« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

悩める芸術の秋

また舞台音楽の依頼を受けてしまいました。

<笑ってフェスタ>~つなごう おくろう 元気と支援!
5市(浦安市、市川市、船橋市、松戸市、鎌ケ谷市)の伝統芸能、芸術家、市民団体による公演

というなかで、群読劇「往環」(被災者への鎮魂)の音楽を創るわけです。

群読劇なので、おそらく10分くらいだと思うんですが詩の内容がすごいんです。
ここでそれを書き出すわけにはいかないが残念です。

字だけ見ていてもイメージが湧かないという不便なオヤジなので、たまに娘に朗読してもらったりしています。

とにかく、このところ、頭の中が、、なんというか、、こう、、うニュ~っとしていて、、、宙を彷徨っています。

なので、一昨日はSKSの小学生のお泊り会に、今日はお父さん会のイベントに行ってきました。

子どもたちの顔を見ると、とっても刺激されます。
元気が出ます。

さて、もうちょっと頑張るか。

| | コメント (1)

TIGER&BUNNYは「タイバニ」という

月曜日のこと。

本当に久しぶりです。
真面目にピアノを弾いてみました。
実は、ギターよりも鍵盤のほうが先におぼえたんです。
おつりがくるほど田舎に育ったので習ったことは、ありません。
小→中学校の時に音楽の先生に恵まれましてね、手ほどき程度のことは受けました。
以来ずっとピアノが好きです。
夢はグランドピアノのある家に住むことです(それは無理でしょう)
まぁ楽しむ程度なので、何とかなってます。はい。

で、いろいろあって、娘に口説かれてみる。

例によってTIGER&BUNNYのオープニングのテーマ。
NOVELSというバンドのミッシングリンクという曲だ。

こんな具合のノリのいいストレートな感じのロケンロール。

これをしっとりピアノアレンジで弾いている人がいるので歌ってみたいという。

が、、、、

アレンジが歌用にできてないし。
男性ボーカルのキーじゃ低いでしょーが?

でも本人は、やる気満々なのね。

ということで、コードを取ってアレンジを始めてみる。
相変わらず、のんきな祝日の朝飯後、、、、、

娘の声のトップエンドは、たしかEだったはず?
あっ、、、でもこれは、中2の頃だっけ、、、、
Dまでは出るよね?
ということは6度上げて、、、、
無理かい?
じゃ5度上げで、、、、
おい?Cもファルセットかい?
んなわけねーだろ?
バーロー!Cまでは地声で出せ!
腹筋使え!腹筋!

昼飯食べてピアノ伴奏の録音をおっぱじめるが、、、、、、

まめ「最後のとこさ、もう少し明るくできない?」
og3「はぁ?」
まめ「じょぼ~んって感じで終わっちゃうじゃん」
og3「どこさ?」
まめ「♪称賛なんてされなくたって~、、の「て」のコード」
og3「これ?→Am9」
まめ「そうそう、サビのとこ全部同じじゃん、最後くらいは、パーッと」
og3「ほう、、、じゃこれは→Cmaj7」
まめ「もうちっと、はっきりしたほうが良くね?」
og3「ええ?そう?まさかこれで→C」
まめ「そうそう、それそれ」

ふ~ん、、なるほど。
老いては子に従いました。

よしやるべ。

あれれ、、、、MIDI出力しないぞ????
なんだか鍵盤が変だな?
ぼちぼちお釈迦か?
ええい!!!!!

しょうがないのでLINEから直に取ってWAVに。
MIDIで落としてじっくり編集したかったのにな、、、、
せっかくのCUBASE5がテープレコーダーかよ(;ω;)

一発録りって緊張感たっぷりね。
おのずと気持ちが入る。



しかし、ギターとピアノというのは相性が悪いんですよね。
伸ばしていた右手の爪が割れましたとさ、、、、、、

| | コメント (3)

なぜか?TIGER&BUNNY

なぜかTIGER&BUNNYというアニメにハマっている。

カミさんが元漫画家という家庭であるせいか娘も筋金が入っており、このところ週末の深夜にUstreamから配信されるTIGER&BUNNYに狂喜乱舞していたらしい。

そこにカミさんも参加してくると生活が一変する。

私も嫌いな方じゃない。
話に乗れないオヤジになるのもバカバカしいのでネットで拾って全話見ると、これがけっこう面白い。

主人公の鏑木虎徹は、子持ちのおじさんヒーロー。
そしてその相棒バーナビー・ブルックスJrは、若く、かっこ良く、頭がよく、金持ちで、、、というどこからみてもこっちが主人公のはず?

頑固で世話焼き、カンと経験だけで戦う熱血漢。
しかし加齢とともに戦う能力がどんどん衰退してゆく。

奥さんは、数年前に病気で他界しているという悲しい設定。
なので実家に、9歳の娘をあずけているサラリーマン的な単身赴任。
たまに帰れば、トンチンカンなプレゼントを買って行ったり、娘を待つ間に勝手に部屋に入ったり、引き出しを開けたりしておもいっきり嫌われているという普通?の父親。
まるで昭和のドラマだよね。

私の世代だと子持ちのヒーローといえば「シトシトピッチャン、、、」という歌を思い出すが、あれも原作は漫画だった。

1話目は、現実生活感の全く無い超軽いノリから始まるのでナンジャコリャ?と思ったが、その後の展開がオモシロすぎてとうとう昨夜(というか今日の深夜)は、一家揃って最終回を見てしまった。

キャラクターには実在する企業のスポンサーロゴがついていたりしていてアニメとしては新しい試みだ。
再放送や不正コピーされても企業の宣伝が必ずついてくる。
うまいね、これ。

しかし、ほとんとテレビを見ない家庭なのだが、こういった情報をどこから見つけてくるかいまだに不思議なのだ。

どうやら2期があるらしい。

楽しみが一つ増えたなぁ。

ありがと~そしてありがとう~~~~

| | コメント (0)

おいで祭りに行ってきました

ずいぶん前ですが、実家は、町村合併で「水上」→「みなかみ」となり、町をあげてのお祭りが無くなってしまいました。

5年前に有志が復活させましたが、なかなか行く機会が無くて、、、、、、

今年は運良く休みが取れたのでルンルンと出かけました。

が、台風12号が来てまして。
関東平野から吹き上げる追い風に乗って燃費は絶好調なんですが、、

20110909a

あいにくの雨で踊りは中止に。
実行委員の弟を送って行った先には、我が母校の新校舎がありました。

20110909b

そこには、なんとソーラーパネルがw(゚o゚)w
利根川水系で8っつの水力発電所を抱えている町の校舎にはやっぱりクリーンエネルギーが似合いますね。

20110909c

ご覧のとおりの天気のため、残念ながら初日の踊りは中止に。

東日本大震災復興応援企画日中友好親善水上温泉おいで祭り参加ツアー220名、総勢500名を超えるというかつてない大パレードになるはずでしたが実に残念でした。
来年も来てくれるでしょうか?

20110911a

実家の斜向かいは、お祭り広場。
その前が詰所、ということなので歩いていれば当然のごとく捕獲されます。
実行委員と酒を酌み交わしました。
雨中でしたが不完全燃焼のままゲリラで踊ってます。

20110911b

その後は、幼なじみやら後輩やら笑会やらと酒を酌み交わし、夜は更けてゆきました。

翌日はお神輿。
水上駅へ向かいます。

ちょうどSLみなかみ号が来ました。
C61ですね。
カッコいいったらありゃしない。

20110911c

駅に着いたらおいでちゃんが迎えてくれました。

20110911d

そして水上駅から御神輿が出発します。

20110911e

9台の御神輿が練り歩きます。
これは壮観です。

20110911f

20110911g

20110911h

20110911i

20110911l

20110911j

20110911k

20110911m

20110911n

 

ありがとう~~!
お腹いっぱい楽しませていただきました。


実行委員長の男っぽいうしろ姿が妙にかっこ良かったです。

20110911o


来年も必ず行きますよ。

You next meet in September



| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »