« Tokyoハンドクラフトギターフェス2010~その1 | トップページ | Tokyoハンドクラフトギターフェス2010~その3 »

Tokyoハンドクラフトギターフェス2010~その2

初っ端からディープに考えをめぐらせてしまった。

よく見れば去年手に負えなかったギターにも会えた。

色が変わっている。
随分と赤く深みが増している。
これが柿渋塗りの美しさなんだろう。

20100515e

さて!
ここで会ったが一年目、やあやあ敵討ちとばかりに褌を締めなおして弾くが。。。。
アニハカランヤ、、弾けるのだ。
og3が弾いてもいい鳴り。
肩透かしをくらった。
中村さんもあれからろくに弾いてないという。
?????
音が形に馴染んだのかな?
もともと竹は繊維が揃っていて一方向に向いている。
弾力性があるから、切ったり張ったり曲げたりすれば元に戻ろうとする。
これは時間が音を育てたんだろうなぁ。
どうやら嫁入り先は決まっているらしい。
これは、いい嫁になりそうだ。

今年は師匠の山本さんの新作にも会えた。
これは収穫だ。

20100515f

え?
中村さんのじゃないの?
と間違っちゃう。
でもこれは山本さんの。
雰囲気が違う。
ボディラインが悩ましい。
なで肩、柳腰といったところかな?
このまま浴衣を着せたら似合うギターだ。
中村さんのと同じく、左肩にサウンドホールがある。
これは弾く側にとって、ものすごく良い。
耳(顔かな?)に近いとこから音が出て来るので、左手の押弦の時の僅かな音や演奏中に振動している弦へのタッチの音などがつぶさにわかるのだ。
つまり自分の「下手さ」が実感できてしまう良さがある。
逆に上手にできた時の音も快感だ。
さらに聞き手には弾き手とは異なるギター全体の音が伝わってゆく。

山本さんのギターは、くりぬきなのでどちらかといえば空間を振動させる音。
くりぬかれたサイドバックからトップへと抜けてゆく音は他のギターとは比べ物にならない。

それは卓越した技術が織り成す美しさだけではないのだ。
見ろ!これ!

20100515g

この薄いボディからは信じられないくらい、ふくよかな音がする。
いつもの通り内部には紋が掘ってある。
空気の粒が不規則に反射して複雑な倍音を作り、空間を支配し音を作る。
空間ではなく、空感かも知れない。
言葉で説明するのは難しい。
とにかく弾いて欲しいと思う。

山本さんは、今年が最後の出展だと言っていた。

私と中村さんと山本さんは、それぞれ一回りづつ違う「ねずみ年」
つまり山本さんは、私の親父と同い年なのだ。

最後なんて、そんな、、、、惜しいと思うが、やはり思うところは「私の父」と一緒だ。

いつまでもお元気でいて欲しい。



つづく~~~~~
Check

|

« Tokyoハンドクラフトギターフェス2010~その1 | トップページ | Tokyoハンドクラフトギターフェス2010~その3 »

コメント

お疲れ様でした

お手伝いいただきありがとうございました

8月のライブ楽しみにしています

投稿: クレオバンブー中村 | 2010年5月18日 (火) 午前 09時23分

お疲れ様でした

お手伝いいただき

8月のライブ楽しみにしています

投稿: クレオバンブー中村 | 2010年5月18日 (火) 午前 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Tokyoハンドクラフトギターフェス2010~その1 | トップページ | Tokyoハンドクラフトギターフェス2010~その3 »