« いやぁ、びっくり | トップページ | 渋谷界隈2(その1) »

渋谷界隈

7月7日に電話があったが、仕事が忙しくて断ってしまった。
そういえば昨年の七夕もオヤジ二人でギター巡礼をしていたなぁ。

あれだけ持っていると、縄張りも広くなってきて今度は渋谷に行こうと誘われた。
エビス45が閉店した跡にドルフィンギターがやってきたからだね。
私は一昨年に出張がてら江坂でお世話になっている。
それ、行こう行こう。

駅のホームで電話が鳴った。
先ずは渋谷のハートマン行けという、、、おいおい、、、

去年のハンドクラフトギターフェスの後に、かのKEVIN RYAN を初めて弾いたとこだ。
で今日は何なの?

小林大作 Guitar 色気 Cutaway (2009年)\315,000.(税込)
今年のハンドクラフトギターフェスで弾かせていただいた。
これは去年の出展作品ね。
色気というよりイケる音だわ~
弾いている感じが良い。
結構深い音がするぞ。
やはりSitka Spruce & Indian Rosewoodという組み合わせだからかな。
オーナー好みだね。
どちらかと言えば今年のシダーのほうが私好みだったりして。

STEVENS 000-BW (2009年) \298,000.(税込)
もうこれはオーナーの好み以外何者でもないな。
最近見ただけでそんな感じを掴んでるらしいが本当だろうか?
見た目より大きいのはデザインの妙。
甘くふくよかなだけど決してブーミーではない響きだ。
タッチがうまく聞こえる分、出音がつかみ易い。
そういえばオーナーは、あちこちでSTEVENSを弾かせるわりに持ってないぞ?

え?次行くの?

電車に乗って恵比寿に、、、、

Collings C-10 G Deluxe (2008年) \330,750.(税込)
うぉ~なんじゃこれ、、
前に弾いたCollingsと全然違うし、、、
眠くなるほど甘い音がする。
いや?これは私が指で弾いてるからだろうか?
ピックだったらちょうど良いと思うが、私の勘違いだろうか?
オーナーは、これに惚れたらしい。

Joe Striebel The Size2(2006年) \399,000.(税込)
実は、これの新品を一度弾いている。
この音で、、高いな~と思っていたのだが、誰かが4年も弾くと良い音になってしまったというギターがこれじゃないかな。
独特の箱鳴りがたまらなく良い。
ピッキングの位置でこんなに音が違うギターというのも珍しい。
好みが分かれるギターだね。
ハカランダで40万切ってりゃ何も言うことは無いし。
私はこういう個性的なのは好きなほうだか、オーナーは「いらん」そうだ。
というかオーナーじゃこの音を扱うのは難しいだろ。
うむ、そう思うのが正しい。

STEVENS 0-Maho 12f (Quilted Mahogany)(2008年) \315,000.(税込)
あれ~?
これ大阪から持ってきたんでしょ?って聞いたらやっぱりそうだった。
一度弾いてるよ。
出張疲れでブログにあげていなかったのが残念だけど、耳は覚えていてくれた。
あの時STEVENSのOM-Pも弾いたっけな。
しかしオーナーは、本当にSTEVENS好きだね。
ちょっとくすんだ感じのしっとりした音だ。
そこはかとなくワビ、サビがある。
これも私が弾くと眠くなってしまう。
良い意味で快感があるなぁ。

Jeff Traugott Model R Cutaway(1994年) \980,000.(税込)
一応向学のために、弾くが、、、
すごいわ、これ。
今日のテーマじゃないんだがな。
KEVIN RYAN 、Mike Baranikときて次はこれかいな?
他と比べてずいぶんと柔らかい音だけど太い芯がある。
しかし音に主張があると言うんじゃなくて、ぐぐっと染み入ってくる感じが実に良い。
どれとも違う。
46mmのネックだが絶妙なシェイプで実に弾きやすい。
いやー参ったね。

MICHAEL BASHKIN Belleza Cutaway (2008年)\1,050,000.(税込)
これも向学のためとはいえ、美味しい想いだ。
Blue-Gで同じMICHAEL BASHKINのファン・フレットを弾いたことがある。
同じ46mmでも極太なネック。
だけどやたら弾きやすい。
私が鈍感なせいか、普通のと全く違和感が無いんだわ。
不自然な手首のかえりが無いから、運指も楽だし。
親指での押し弦が容易にできてしまう。
それにしても頑丈な造りだ。
頑丈すぎて響かない感もあるが、これは弾き続けてりゃ何とかなるものなんだろうか?

で?どーするの?

大阪からBERT KWAKKEL Oval Custom Steel Strings (Jacaranda)を取り寄せるって?
おいおい、、、

また来週の月曜日に行ってきます。


 

|

« いやぁ、びっくり | トップページ | 渋谷界隈2(その1) »

コメント

なんと、ドルフィンギター、東に進出なのですね
大阪のドルフィンは隣町なのでたまに行きます
しょっちゅう行くと色々欲が出るのでたまにですけど (^^;

投稿: ひげまる | 2010年7月10日 (土) 午後 07時03分

ネックの太さは意味があります

弾きやすさは解ったでしょう

頑丈さは見てみないと解りませんが倍音のためでしょう弾きこなすには大変ですが
池田さんで解ったんですが本との奥義までいった人はすぐ弾きだす音が出る

日本の作家は売れるものしか考えない所があって
クラシックも音とは音楽とはその辺の考察哲学が浅いだから大きな音がするとかきれいな音とか
フィンガーピックとかブルースとかストロークとかそんな所ばかり見ているから核心がわかっていないでもそのほうが売れる
なんせ解る人のほうが圧倒的に少ない

800万するロマニリョスを私の竹ギターと弾き比べろと言う無謀な人がいた

池田さんが全く同じ物を弾きますといって弾いた

確かにロマニリョスは良い
竹ギターもその音に良く似てる
しかし池田さんにスイッチが入るとロマニリョス値を上げる
竹ギターはそこからが凄い別世界に行く
それとロマニリョスネックが細くてやわい
弦に負ける感じがする
でも800万
800万を買うのだろうと思ったギターの満足ではなく

池田さんは世界中のギター数え切れないほど見たがみんなこうなんです

ホントに竹ギターは凄い
バンブーギターというのは理性と知性はいらない。マインドの問題で人と共鳴する音の方舟

と言ってます


投稿: クレオバンブー中村 | 2010年7月12日 (月) 午後 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いやぁ、びっくり | トップページ | 渋谷界隈2(その1) »