« Tokyoハンドクラフトギターフェス2010~その3 | トップページ | 定着 »

Tokyoハンドクラフトギターフェス2010~その4

出展者の数は多く、とても全部のギターは弾けないね。
一日みっちりいたわけだが限られた時間で、興味をそそるギターをじっくり弾いて回るというのは、難しいな。

そこで試奏している人は、皆同じ弾き方じゃない。
自分のスタイルが一番良いと思って弾いている。
それは自慢でもあるし試奏という形を借りたアピールでもある。
出展されたギターを弾き、そのギターを自分で評価をしながら、まわりでそれを聞いている人から弾いている自分を評価してもらいたい欲望は否めない。

なので試奏する時は頂いた「出展者」のPASSを服の中にしまい込んで弾いていた。
「出展者」だとなんとなく構えらてしまう緊張感がイヤなのだ。
ただのギター好きの素人親父を装って、試奏をお願いする。
(が、一日中いたのでバレバレだったようだ)

なんて考えながら会場を歩く。
お~これは?
昨年もあったけど弾いてないよね。

20100519d

Voyager Guitarです。
奇抜なヘッドですが、音は奇抜ではありません。
先入観を抱いて弾くと大間違いです。
非常に優等生な音がします。
このヘッドに先入観を持ってはいけないのですね。
目で判断してはいけません。
でも、出音も奇抜なほうが良いときもあると思います。

意外と自分の中で穴だったのが横山さんのギターだ。
独立してからは、毎年出展している。
ずーっとお目にかかっているのに弾いたことが無いというのは、どーゆーわけだ?
私にとって人生最初のスチール弦のギターは、モーリスだというのに。
とまぁ書いてみたが、私のモーリスW-20を作ったのは寺田楽器だけど。
で、横山さんのギターを弾いてみる。

20100519a

お!!
どう弾いても良いわ、これ。
オールラウンドの弾ける。
何を弾いてもそれなりに鳴る感じ。
ある意味、ニッポンジンノギターですね。
究極のモーリスギターの直線状に君臨している。
十代後半に目指していた音を現実に聴いた気がする。
でも、この先に何があるか考えるとそれは不明かもしれない。
色々考えを巡らせていると、、、、、、、、、

横山さん自ら持ってきたギターがこれ。
後にも先にも作家自ら持ってきてくれたのは、中村さんに次いで二人目だ。

20100519b

困った。
初音はパッとしない感じなんだが、弾き込めば大化けするギターだと思った。
横山さんに試験をされているような気分だ。
新しい何かを感じる。
これから何をしたいか?どんな方向でギターを作ってゆくか?を考えさせるようなギターだよ。
木肌が気持ちよい極薄のシュラック塗装にうっとり。
こんなハイグロスは見たこと無いので聞いてみたら、やっぱりシュラック。
金のある素人を相手に作ったんじゃ無いね、これは。

ギターの楽しみかたってのは、それを所有する喜びと、自らが弾いて楽しむ喜びと、それを人に聴かせる喜びがあると思う。

それを全て叶えるのはとても難しい。
私は私の「スタイル」や「弾きクセ」や「自分の人生」や「もっている哲学」やいままでの「経験」で竹ギターを弾いている。

しかし、そこに結論は求められない。


いや~~~深いね、ギターって。


深いわ。




追記
ちょきんぎょさん、軍曹さん、gawasimanさん、中村さん、コメントをありがとうございました。
皆様はそれぞれに別々の活動をされている方たちですが、同じ楽器の基に理解をいただけることは、私のとっては夢のようなことです。
おそらく私は死ぬまで、ギターを携えていると思います。
ありがとうございます。


私もまだまだこれからですね。


This is it
Check

|

« Tokyoハンドクラフトギターフェス2010~その3 | トップページ | 定着 »

コメント

og3さん、こんにちは。
ギターって、本当に深いんですね。ため息がでます。
私には、どんな弾き方をしたら鳴るか、とか、機微な音の違いとか、とてもわかりません。
でも、いつか、そんな楽しみ方も出来るように、、、もっと気軽に弾けるようになりたいなあ、
と思っています。
Toshi

投稿: Toshi | 2010年5月22日 (土) 午前 10時48分

Og3お元気ですか。最近はOg3のブログも「ギター」一色で音楽とは縁が遠い私には難しい世界です。
でも、今回のOg3のこのブログのギターの写真を見ていると、ギターって色々な顔があるんですね。
今までは楽器店に並んでいるギターを見ても、大きいとか小さいとか、色が明るいとか暗いとか程度でしたが。何だか色々な人種を見ているようですね。

投稿: ふみちゃん | 2010年5月27日 (木) 午後 04時20分

コメントありがとうございます。

Toshiさん>>
何故かこの数年、たくさんのギターにめぐり会えるようになってしまったので、感じたことを徒然に書いているだけです。
私は、プロでも評論家でもないタダの物好き。
1本弾いても100本弾いても、自分のスタイルって変わりませんね。
いやはや残念です。

ふみちゃん>>
どうもです。
どうやら私の行き着くところは、ここしかなかったようです。
と言うか「これしかできない」が正しいかもしれませんね。
例のmasyからbeerお誘いがありました。
たまには、どうです?

投稿: og3 | 2010年5月27日 (木) 午後 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Tokyoハンドクラフトギターフェス2010~その3 | トップページ | 定着 »