、子ども本来の「遊ぶ」という自由な時間が少なくなっている。
「遊び難民」じゃねぇのか?
深夜、10~49歳が集い、遊び、語る。
しかも野外でね。
これを近所の駅前でやってたら、間違いなく私は警察に連行されるだろうな。
だからキャンプは楽しい。


★★★★★
注意報の後の川は増水する。
5回目にして、初めて溺れた子どもを助けるということをやった。
例年、川で溺れる子どもはいるけど、その度に青年(屈強な若者)が救っていた。
それは、まるで鰹の一本釣りのごとくたくましい様だ。
ある意味、芸術的だ。
かくいうog3も特に泳げないわけではなく、日本赤十字社の救急員の資格を持っていたのだが、良く考えれば今までその現場に立ち会ったことが無い。
救うはずが、一緒に溺れて、パニクった。
頭でおぼえてても、実践が無く、我が身は老いていて思うように働かない。
毎年夏休みに、山や海や川での二重遭難の記事は目にする。
あ~これなんだなぁ~と実感した。
助けられた子どもには悪いことをしたなぁ、と反省。
同じ日に同じ川で悲惨な事故があった。
二人目、三人目になっていたかもしれない。
ぞっとした。



「og3また来年もね~~~」
と別れ際に少年諸氏から言われても、今のところその意思は無い。
毎年、子どもは川の流れのように、成長してゆく。
が、スタッフは、老いるばかり。
子キャン25回目のすいかや、13回目のTSさんのような立場で接している方々とは、また違った切り口で子どもを見つめなければならない。
「切り口」というのは、新しい方が良い。
木であれば、古い切り口は、いずれ幹に淘汰される。
切り口は新鮮な方が刺激がある。
そこには新しい「子キャン」の姿があるはずだ。
子キャンが嫌いなわけじゃない。
寝食ともにしたスタッフさんが嫌いなわけじゃない。
SKSが嫌いなわけじゃない。
好きだから身を引く。

矛盾かも知れないが、子を持つ一人の親としてそう感じた夏でした。





















| | コメント (2)

到着

到着
みんなありがとう。

楽しかったよ。

| | コメント (1)

幕張SA出発

幕張SA出発
お迎え隊の皆さん、もうすぐです。

| | コメント (0)

あっガンダムだ!

あっガンダムだ!
あそこだー

と教えてるうちに・・

| | コメント (1)

あっ東京タワーだ!

あっ東京タワーだ!

| | コメント (0)

写真

写真
今回は、これで最後とばかりに一眼レフを持って行った。

残り43枚ということは、550枚撮ったらしい。

コンパクトカメラと違ってサクサク撮れるから子どもたちのいい顔は逃がさない。

だから、知らないうちにこんなに撮ったらしい。

帰ってから見るのが大変だぞ。

面倒だから広報の方に全部渡します。

あ、でもCDに焼いたら5枚になるな。

| | コメント (0)

シャバの味

シャバの味
となりでじゃがいもがラーメンとチャーハンを食ってる。

若いって素晴らしい。

| | コメント (2)

休憩

休憩
石川SAでお昼ごはん。

| | コメント (0)

スゲー

私と同じauなのにリアルタイムで更新されています。

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/218533/187038

素晴らしい

バイタリティー溢れるすいかのブログをご覧ください。

| | コメント (0)

中央道へ

中央道へ
あいにくの天候で山登りができなくて残念でした。

でも中止を決断する勇気も必要です。

やはり安全第一。

そこで違う思い出を作ったれんじゃ→。

そんな困難を越える山登りだったのかも?

誉めてあげてください。

で、バスの中は、コナン。

| | コメント (0)

帰ります〜

帰ります〜
すみませんm(_ _)m

やは圏外でした

たくさんコメントをいただき、ありがとうございます。

すずかに途中経過を書いてもらいました。

でもって、既に帰路。

バスはビンゴ大会です。

続く

| | コメント (0)


超渋滞回避ルート?

5号線から大宮で一般道路へ降りて、さいたま市、上尾市を抜けて圏央道から中央道へ。
運転手さんに感謝瑫

さすが歧なのはな交通
ぼちぼち着きます。

| | コメント (5)

お昼ごはん

お昼ごはん
相模湖

| | コメント (0)

どこだー?

どこだー?
狭山SA

| | コメント (0)

リスクマネジメント

リスクマネジメント
危機管理ですね。
実長の力作が見えますか?

| | コメント (0)

行ってきます

行ってきます

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »