« TIGER&BUNNYは「タイバニ」という | トップページ | Hiro Suzukiが帰ってくる »

悩める芸術の秋

また舞台音楽の依頼を受けてしまいました。

<笑ってフェスタ>~つなごう おくろう 元気と支援!
5市(浦安市、市川市、船橋市、松戸市、鎌ケ谷市)の伝統芸能、芸術家、市民団体による公演

というなかで、群読劇「往環」(被災者への鎮魂)の音楽を創るわけです。

群読劇なので、おそらく10分くらいだと思うんですが詩の内容がすごいんです。
ここでそれを書き出すわけにはいかないが残念です。

字だけ見ていてもイメージが湧かないという不便なオヤジなので、たまに娘に朗読してもらったりしています。

とにかく、このところ、頭の中が、、なんというか、、こう、、うニュ~っとしていて、、、宙を彷徨っています。

なので、一昨日はSKSの小学生のお泊り会に、今日はお父さん会のイベントに行ってきました。

子どもたちの顔を見ると、とっても刺激されます。
元気が出ます。

さて、もうちょっと頑張るか。

|

« TIGER&BUNNYは「タイバニ」という | トップページ | Hiro Suzukiが帰ってくる »

コメント

ご無沙汰しとります、鈴木さん。
なんだかずいぶん元気そうで、
いろいろ活動されてるみたいですね!

東京での演奏ですが、
もし確実においでいただけることが決まり次第
お電話で予約を取っていただくことをお勧めします。

ルースターって店はけっこういつの間にか
ソールドアウトになるお店で、
当日にわざわざ遠くから来ていただいた友達が
入店できずじまいだったという経験があり
それはちょっと悲しすぎだからです。

まあ、
お時間とご気分がゆるしたら、
聴きに来てください。
では!
鈴木ヒロ

投稿: Hiro Suzuki | 2011年10月 4日 (火) 午後 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TIGER&BUNNYは「タイバニ」という | トップページ | Hiro Suzukiが帰ってくる »