« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

中志津ふるさと秋祭り

とつぜんですが、またまた宣伝となってしまいますm(_ _)m

☆ふるさと秋祭りのお知らせ
11月5日・6日に中志津自治会主催「平成23年度中志津ふるさと秋祭り」と志津南地区社会福祉協議会主催「第10回福祉まつり」が、自治会センターとふれあい公園を会場として開催されます。

中志津自治会自治会報より。

このお祭りでミュージックフェアというのが開催されます。
そこにSKS佐倉こどもステーションお父さん会で出演することになりました。
11月6日(日)12時15分~12時40分です。

こやっち、う~ちゃん、og3の3名。
何をするか?お楽しみのこと。

とりあえず竹ギターは、弾きます。

中志津ふるさと秋祭りは、展示、模擬店、フリマ、餅つき、カフェ、マッサージなどたくさんあります。

たくさんのご来場をお待ちいたしま~~す。

| | コメント (0)

市民活動フェスタ「つなごう おくろう 元気と支援!」

このところ宣伝ばかりしているような気がします。
最近ギターの話題がトント無いので、その筋の方々にはまことにつまらない記事となっていますが、ご勘弁ください。

で今度は、私の番。

なので少しだけいつもより多く目をとどめてくだされば幸いです。

多くの内容は語れません。
多くの生き方も語れません。
でも、一人の小さな市民として、できることはあるはずです。


千葉県のHPに詳細が上がりましてので、お伝えいたします。

先日来、試行錯誤しながら作った音楽が使われます

市民活動フェスタ(千葉県のHPより)
http://www.pref.chiba.lg.jp/kkbunka/npo/gekkan/festa.html

チラシは、こんなこんな感じです。

20111023a

20111023b


ずうずうしくも赤枠で囲わせていただきました。

どんどん稽古は進んでいるようですが、まだ顔を出しておりません\(;゚∇゚)/
平日の稽古なので時間的に少々無理がありまして、、、、
音楽ボランティアという名のサラリーマンの悲しいサガでしょうか?

脚本家の半田さんからは、好評を頂戴いたしましたのでホッとしています。
こっそりと安心しながら、ひとりドヤ顔で晩酌しています。

平日のイベントなので、これまた行くのが難しい日程です。
作った本人が見に行けるかどうか、非常に微妙なトコロ。

師走の忙しい最中に「休みをくれ!」と会社に談判するか?
ずる休みをするか?
仮病を使うか?
元気そうな身内の葬式を作るか?


当日、会場で私を見かけたら、それはog3のマボロシと思ってください。











| | コメント (0)

NPO法人FUNFUNダンススタジオ

娘が通っているダンススタジオです。
こんな風になってたなんて全然知りませんでしたw(゚o゚)w



the market Place



ヤオコー


イベント
◇10月23日(日)

NPO法人FUNFUNダンススタジオ
NPO法人FUNFUNスタジオの生徒(子供中心)さんによるダンスパフォーマンス。
総勢100名近い子供たちが、5~6グループに分かれて、順番にダンスパフォーマンスを繰り広げます。
観覧無料

2323

時間:14:00~
場所:特設会場



講師のKieちゃん
は、2002年の第1回目のミュージカルからず~っと仲良しです。

最近ヤオコーさんが支援して下さっているんですね。

がんばれ子どもたちsign03chick

| | コメント (0)

斉藤竜明 星の井戸端会議 Vol.1

一宿一飯の恩義があり、宣伝しなければそれは罪です。

斉藤さんと影山さんには、かの「にこ生☆生うたオーディション」で娘が大変お世話になしました。

一応父(保護者)としてとして同行していたわけです。
でも、いくら馬鹿オヤジでも楽屋や、舞台までずうずうしく入るわけには、いきません。

過保護と言われようが親バカと言われようが、やはりドワンゴ&ニコ動系のイベントとなれば奇人、変人が多いわけでね、、、、
そのうち変態やら、犯罪者?まで現れるとそこは心配しないわけにはいかないわけです。

中2の娘にとって、右も左も上も下もわからない井戸の外は、別世界だったと思います。
お二方には、ずいぶんいろいろと優しくしていただいたようです。

親としてはありがたいことです。

ということで。

斉藤竜明 初の単独”屋内”LIVE
星の井戸端会議 Vol.1

20111017a

詳しくは、ここで。
http://lefkada.jp/

でもって斉藤竜明さんを深く知りた方は、
斉藤竜明ファンサイト
http://frano.web.fc2.com/index.html

とても誠実でピュアな方です。
決してお笑いではありません。

斉藤さんのサイン入りCDを持っている家内と一緒に行こうと思います。

では、新宿でお会いしましょう。










| | コメント (0)

Hiro Suzukiが帰ってくる

なんだかんだと結構忙しい日が続いていました。
気がついたら10月か、、、、、

いろいろ伝えたいことがあり、彼を探していたわけで。。。。
それは、大学時代の後輩。
バリバリのブルースギターを弾く新入部員に舌を巻きましたね。
確か大学祭のとき即席バンドを組み、サッカー部のバーで一緒に演ったことがあるような記憶が、、、、、昭和56年?57年?
「北関東ウルトラマンブラザース」という名前だったと思うが?
これから面白くなるんじゃーねーか~
と思った矢先、学校をやめて、ニューヨークに行ってしまいました。
そのうちとっとと帰って来るだろうという予想を裏切り、そのままニューヨークに住みつきギター1本で食っているというのは、とんでもなく凄いことです。

それからどうなったか、ここでゴニョゴニョと書いても臨場感が無いので、このへんをご覧になって下さい。。

ヒロ鈴木の「心で弾け!」

HS335BLUZ

で、彼のブログは、アメブロ
必死こいて探しましたが、なんとも灯台もと暗し、、と、、、

2008年に帰国してライブをしています。
その直前に後輩がなくなり、弔いをやったときに酔ったやつが携帯から彼に国際電話をかけ、話をすることができました。
懐かしい声。
その時私は、患っていて苦しんでいまして。。。。。
「そんなモン風邪みたいなもんですよ~」という彼の声に元気づけられましたね。
確かにそうでした。

20111015a

Harvest Jazz Blues Festival 2009 Hiro Suzuki & Elvin Bishop


人間ってのは不思議なもんで、何度会っても忘れてしまう人と一度会ったら忘れられない人がいます。
もちろん彼は、後者。
後輩というより身内のような存在で私の中にいます。

これ以上長々と書くと最後まで見てもらえないような気がするので、彼の帰国ライブ日程を貼っておきます。

2011nov06_8pms


20111119efs

生で観たい方は、必ず予約を入れてくださいとメールがありました。
わざわざ遠方から来ていただいても入れない場合があるそうです。

私はRoosterに行ってみようと思います。
時間的にラストまで居ることはできないのが残念です。



では、Roosterでお会いしましょう。














| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »