« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

風物詩2

本当は、先週見に行きたかったわけですが、演奏を翌日に控えていたから何となく緊張していた52歳の小心者。。。。。

行けば良かった、、、、、

夏といえばやっぱりお祭り。
昨日の晩は、娘といそいそと出かけました。
ユーカリ祭り。

お目当てはSKSのソーランです。

まよいやためらいが無い子どもたちの踊りには、心から癒されます。
あぁ、やっぱり演奏する前に見ておくんだったな~
音楽であれ踊りであれ、それは何かを表現することの初心かも知れません。

20120729a_2


いつもいつも子どもばっかり撮っているように見えますが、実はいつもいつも密かに撮っているおとなの踊り。
そこには、いっしょにやったミュージカルや子キャンのスタッフ、いっしょに飲んだ?お父さん会のお友達やSKS支えてくれているご家族が踊ってます。

私がここで写真を撮っているワケの二人。

20120729b

一番最初のミュージカルで私の曲を踊ってくれた二人。

AYUはJK3。
初めて会った時は、10歳。
最近全然顔見せなかったのねコイツ。
高校でダンスをしていたんだね。
そこでずーっと自分探しをしていたらしい。
見つかったかかな?自分の道?
おとなもこれだけ悩むんだ。
若いヤツらが悩まないワケがない。
ふふん~思った通り、いい顔で帰ってきたよ。
忘れたとか言いながら踊っている顔は楽しいったらありゃしない。
久しぶりに「ハツラツ」なんて言葉を思い出させてくれたね。
ありがと~~

M母は剣道で鍛えた筋金入りの大和撫子。
デカイ声で怒られるとコワイっすまじで。
でも情に厚く涙モロイ。
いっしょに娘も何人か?踊っているけど、気持ち悪いくらいシンクロしているというスゴイ一家。
ミュージカルやりたいね~っていつも言ってる。
そうね~やりたいね。
お金で買えないモノがあるもんね。
M母は、いつも一番楽しそうにに踊っている。
だから子どもたちも楽しそう。
あちこちのお祭りで踊れば地域が活性する。
それ一石三鳥だろ?
もっとみんな見に来い!

20120729c

私の声は
とても小さくて
君には全部
届かないけど
少しでも聞いてほしい

この手のひらは
とても小さくて
大きなものは
つかめないけど
少しでも見ていてほしい

あ~これ、、、初心だった、、、、、、、、、


ギターのネタは、しばらく封印します。


来週は子キャンだ。

待ってろよ。

今年のog3はひと味もふた味もちがうぞ。。。。。。。。





| | コメント (2)

生演奏考

というわけで、日曜はありがた屋さんのイベントで弾かせていただきました。

ナチュラルストゥーディオ
というコミュニティーカフェ。

三角屋根で天井が高く、大きな空間はとても開放感があります。
床は板張りで、木目のぬくもりを足の裏に感じます。
閑静な住宅街に中あり、すぐとなりはコアラの電車の駅ですがのんびりモノレールなので気が付きません。
静けさは、昨年の教会並み。

お客さんは、40名弱くらい?ほぼ満員でほぼ女性の方。
しかもほぼ初対面の方ばかり。
いや~緊張しますね。

誰しもおぼえがあると思いますが、緊張すると手足の先が冷たくなって妙な汗をかきますよね?
例にもれず私もそうです。

が、

いつもの通りセットリストも無く、なんとなく「スカボロ・フェア」を弾き終わると手がホカホカ。
あ~れ?いつからこんなにずーずーしくなったんだろう?

雰囲気が違う。
まず、音がよく聞こえる。
この三角屋根の音響効果は実に素晴らしい。
で、お客さんはものすごく音に敏感な人たち。
ビックリです。
演奏していてお客さんの雰囲気もしっかり伝わってきます。

演奏前から、珍しいギター2本にポンポン質問が飛んできてたし。
興味を持っていただけるというのは、大変ありがたいことです。
耳だけじゃなくで体中で聴いていただけたような感じがします。

素人の演奏ばかりでは、つまらないのでとめどない話もしたり。
聞かれる前に話してしまおう、竹ギターとくり抜きギター秘話。
その出会いや、自分がしょってた病気の話などなど。
とはいえあまり真面目になるとボロが出るog3、、、、、
出る前に出してしまったので、和やかに笑っていただけました。

あっという間の30分。
何曲演ったか忘れました、、、、、、
久しぶりに心地良い疲れ。
気持ち良いな~
腹へったな~

と、思っているとイベントオーナーのこやっちからお弁当を頂戴いたしました。
ここの特製オーガニック弁当です。

20120725


こんな上品なお弁当は久しぶりです。
天然の素材を生かして、とても手が込んで作られています。
美味しゅうございました。
ありがとうございます。
ありがた屋さんです。

ひとしきりすると、お客さんをまじえて世間話。
私と同じような病に悩まされている方もいらっしゃったりして、いろいろとご自身の心の内などのお話しを聞けたりしました。
私のことが少しでもお役に立てれば光栄です。

でもやはりギターへの質問、い~~~~~っぱい。
なぜか竹ギターには女性の方、くりぬきギターには男性の方が興味を示されていたのは不思議です。

良い時間をすごさせていただきました。
頼れるギターです。

???
と、ここまで書いて気がつく。

違うぞ?頼っちゃいけないんだ。
長いこと竹ギターを弾いていたから知らず知らずのうちに楽器に頼るような演奏をしていたのかも知れない、、、、、

どっと思い出す若い頃。
当時はピアノ弾き。
大きなホールのスタンウェイから湿った地下室のライブハウスの腐ったピアノまで弾いてきた。
ピアノは持って歩けないから、嫌がおうでもそこのあるのを弾かなければならない。
ある意味それは修行だったのだ。

ソロ演奏の場合、頼るものが自分しかいないことをもう一度考えなくちゃならんな。

あ~そうかそうか、だからくりぬきギターの奏法に気がつかなかったんだ。
1~2弦の音が前に出るような弾き方を見つければいいんだ。

何やってんだ、、og3、、、、、、
もう今週、返しちゃうんだぞ。

参った参った、どうしよう、、、、、、



このイベントに出していただいて気がついたこと、、大きすぎました。


ちょっと初心にかえります。

| | コメント (3)

竹のおくりもの

明日、ありがた屋さんのイベントで演奏させていただきます。

ご主人とはボランティア仲間なんです。
とうことで、またCDを作ってみました。

昨年、小布施の新生教会で演奏させていただいた時に持っていったのと同じです。

販売が目的ではないので、大したものではありません。
CDーR自家焼きのお手製です。

前回は震災復興支援募金でしたが、今回は震災復興支援活動資金になると思います。

あれから1年以上経ちました。
私の周りの人達もさまざまな形で現地に行って支援活動をしています。
しかし交通費や宿泊費などは、実費で頑張っています。
時間の経過ともに寄付金や補助金など充分確保できる環境では無くなりつつあります。

私も一度は現地に行って、、、、と何度も考えましたが、時間と体力を財力がないため叶っておりません。

ということで、今回は行ける人たちへの間接支援という形になります。

経費を除いた収益金は、佐倉震災支援の会へ全額寄付させて頂きます。

20120721a

たいした金額にはなりません。
でも、続けることが大切だと思うわけです。

自家製であれど経費はかかるわけで、今まで売れれば売れるほど損をするということになってました。
私の小遣いもそんなに潤沢にあるわけでないので、けっこう二の足を踏んでたら、ある人から言われました。

「お前さんは、無形物で支援してるから有形物に関してはチャラでいいのよ」

な~るほど。
経費で損しなければ、懐は痛くならないから続けられるわけです。
支援金の寄付で金だけ払うよりもCDをもらえたほうが何となくお得感があります。
で、ちょっとでも活動資金が増えれば、支援にもなります。

ものは考えようです。

明日10時から。

たくさんのお運びを頂戴いたしたく思います。

| | コメント (2)

ゆべし

いつか必ずブログに書こうと思っていました。

福島の柏屋さんの「もちずり」。

娘の友人のお土産です。
ご両親の実家が福島なのでしょうか?
詳しいことは、よくわかりません。
帰省するたびに買ってきてくれるんです。
何回目?4回?5回?
何度食べても食べたいんですけど、、、、、

近所なので、会ったことはありますがジロジロ見たり?ワーワーキャーキャー話をしたわけではないので、印象が薄いんです。
一度、我が家に遊びに来てほしいと思います。

来てください。

このお菓子、初めていただいた時にはすでに家族で取り合い。。。。。。
私自身、50年以上も生きてきて、このお菓子を知らなかったというのは、実に恥ずかしいことです。

とはいえ、福島に行ったことが無いわけではありません。
社内旅行の幹事7回のうち、2回福島に行っています。
観光がてら造り酒屋巡りなどやっていたので、ほぼ記憶が無いんですが、、、、

で、酒が美味いということは、米が美味いのだ!!!
その米で作ったお菓子がまずいわけありませんよね。

20120718a


フルーツゆべし「一房の太陽」
上品な甘さと鮮やかな果実の味。
こ~れは見事だ。
呑兵衛体質なので、嫌いではないが好んで洋菓子を食うog3ではありません。
しかし無類の和菓子好きなんです。
濃く重たく主張してくる洋菓子のより、小娘の浴衣の襟元からから香るようなほのかな甘味や柑橘のせつなさに心ひかれます。

くるみゆべし「もちずり」
この塩加減は、絶妙だわ。
「餅」の歯に、舌に、顎に感じる硬さ、柔らかさは、腹が立つほど悩ましいです。
そこにくるみの力強さが実に良く調和しているので、逝きそうになります。
間違いなく日本人の米菓子ね。

菓子とはいえ、これを肴に冷酒を呑むのが大好きです。
今夜は、焼酎なのが残念だな、、、、、

家内は元漫画家?、なので良く目が利く?、この包装の絵にはやたら詳しく、すでにブログに書いていました。
梶山俊夫という絵本作家の絵なんだとか。
「わらべうた」という絵本で国際ナントカ?賞といのを受賞しているということなので、興味のある方は調べてみましょう。

という家内も娘も出かけてしまったので、今夜これ一人で全部食っちゃおうかな?

うん、、ん~、、、ぅぅ、、、、ドシヨ、、、、

ネットでググルと通販もあります。
取り寄せて、、、、食うか?

いや~でもね、、、
そんなんじゃないんですよ。

福島の土の上で、福島の空気や風を感じながら、福島の人と食べてみたいんですよね。
そして、そこで福島の酒を酌み交わしながら。

絶対行きます福島。

竹ギター持って。


日本人ですから。

| | コメント (2)

みなかみハピネス計画

家に帰って晩酌しながらメールチェックしてたら、弟からメールがきてる。

ん?何?

今、みなかみ町で取り組んでいる事業で、デサントやドールなどの民間企業とコラボして「まちづくり」をするってのをやってて、その事業の総称を「みなかみハピネス計画」って言うんだよね。
このたびその関連グッズが雑誌の特別付録になりました。明日10日発売ですので、ご購入&宣伝などよろしくです(^^)/

しつこいようですが、弟は、みなかみ町役場のまちづくり交流課というところにいます。
これは、町おこしの最前線です。

おいでちゃんどうしてるかね?

今年も祭りには行かねばなぁ。

しかぁし、情報が少なすぎぞ、おい。

ググル。

おぉ桑屋の社長も書いてるじゃん。
社長は、車好きなんだよね。

で、、
デサントと?
これ
か?
ふーん、なるほど
恒例のマラソンも、コラボで始まったのね。

それと、ドールってバナナの?
お~これか、ドールランド
おい、すげーな。
しばらく見ないうちにこんなんなってたのかい?
今度行ったら浦島太郎かも。。。。。

「みなかみハピネス計画」て探せばここにあるじゃん。
そのPVまであるし。
興味深いな、、、、BGMのギター、、、だれなの?

メールに添付されてた画像はこれ。

Photo


20120709b

iphoneにぴったしカンカンなの?

買うしかない!


で、もって今日。

買いました。

20120710a

ほ~これか、これか。

20120710b

wkwkでしょ、これ。

20120710c

二重折込みでベルクロテープを留めます。
生活防水設計なのね。
長さにけっこう余裕があるので、三重折込ができます。
やってみてください。
防水機能がUPすると思いますよ。

20120710d


シリコンケースに入れたまま、入っちゃいます。
シリコンラバーだから、多少ぶつけても壊れませんね。
首にぶら下げたまま川で遊んでもOK!
操作も通話も大丈夫。

20120710e

いやーいい時にいい物を手に入れました。

子キャンに持って行きましょう!
これで、ず~っと天気予報と富士山レーダ見てられます。

この本、月刊ガルヴィ8月号に載ってました。
「アウトドアでの危険回避術」
落雷、強風、熱中症、豪雨、増水、鉄砲水。

どんな時でもあらゆる情報を得ることができるというのは、「強さ」です。
何があっても、あらゆる場所からだれにでも連絡できるというのは、「安心」です。

かけがえのない子どもたちの命を守るために。

ね。


久しぶりに待ち遠しいです。



夏が。


うっほほ~い。



| | コメント (3)

小川町界隈14

行こうぜ、という電話を3回もことわってます。
いずれも金曜の昼ころ。
今日行こうぜ、、といわれても急すぎるし、と二の足を踏んでいたわけでして。

珍しく月曜の朝に電話があったので、じゃ明日と軽~い返事。

最近火曜日がやたらヒマなんですよね。
なわけで、昨日も昼から半休が取れてしまう。

のこのこ退社。
どうするかな?
電話でもしてみるか。

og3「早く上がれたんで、来れます~?」
オーナー「あのな~こっちが電話した時ゃ当日は来れねーって言うくせに、勝手に仕事上がっといてすぐ来いとはどーゆーことだ?あ~?仕事だったら怒るぞ、おい、だいだいお前はなぁ、、、ガミガミガミガミ、、、、、」

いかん、、機銃掃射をくらってしまった。
まぁそりゃそうだわな、、、、、
オーナーってグループ会社のNo,2だし、私ゃ平社員。
そんな時間に電話するほうが間違ってたwwwww

んじゃ、久しぶり秋葉原でも行ってみるか。

メイドをかき分けながら駅を出てビックリ。
うぉぉぉ~い???
ラジ館が無い!!!
どーゆーことだ?
俺の青春を返せ!!

20120704a

っま、しょうが無いです。
最後に入った時は、そのカケラもありませんでした。

いつものようにケモノ道を歩いて行きます。
USBグースネックLEDライト150円。
16GbのUSBメモリ519円。
得した気分でお買い物。
相変わらずの秋葉原は、まだ健在です。



久しぶりの青爺。
親切なお店の人。
いつ来ても敷居が低くて良い感じ。


オーナーが来るまでボーっとしててもしょうがないから何か弾かせていただこうかしら?

Sergei de Jonge Classic Model ハカランダ (2008)
以前から興味があったんです。
やっぱりクラッシックギター作家です、この人。
ギターの格が違う。
目がさめるよな引き締まった響き。
ピアニッシモからフォルテシモまで素晴らしい表現力。
無言になる私。
もう、、、右手が気持良くてたまらない。
クラッシックギターは、鉄弦に比べて体にストレスかかからない。
60過ぎたらもう一回始めようかな?


と悦に入ってるとオーナー様ご来店。
おー!
なんて、ご機嫌じゃん。

薦めてみるけど、うわの空。
お目当てはこっちなのね。

Roy McAlister Model C cutaway custom アフリカンブラックウッド 12Fジョイント (2012)
こりゃ~参った。
ブラックウッドだというからさぞかし偉そうな音かと思ってら正反対。
柔らかく艶かしい音だ。
耳がトロけてしまいそう、、、
あ、っぁぁ、これ気持ちいい、、、
1~2のプレーン弦の音が特にいい、、、
由紀さおりさんみないな感じ。
青爺のHPに「もっちりふっくら」と書いてあるが、まさしくその通りだ。
立て続けに3曲弾く。
珍しく黙って耳を傾けるオーナー。
ご購入ですか?
「いやー車買い換えちゃってさ」
は?
プレミアムオーディオとかで18個もスピーカーがついてるんだと。
そういえばオーナーは、オーディオマニアだったっけ。
それに45kgもあるレコードプレーヤーも買ったんだとさ。
送れないから名古屋まで取りに行ったというし。
なに!もう一台マイクロのレコードプレーヤーも買ったんだって?
ターンテーブルをエアで浮かせるやつだとかで、、、、

おいおい、何しに来た、、、、

「今日は、持って帰られます?」
と店の人。

ん?すでに買ってたの?
これとちがうRoy McAlister、、、、

ギブソンのJタイプをちっちゃくしたボディ。
しかもサンバースト、、、、、
「俺らしくないだろ?」って
?????????
弾く。
悪くないけど、こういう趣味じゃないでしょう?
「この手の音のギター持ってないんだよね」
まぁ確かにそうだけど。
モデル名は、なんてーのこれ?
オ「うーんと?なんてったっけな?」
店「あれ?なんでしたっけ?」

こら!


で、また弾く。
古谷さんのギター、何度弾いただろう?

Furuya Guitars A-500 OM ローズ (2008)
久しぶりのご対面だ。
2008年Tokyoハンドクラフトギターフェスの出展品なので、一度弾いたことがある
あれから4年、誰に弾いてもらったのだろう?
大事にされていたらしく傷一つ無い。
良い感じに音が育っている。
ブログには書いとくもんだなぁ。
縁は異なもの味なものとはこんなことなんだろうね。
「関西の方で24万で出てたけど売れちゃってたねぇ。」
なんて話すオーナー。
うん、そうだね、どこかのブログで見たことある、それ。



外は雨。
さすがにギター持って歩く気にはなれません。

傘をさして路地を入る。
「神田に来たんだから神田らしいもの食おうぜ」
そういえば、いつもラーメンだったしね。

しかしだ、、、、

オーナーの名前と1字違いの名前の店の前で傘をたたむ。
ラーメン屋だった。

ご馳走様でした。














| | コメント (4)

洗濯記

2週続けて休日は、森の中ですごしてました。
NPO佐倉みどりネットが運営しているフォレストイン岩名というところです。

同じ市内なのに、知りませんでした、こんないいとこ。

とりあえず、、どこにあるのかわからない、、、私、、ぉぉ
行ってビックリ、入り口も見逃してしまうような、超隠れ家風の森。
入ってビックリ、、、まるで童話にでてくるような森。

鬱蒼とした自然林にぽっかり開いた細い道を登ると目の前に広がる壮大な木陰。
歩くとフワフワした地面が足の裏に気持ち良い。
見上げると、杉の大木。
その上には、わずかに見える青空。
木漏れ日が、時間を止めます。
風が吹くと森の歌が聞こえます。


で、いったいそこで何やってたか?というと、子キャンの前哨戦。

先週は、トレキャン=トレーニングキャンプなるもの。
青年たちが現役の中高生れんじゃーをトレーニング、、、
と、書くと硬い感じがしますが、現場はやったら柔らかい雰囲気。

くじを引いて、ペアを作り、そのペアは次のくじに書いてある「お題」どおりのゲームを即興で考えて全員でやるというもの。

書くと一文で終わってしまいますが、一日中やってました。

これがさぁ~面白いんだよ!!!!!!!!!!
これを考えた青年もやってたれんじゃーもすごいわ。
脳みそが限りなく柔らかいんだろうーね~~
一日中見ていて飽きませんでした。

文化系、芸術系、理科系、体育系、おバカ系と、よくもそこまで考えてやるか?と心から感心します。

どんなのかって?

へへ、、
事実を詳細に書くとog3の自由帳がニュースになってしまうのでやめときます。
読んでる人がいろいろと想像することに価値があるのだ、と思って書いてます。

それに書きだすと本が一冊くらいになりそうなので、興味のある方は青年やれんじゃーを捕獲して聞きてみると面白いでしょう。
しかし当の本人たちは、すでに忘れているかもしれません。
こういうのってのは漢方薬みたいなもので、後からジワジワと効いてきます。

学校のように教えられたものは即効性がありますが、忘れるとなかなか思いだせません。
しかし教科書も無いまま自分で考えだしたり体で経験したことは、忘れたつもりでも知らず知らずのうちに、身についていて、ここぞという時に自然と出るようになります。

社会でもそうですよね。
上司から「泥沼の中に入れ」という仕事を教わるより、泥沼の中の上司から「いっしょに行こうぜ」と言われたほうがはるかに身につきますね。
何事も経験でしょう。
まぁそんなれんじゃーたちを気長に見守ってやってください。


で、それがしっかと出てきたのが、今週のディキャン。

うほぉ~い、、ずいぶん集まったね~
ほぼ参加者全員かな?
森の中は、まるで鳥の巣、、、、

カレー作って御飯炊いてゲームしてダンスして。

みんないい顔だ。

ほー~れんじゃー諸君、声出てるね~
小学生を見る視点が高くなってて良い感じだよ。
細かいとこまで気がつくし。


これって、ある意味リスクヘッジなんですよね。
れんじゃーが飽きさせない企画をやると、どっかいっちゃう子どもがいなくなるわけです。
そこにカリスマれんじゃーが現れたりすると、小学生はまるで「神」にように崇拝します。

このおねーちゃん、すげーな!
このおにーちゃん、かっこいいぜ!

ってね。
でもって後くっついて真似して歩くわけ。
夜も昼も。

よーし中学生になったら絶対れんじゃーになるぞ、なんて声が聞こえてくれば最高でしょう。

あれやるな、これやるな、とおとなが規制すればするほど安全になりますが、その分楽しさはどんどん少なくなります。
そんなつまらないおとなにはなりたくないので子キャンに行くわけです。

他人の子どもですが、そこで成長し、そこに向かう気持ちや心の動きが見えると、たとえ52歳のじじいであっても胸キュンで心トキメキます。


ディキャンは?どうたっだって?
それはね、、、ご想像通りです。

御免。



何時間歌っても枯れないという?うちの娘の声が枯れてました。
バーロー話すときも腹筋使え~!



今年の子キャンも、楽しみです。

命の洗濯をしましょう。

休み取れるかな?
それが一番心配です。







ここからは、業務連絡です。
すいかさ~ん!
メールが届かないので、ここに書きます。
とりあえず参加の連絡をください。
予定でもかまいません。
それと無線機をお借りしたいのです。
(じゃがいもが所有しているのは確保しました。)
今度のところは初めてなので不慣れな場所です。
結構起伏があり、川は見通しが悪く、バンガローが2箇所に点在しているという下見部隊の報告があり、スタッフが心配してます。
どういう連絡方法でもかまいませんので、og3とこまでお返事をお願いしま~す。

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »