« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

I Love Guitar

すみません。
洒落です。

久しぶりに作ってみました。

個人のブログなので真面目に書いたり、不真面目に書いたり、あっちこっちに話題た飛んだりと節操が無くて申し訳ございません。

なんだかんだ言いながら、貧乏音楽ボランティアの活動資金集めということで、ご勘弁ください。

なので販売です。

パッと見、ネクタイ柄のTシャツに見えますが、ギターのネックをデザインしてみました。
だから、「ネックタイTシャツ」とでも言いましょうか??


一応「I Love Guitar」とハートマークでお洒落にしてみたつもりです。

20120228a

まだ寒いので長袖も作りました。

2012028b


自分のモーリスW20から寸法を取って縮尺しました。
スケール%はあってますのでフレット音痴では無いと思います。
左手を胸にあてて、運指の練習ができます。
ただし強度の都合、弦は張れませんのであしからず。

各サイズあります、いろんな色もありますので、酒の肴にご覧下さい。

右側のショップog3をどうぞよろしくお願いいたします。

m(_ _)m





| | コメント (2)

McPherson MG-4.5X PW

重いんです。
材が厚いせいもあるんでしょうが、結構な重量ですね。

今回は、我が家にやってきたのでいろんな画像をお見せ出来ますので、ご覧下さい。

McPherson MG-4.5X PW
ベアクロウシトカスプルース、アフリカンマホガニーサイドバック。

20120226a

スタンダードなギターばかり見ている方々にとっては、奇異ないでたちです。
でも「一度弾いてごらんなさいよ」と言いたくなるギターです、これは。

20120226b


ここで同じ事を書いてもしょうが無いので興味のある方は「小川町界隈11~終」をご覧下さい。

20120226c


我が家に来て気がついたことですが。
このギター、やたら良い匂いがします。
「こんな匂いのする男がいたらホレる!」と娘が絶叫、、
ギターで良かった、、とつくづく思います。
昨年のTokyoハンドクラフトギターフェスで出会った匂いに似ています。
出展者の名前は忘れましたが、バイオリンの材を扱っているお店でした。
たしか南イタリアの木材だったと思います。
なんとも形容しがたい甘い匂い。
いままで何本弾いたか憶えていませんが、かび臭かったり、防腐剤の臭いだったり、塗装の臭いだったりしました。
一体これは何でしょう?
すごくいい気持ちで楽器にむかうことができます。

20120226d


マホガニーなのにとても荘厳な音がします。
待ってました!とばかりに飛び出しような感じではありません。
一度音が出るといつまでも終わらない深い響きがあります。
これは初めての経験でした。
まるでお寺の鐘のようです。
今日は、録音でもしようかな?
と思ったら、電池が切れていました。
後日また、、、、

20120226e

何度も言うようですが、伝統を後世にの残してゆくことは、大変重要なことです。
しかし、その伝統を残しながら新しい技術を取り入れ、それを生かして未来の音を創り上げることは、もっと重要な事だと思うわけです。
それを受け入れることは、非常に難しいと思います。

これから先、貴重な木材が無くなる時代がやってきます。
優れた技術者は、新しい材や新しい設計や新しい構造を考えてゆくでことしょう。

Mat McPhersonもその一人であってほしいと思います。

| | コメント (3)

くり抜きギターへの想い~その1

残念なことに我が家にはギターアンプが無く、このギターの音を心から楽しむことはできません。
願わくは、小さめのチューブアンプが欲しいところです。

そんな理由でここに書くことは、自分自身が納得しないのですが、、、、

og3「ありがとうございます。18日のギター講座が終わったら、すぐに返しますので、、、」
山本さん「そんなん、いつでも、ええよ。」

しかし、いつまでも甘えているわけには、いきませんね。


5年前。

あの時、私が最初に手にとったのは、竹ギターでは無く「くり抜きギター」でした。
会場の一番奥、左隅のブースに2台並んでいました。
手に取った瞬間のネックの感触は、今だにおぼえています。
小さな子どもの腕を触ったような柔らかく優しい、サラサラとした感触でしたね。

人間は、生きている限り頭を使い、さまざまな創造をします。
その創造は自由であり、現実的なモノもあれば、創造を絶するような荒唐無稽なモノもあります。
後者が現実になると、普通は驚くはず。
驚かない人は、その現実性が認められないのだと思います。
そんなモノが良いわけない、と。
特に長い間人生を重ねてきた人の多くは。
そうしないといままでの膨大な経験や知識などを否定することになるからでしょう。
もう変えることができない価値があると勘違いしている自分に気がついていないんだと思うわけです。

私は、12歳から「趣味で」ギターを弾いていました。
なので「これがギターだ!」に、がんじがらめになっていました。
自分の人生も「がんじがらめ」でしたね。。。。

このギターに出会うまでは。

くり抜きギター

考えることは容易いけれど、それを現実に作ってしまうとなると創造を絶します。

木の塊を掘るわけです。
その部分部分で厚みを変えながら掘るそうです。
しかも手で。
器ではなく、楽器ですよ。

経験の浅い若い方が、自分の創造力を持って挑戦したのだったら理解できます。
しかしソニードの山本さんは、私よりも二回り上のねずみ年。
偶然にも親父と同い年です。

もしあの時、私のブログへのコメントが山本さんだったら、、、、

私は「くり抜きギター」を弾いていたでしょうね。



つづく

| | コメント (1)

小川町界隈13

2月は、1年の中で最も暇な時期。
仕事が無い、、、、
ヒマのもかかわらず、普段どおりに呑んだり食ったりするから太る男。
ヒマンというのだろうか??

2月21日

出勤したが給料泥棒だったので午後から半休で帰ろうとしてたら携帯が鳴った。
「修理に出していたやつができあがったから、一緒に取りに行こうぜ。」
それだけじゃないだろ?
ヒマだし行くか。
と、給料前なので財布に金が無い。
一度家に戻り、女房様から三千円もらって電車に乗った。

青爺へ。

Julius Borges OOO-28 KOA (2004)
そんなことだろうと思ったわい。
かねてからオールKOAを欲しがってたオーナー。
良く見つけるもんだ。
ちゃんと仕事やってるのかね?
Julius BorgesのKOAって希少価値高いな。
フィガードコアの美しい木目にうっとりだ。
見た目は派手だけど、弾くと地味目。
ボディのわりには太めに響く柔らかな音。
癒される響きだね。
そのまま抱いて寝たら、熟睡できそう。

Breed Love C-25W Walnut (1998)
これも気になったらしい。
中村さんから聞いた、かのLarry Breedloveのことをおぼえていたんだね。
二人とも大男だ(失礼)
これは、地味で素朴な音だ。
ちょっと弦がヘタってるし。
ダイナミックで綺麗な木目だけと音はダイナミックじゃない。
乾いていていい音なんだけど参考程度?

さすがに今日は、買うつもりは無いらしい。
情報収集なんだね。

じゃ、ほっといて。

前回来た時にちょっと気になってた。
お店の人から弾いてみますか?って言われた鉄パイプギターを弾かせてもらう。

Larson Bros Prairie State Style#428 (1930)
こりゃ~すごいや。
笑えるほどすごいよ。
なんでこんなにでっかい音がするんだい?
こんな薄っぺらなボディなのに。
感動するねぇ。
これもカミナリ級だ。
中音域がバリバリと鳴り響く。
一昨年ここで弾いたMartin OM-28 ヘリンボーン ハカランダ (1930)を思い出した。
あれ?同級生かい?
ふ~ん、ということは、オフクロと同い年なのね。
しかし、なんだこの鉄パイプは、、、、
ロッドが生まれる前シロモノ?
なんってったって初めて鉄弦を張った人だし。
強度を上げたり剛性を上げたりしないと、ギターが歪んだんだろう。
鉄パイプは、ナットの下からネックを通ってボディを貫通してエンドピンに。
もう一本の鉄棒は、ネックヒールを押さえている。
充分すぎる耐震強度?だ
特許だそうです。
それになにさこのネック。
度が過ぎる太さだし。
私の腕くらいの太さがある。
手首じゃないよ、二の腕だからね。
しかもNat Width 48mm、、すごっ!
あ~、今はもうこの音は、絶対無いね。
作れないと思う。
悩みも心配も全部吹っ飛んじゃうようなノー天気さがある。
なぜか先代の林屋三平の寄席を思いだしてしまった。
涙を流して大爆笑できる舞台裏には、苦労を重ねた人生が見えてくる。
感慨深く弾く、、、、

これこれ。
って?
オーナーと店の人が。

Blazer & Henkes Milwaukee OOO Style-44 (2009)
ウリ二つじゃん!
鉄パイプ取って、弾きやすいネックにしました、って。
ここまで再現できるのかい?
このWilli HenkesとRudie Blazerという人は、純粋なオタクなんだろう。
見た目だけじゃなくて音もそっくりだし。
でも、「お爺」と「孫」って感じね。
こいつも年を取ったら「お爺」になれるんだろうか?
喜寿の祝いにねだったりして、、、、、

いや~今日もいい思いができました。

腹が減ったのでそのまま路地へ。

萬楽飯店
どこにでもありそうな中華屋さん。
セットメニューの名前は、チロリア、ヤマハ、ラング、サロモン。
これがわかる人は、かなりのスキー通。
og3は、ヤマハを食す。
定番中の定番、ラーメンとチャーハンのセット。
昔ながらの美味さだ。
ホッと安心できる味。
最近流行のラーメン&チャーハンじゃない。
シンプルイズベストだ。

修理が上がったギターは2台。
オーナは、軽いDell'Arteにいた頃のJohn s Kinnard氏がつくったCalMex Parlorをひょいと持つ。
og3は、超重量級のMcphersonをよっこらしょ。

「それ貸してやるから持ってっていいよ。」

ラッキー!!!

「置く所が無いんだ。」

ちょっとwwwww

20120222


夜も遅いので、少しだけ弾く。
Mcpherson MG4.5XPW #0262

「深い湖のような音がするね。」
と家内が言う。

なるほど。

つづく

| | コメント (2)

og3ギター講座~開講式~その1抱き方

素人が、いったい何をトチ狂ったことをやってるんだ?
と、叱られそうな気がします、、、、、

が、ギターを弾き始めて今年で40年周年(記念か?)
だから「基本」という言葉などは、とっくの昔に忘れている自分に気が付きました。
ひょんなことからNPO佐倉子どもステーションお父さん会の主催でギター教室をやることになり、教えがてら自分を振り返ってみようと思ったわけです。
いわゆる復習というやつですね。

初めてギターを弾く人に何から教えたらいいのやら?
そういう自分が初めてギター弾いた時は、どうだったかな?
全く思い出せません。

家では、椅子に座って一杯やりながとか、床であぐらをかいていたりとか、ソファーで寝そべっていたりと行儀の悪い見本のような弾き方、、、、
それでも楽しく弾けるわけなので問題無いんですがね。
そうやって弾きましょう、なんて教えたら間違い無く苦情が来ますし。

私自身、ギターを弾けたらカッコイイんだ~という不純で軽い気持ちから始めました。
生臭い中学1年の時でした。

何かお手本となるものはなかろうか?とググるとありました。
いい世の中です。

日頃お世話になっている「J-Guitar」
灯台下暗しだったか、、、、、
おお!YouTubeのネット講座。

これだけ教えてもらって「ただ」というのはありがたいです。

講師は、岩下潤さんという方。
こんにちわ、初めまして。
よろしくお願いいたします。

転載するからには、いろんな動画を見せて頂きました。
さすがギター弾き、やはり個性的な方です。

そもそもギター弾きは、個性的のほうが面白いんですよ。
過去にバンドで付き合ったギター弾きってのは、みんなわがままでね。
時間にはルーズだし、頑固者だし、ひとりよがりだし。
それにくらべてベース弾きってのは、常識人でね。
金に困ったらベース弾きに借りろってくらいに人望が厚くて。
ドラマーは、金が無くても本能で生きられる原始人だし。
鍵盤弾きは変人とか変態が多くて、、、、

もとい、、、、

では、先生どうぞ。



パチパチパチパチ。
ちなみに①はエレキです。
興味の有る方がどうぞ。

これは、忘れていた基本でした。
とはいえ、og3はクラシックギター出身なので指は全て立っています。
ダラっと力を抜くと、手首はギターから離れますね。
まぁ持論なんですが、手首が自然な形だと指先までの自由度が高いような気がします。
それに講師が言うには弦を弾くというよりかき上げるとうい感じなのかな?
私は、指かおぼえるまでアル・アイレやアポヤンドをやってましたね。

余談ですがギターは「構える」「持つ」というよりは「抱く」だと思うんです。
「抱く」と「抱いたほうも気持ち良い」し「抱かれた方も気持ち良い」わけです。
子どもとか赤ちゃんとか優しく抱く感じ?ね。

んで、アル・アイレやらアポヤンドやらギターを斜めに構えたり、角度をもたせたりして「抱く」理由はなんだ?ってことは、3月17日(土)「og3ギター講座」で解説しますね。

ではSKS事務所でお会いしましょう!


つづく~

























| | コメント (3)

ギターケース

普段ハードケースなど使ったことは無い。
ソフトケースをしょって出かける。
今日は、「0から始めるギター」というお題。

何本か持って行くので埃を払ってきれいに拭いて並べてみた。

20120218b

家内「ドラキュラが出てきそうね、、」
og3「あ?うん。そうね。安置所みたい、、、、」



良いお天気で良かった。

| | コメント (2)

2012年2月18日の朝

20120218a



寒い朝です。


今日は、結婚記念日じゃないか、、、、


もう23年も経ったのか。




| | コメント (2)

そういえば

人様に教えることになり、さてどうしよう?と考えを巡らせていました。
だいたい当の本人は、いつギターに出会って興味がわいたのかい?

Long long ago.

幼稚園に入ったものの体が弱く、腎臓病を患い、血液が薄く、育ち盛りの園児は食事療法をしていました。
だからほとんど幼稚園には行っていません。
卒園写真は、丸の中に写っています。

加えて麻疹になり、自宅警備員軟禁状態。
ふびんに思った親が何か買ってあげようと、優しい言葉。
ねだったのは、レコードプレーヤーでした。
ついでにねだって買ってもらったのがこのレコードでした。

、、、とYouTubeをググりまくる。

ありました。
これです。
1965年発売だったんですか。
知りませんでした。
リアルタイムだっんですね。ほ~。


その年の秋。
隣に住む親父の従兄弟が通っている高校の運動会に連れてゆかれ、そこで聴いた曲は、これ。
帰り道にねだって買ってもらいました。

ギターじゃないじゃん!
でも心惹かれましたね。

そしてその次は、ベンチャーズ。
もうここで紹介することは無いでしょうね。

ゴメンナサイ。
マせたガキだったんです。

幼児にこんな曲を買ってくれた親には感謝しなければなりません。

思い出は、何十年経っても色褪せません。

つづく~

| | コメント (0)

og3ギター講座。その前に。

SKSの仲間内でギター講座を開くことになりまして。
まず最初は「0(ゼロ)はじまるギター」と題して2月18日から始めます。

さぁこれからギターを始めようかしら?
持ってないからとりあえず買わなきゃいかんな。
さてさて、どんなギターを買うべか?

ということなので、いろんなギターを紹介するわけです。
家の中にぶら下がってるのを何本か持って行こう。
やっぱり竹ギターも持って行こう。
そうだ!山本さんのくり抜きギターも紹介したい!

中村さんを通じて打診して頂きました。
快く貸していただける運びとなり、本日我が家に送られて来ました。
山本さんありがとうございます。

で、、開けてびっくり。

20120209a

エレキギターでした。
山本さんが30数年前に作った最初のくり抜きギターとのことです。
手紙には「今はハンドルーターで簡単に作れますが~(以下略)」ということは?
手彫でしょうか?


このあたりからよく見るとわかりますね。
くりぬきなのでサイド&バックは一枚。
そしてトップも一枚。
木目が綺麗です。
確かこれは、イロコですよね?
当然のことながらホローボディなのでとても軽量です。
この厚さでソリッドボディだったらかなりの重量だと思います。

20120209b

ネックは、メイプルですよね?
すごい木目です。
撮ったのが夜なのでこれではよくわかりませんね。
次回は、昼間の自然光でお見せいたします。

20190209c


指板もすごい木目です。
縞黒檀でしょうか?
そして張ってある弦は、なんとフラットワウンドです。

20120209d

とにかくビックリすることばかり。

そのまま弾いても、十分な音量で深く柔らかく響きます。

残念ながら我が家には、まともなギターアンプがありません。
ゴミ寸前のPignoseがあるだけ、、、、
なのでオーディオインターフェースを通してパソコン経由でヘッドホンから出して聞いてみました。

う~む
いや~
うわ~
これは
言葉が出ません。

このギターを語るには、時間が必要です。

お返しするまでの10日間で、また人生が変わりそうな予感がします。


~つづく






| | コメント (4)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »