« SUZUKAWA GUITARS OM-03 CUTAWAY | トップページ | 闇 »

竹ギター日記14

竹ギター日記を書くのは、じつに2年ぶりです。

20101123a

これは11月10日に我が家から見えた夕焼け。
全然関係なくてすみません。

1代目竹造君が我が家に来てもう4年経ちました。
前々回ブログに書いた2代目竹千代君との弾き比べを書きたいなぁ。。。。
と思っていたら、なんとココログのファイル制限で音源ファイルがアップできなくなっていました。
今日最大1Mbってのは、どういうわけさ?(゚Д゚)ハァ?
というわけでSeeSaaを借りてファイルを置き、リンクで引っ張ってくることにしました。
なので「og3の竹ギター」に行っても何もございません
m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

2台並べてご覧ください。
製作者が同じなのに、これだけ違うギターも珍しいです。
右にいるのは、我が家の住人の竹造君。
で、左に座っているのが研修中の竹千代君です。
もともと竹千代君は、AKIさんのオーダーで作られたもの。
納品の際に竹千代君と中村さんご自身のギターの2台を持って行かれたそうです。
弾き比べたAKIさんは、中村さんのギターをお選びになり「日本海」と名づけられました。
残った竹千代君は、中村さんのライブで活躍していましたが、やはりギター製作に忙しいのでそれほど使われていなかったとのことです。

20101115

もちろん両方とも竹製ですが、竹造君のネックはマホガニーで竹千代君はメイプルです。
竹造君は、ずいぶん弾きこんだうえ素手で磨いていたので色も変わってます。
光の具合で正面からだと良くわかりませんが、裏返すとこんな感じ。

20101123b

明らかに違いますよね。
素手で磨く理由は、私のブログをググッて見てください。

やはり大きな違いはヘッドの有る無し。
でも、それだけじゃありません。
竹千代君のヘッドにはコブがあるんです。

20101123c

「音の締まり感や音の透明度を増す効果がある。バイオリンのヘッドの渦巻きも同じ意味があるのだろう」と中村さんの製作日記に書いてあります。
詳しくは、「竹ギター製作日記にようこそ」をご覧ください。
2006年あたりにあります。

でもこれだけじゃないのが竹ギターの面白さ。
トップの厚さがこれだけ違う。
同じアングルで見てください

竹千代君

20101123d

竹造君

20101123e


竹千代君は、並みのギターよりちょっと厚い感じかな?
竹造君にいたっては、ホイホイと鳴る厚さじゃありません。

ただ単にトップ全体が厚いわけじゃなくて、その厚みは部分部分で全て異なっています。
飴玉のような小さなカンナで削っては叩き削っては叩き(ヒッティングね)しながらて音を確かめて作っています。
実際、工房でビフォー&アフターを目の当たりにすると驚愕です。
竹という木材がガラスのような響きになってゆくのがわかります。
それが当たり前だといわれればその通りですが、スプルースやシダーといった材とは違い、前例が何もない「竹」でやっているので驚かざるを得ません。
ここまでの道のりは、試行錯誤の連続だったと思います。

さぁ音を聴き比べてくれ、、、、と言う前に。

弾いている本人は、それをあまり感じていません。
前の記事のコメントにも書かせていただきましたが、録音して初めてわかったことが多いんです。
今までは、娘の伴奏が多くダイレクトにマイクを立てると竹ギターの個性が強過ぎて調和が取れず、マイクの位置はボトム側に逃がしていました。
アクティブに録るとその差が出てきます。
またマイクは「点」であるのに対し、生音は3Dで聴こえます。
本来ならば我が家に来て「生」で聴いてほしいと思います。

曲は、数年前に作った「らせん」という曲です。
YouTubeでもニコ動でもあまり聴いていただけなかったんですが、、、、、
はなから竹ギターで弾けばよかったのかも知れませんね。

ではどうぞ。
まずは、竹千代君で。
Rasen_t2.mp3

次は竹造君です。
Rasen_t1.mp3

いかがでしょう?
録音環境は全く同じです。
マイク位置もレベルも同じ。
wavは、無加工のままノーマライズしただけです。
ちょっとお洒落に軽くリバーブをかけてみましたが、そのリバーブのかかりかたまで違いますね。
圧縮音源なので分かりにくいかもしれませんが、竹千代君の音色は、ときどき複音コーラスをかけたような音が聴こえます。(コミティアでのCDだと良く分かるんですが)
でもこれは、全くの素音です。
我が家に来てから出てきた音です。
そういえば今年のTokyoハンドクラフトギターフェスにこれと同じ音のナイロン弦がありましたね。
これは、中村マジックです。
なので、この竹千代君で娘の伴奏などやったらまた一興だと思うんですよ。(親馬鹿な私)
受験が終わるまで貸してもらえませんかね?



初めて竹ギターを弾いた時、他の人からはあまり良く思われませんでした。
なんというか?奇人変人を見る感じですね。
このところ理解をしてくれる方が多くなり、やっと安心して弾ける環境ができてきたような気がします。

また、「継続は力なり」と「馬鹿の一つおぼえ」いう言葉は同じ意味だと思うようになりました。
賢く、硬く、長いものに巻かれて世を渡って行くことは大切ですが、一つのことを馬鹿と呼ばれてもやり続けることは、もっと大切な意味があるように思えます。

そんな馬鹿になりたいと思う今日この頃です。

Check

| |

« SUZUKAWA GUITARS OM-03 CUTAWAY | トップページ | 闇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SUZUKAWA GUITARS OM-03 CUTAWAY | トップページ | 闇 »