« そして秋 | トップページ | 佐倉の秋祭り »

あまちゃん「潮騒のメモリー」最後の謎解き

高3の秋、朝も早よから上越線各駅停車に乗り前橋の映画館へと向かった。
封切りの日、見たのは「野生の証明」

中学の頃から、狂ったように横溝正史を乱読し、映画化されるやいなや手弁当で上越線に乗り、前橋や高崎の映画館に入り浸っていた。

まぁその流れか、角川映画に没頭していたわけです。
原作を先に読んでしまった「人間の証明」は、げにつまらなく感じたという失敗があり、「野生の証明」は買ったまま読まずにとっておいた記憶がある。

当時、映画館というのは現在のように「入れかえ」ではなく、一度入ると一日中いられた。

その日は「野生の証明」を2度見た。
主人公、味沢岳史役の高倉健さんは、死ぬほどカッコ良かった。
中途半端におとなになりかけている高3は、こんな男になりたいと真剣に思った。
長井頼子役の薬師丸ひろ子さんは、なんの理由も無くただただ可愛い。
その声に耳ごと脳みそが持ってかれた。

なんて澄んだ声なんだろうと。

頼子が味沢の胸の中で「お父さん、、」と言いながら死んでいくシーンは、なぜか泣けた。
高3だったのに、、、、


もとい、、、

「あまちゃん」を見るのは、ほぼ週に一度の土曜の朝。
平日は、出勤してる時間だし、もともとテレビ嫌いなオヤジだし。
カミさんは毎日欠かさず見ている。
その前のラジオ体操からず~っと。

どうやら週に一度でも物語がなんとなくわかってしまうと言う作りらしい。

153回の放送。
海女カフェで鈴鹿ひろ美が「潮騒のメモリー」を歌っていた。
隠れ薬師丸ひろ子ファンなので速攻で耳コピ。

ピアノで弾いていると、、、、
「おとん、そのキー違う」と娘。
「いや、これであってるって」
「違う~!絶対違う!」
「あってるってば、間違いないって!」

お互い自信があるのが音感だけなので、一歩も譲らない。
口論の末、取っ組み合いのケンカに、、、、、

なれば面白いのだが、体力には全く自信が無い二人なので、iphoneにかじりついた。

で、ようするに二人ともあっていたのである。
潮騒のメモリーは、劇中で何度も流れる。
娘は、ヤンキー春子や潮騒のメモリーズやog3の大好きな有村架純チャンの歌を聞いていた。
でもってこのキーは「Cm」なのだ。
しかしこの物語の後半の見せ場で鈴鹿ひろ美が歌っていたキーは「Dm」なのである。

メデタシメデタシ、チャンチャン、、、、

じゃない、、、

おい?ちょっと待てよ?

鈴鹿ひろ美って音痴うつろいやすい音程という設定じゃなかったっけ?
大事な本番でいきなりキーを変えるか?ふつう?

ヤンキー春子にいじめられながらボイトレされてたよね?
春子が教えりゃキーはCmのはずだし。
そういえば、そのとき春子は確かにCmでのメロディーをピアノ弾いてるシーンがあったぞ?

まてよ~?????

その後~154回

「わざとだったりして」
「今日じゃなくて、今までのよ」
「言ってましたよね、確か、歌手志望じゃなかったって」
「しかたなく、わざと、最初から?」
「なわけないよね やだやだ知りたくない 考えたくない」
~という春子と太巻のセリフ。
そして、
「~封印していた歌を歌いたい~」と鈴鹿のスピーチ。
「プロだわ!、、、」と春子。
「~真相は本人にしかわかりません。」という秋のナレーションで終ってる。

う~~む、、、、、、

最終回の一番最後に流れる「潮騒のメモリー」の回想は「Cm」
秋→メモリーズ→春子、と歌ったあと、、
東北チャリティーコンサートで赤いドレスをまとった鈴鹿ひろ美が歌い
元に戻って終る。
ちゃんと歌ってるよ、、鈴鹿ひろ美が「Cm]で。

あ゛~どーゆーわけだ~~~

「Dm」で歌ったあとに「Cm」かい?
どんな歌手でもコロコロキーを変えて、あんなに朗々と歌える人ってそうざらにはいないぞ?

そうか、そういうクダリだったのか。
鈴鹿ひろ美は、大物歌手だったんじゃん。
それにしてもNHKもやるね~

これだけ「地元」を意識させたドラマは無いよね。
GMT満載だよ。

あっそうそう、、、、
サクラ佐倉」も地元ソングです。
みなさま、どうぞよろしくお願いします。。
http://www.tunecore.co.jp/artist?id=15290

20130821a

「あまちゃん」最初から全部見たくなってきたぞ。
DVD、、、高いね、、、
レンタル、、、いつからだろ?



ホントは、こんなこと書いているヒマ無いんだけど、、、、
あぁ、、、、

|

« そして秋 | トップページ | 佐倉の秋祭り »

コメント

og3さん、こんばんは!
出ましたね~、あまちゃんネタ!!
実は、私の親父の実家が久慈でして、
久慈が舞台?「地元」が久慈?
それは有り得ないでしょっ!・・・・・ってな始まりで、、

それはそれは、不思議な夢のような半年だったのです。

それにしても、分析してるog3さんが面白いっ!
確かに、鈴鹿ひろ美が海女カフェで歌った潮騒~と、
最終回の最後の回想シーンで、鈴鹿ひろ美が歌う潮騒~、
録り直してるよね~、なんて私もカミさんと言い合っていたのです。

でも、そういう違いだったのですね?
さすが、og3さん!!og3さんらしい視点ですね。

はい、それにしても、NHKやりますね~。
宮藤官九郎氏もやりますね~。

ちょっと、あまロスなToshiです。(笑)

Toshi

投稿: Toshi | 2013年9月30日 (月) 午後 11時28分

チェックしてましたよ~
Toshiさんのご出身が久慈だということ。

あまちゃんは、3分の1も見てませんので、けっこう抜けています。
羽田空港の拡張工事に行くはずの種市君がすし屋の見習いになったいきさつとか、足立家崩壊のくだりも謎です。
ネットに転がってないかな?と調べていくうちにいつも道草を食って脱線してしまい、、、
仮面ライダーフォーゼの種市君が通っていた北三陸高校は種市高校でその前身は久慈高校種市分校だっりとか、北鉄は三陸鉄道北リアス線のことで実名駅を調べて行くうちにゆいちゃんちがわかったりとか、南部もぐりのルーツが房州もぐりだったとか、、とか、、とか、

書こうと思ったのですが、Toshiさんが久慈出身だったことを思い出しやめました。

私が行ったことが無い、Toshiさんしか知らない久慈の素晴らしさをブログでお伝えください。
「あまちゃん」じゃなくて「Toshiちゃん」でお願いしますね。

投稿: og3 | 2013年10月 1日 (火) 午前 08時27分

見てました、毎日 欠かさず(笑

有村架純ちゃん 私も隠れファンです
っておっさんにファンと言われてもね
でも昭和の香りが彼女にはするんですよネ^^

しかし、そうですか Cm とDm 考えもしませんでした
やはり鈴鹿さんは大物歌手だったんだ~

投稿: ササン | 2013年10月 1日 (火) 午後 12時30分

はい?w
キーなら
春子→Es dur
鈴鹿→F dur
ですけど??(笑)
だいたいCm、Dmはコードであり
キーではありませんw
どーやったらCm、Dmとかなるのか不思議で不思議で…
知ったかぶりはやめた方がいいですよ(笑)
批評するならもっとちゃんと調べてからしましょう。

投稿: さーこ | 2013年10月 7日 (月) 午前 01時44分

ササンさん>>
ササンさんも有村架純ちゃんファンでしたか。
昭和の香りですか~そうですね~森の木枝で木の実かじってる感じがします。
聖子ちゃんカットはカツラだそうですね。
そういえば松田聖子のSQUALL持ってます。
ジャケットにキュンキュンしましたね、、、、
、、、キリがないので、この辺にします。
いづれまた。

投稿: og3 | 2013年10月 7日 (月) 午前 08時45分

さーこさん>>
どうもありがとうございます!!
さーこさんのようなコメントを心からお待ちしてました。

正式な音楽教育を受けたことが無い50過ぎのオヤジであります。
またここを出入りするオヤジも皆おなじです(?)
オヤジ達は趣味でギターを弾いており、そのあたりから大きな間違いが始まったものと思われます。
ギターを弾いていると譜面にはキー:E♭、カポ:3、Play:Cなどど書いてあります。

なので「北へ帰るの~」から弾いたらCmだったのでそのまま書いてしまった始末。

ご指導ご鞭撻をお願いします。
末永くお付き合いください。

投稿: og3 | 2013年10月 7日 (月) 午前 08時56分

さーこさんへ。

まず、キーを英語で書こうがドイツ語で書こうがどっちでも問題ありません。英Major=独Dur、英minor=独mollなので、E♭ MajorでもEs Durでも構いません。この場合は、Esの意味がわからない可能性も考えE♭と書くべきだったかもしれません。
またキーを指してMやmを使っている文献もないことはないので、"Key in Cm"が絶対間違いとは言い切れません。
ここまで表記の問題(もちろん入り混じると大混乱するので注意は必要)。以下英語表記で書きます。

ここからC minorやD minorになるのが全然不思議ではないことについて。
E♭ MajorとC minor、F MajorとD minorは平行調(調号の♭の数が同じ)なので、ほとんどの和音を共有します。長調か平行短調か判別しにくい曲もよくあります。また、なかなかE♭の和音に戻らずにCmの和音が多用されているのも間違いの一因かと(メロディーからはっきりE Majorだと判別できますが)。
そもそも今回の主題はキーが長2度違うことなので、長調か短調かを間違っても考察には全く問題なし。←ここ重要

>どーやったらCm、Dmとかなるのか不思議で不思議で…
>知ったかぶりはやめた方がいいですよ(笑)
そっちこそよく考えたら? さーこさんの方が知ったかのように思えて仕方がありません。

投稿: みなたん | 2015年1月 4日 (日) 午後 10時26分

>ちゃんと歌ってるよ、、鈴鹿ひろ美が「F」で。(引用者注:直しましたw)
あれは恐らくピッチ変更ですね。元音源はもちろんチャリティーコンサートのF Major。でもそれだと春子版とアキユイ版とのつなぎが不自然なので、半音2つ分下げてE♭ Majorに加工したわけです。速度をいじらずに高さだけ変えるなんてことができるのはコンピューターのおかげです。いい時代ですね(笑)

>大事な本番でいきなりキーを変えるか?
問題はそこです。演奏家さんたちも皆さん「鈴鹿ひろ美の潮騒のメモリーはE♭」という認識のはずですから。なぜ今になってキーを上げるのか。それを誰も不思議に思わなかったのか。
ちなみに大友良英さんの話では、薬師丸ひろ子さんの希望でキーを変えたそうです。というわけで、「回想シーンの音源撮り直し説」は否定されました(いや、撮り直しの可能性もあるけど……?)。

投稿: みなたん | 2015年1月 4日 (日) 午後 10時40分

ってちゃんと直ってなかったぁーーーー!!
>ちゃんと歌ってるよ、、鈴鹿ひろ美が「E♭」で。
ですねw

薬師丸ひろ子の歌、紅白で聞きましたが高音の伸びは衰えないですね〜。うらやましいです。それに比べて松任谷由実は……。一昨年何かの番組で「ひこうき雲」を歌っていましたが、持ち歌にもかかわらず3つもキーを下げていました。聞いていて、誰かがカバーしたのかと思うほど。

気軽にピッチを変えて歌える歌手なんて、そうそういないものです(ネット上にはたくさんいますがw)。と思いきや、チャリティーコンサートのマイクの入っていない影武者春子はF Majorで頑張って歌ってましたっけ。

投稿: みなたん | 2015年1月 4日 (日) 午後 11時30分

みなたんさま>>
よくぞコメントをお書きくださいましたm(__)m
感無量です。
自身の中でけっこう心の中に引っ掛かってた記事なので、晴々しました。
一年以上ぶりにすっっっきりしました。
ありがとうございます!

薬師丸ひろ子さん、相変わらずいい声でしたね。
透き通った声に癒されます。
で、まぁ、松任谷由実さんなんですが、前年の紅白に出演された時もカミさんともそんな話をして、呑んでました。
なんというか骨が軋んでいるような感じに聞こえて、少々、じゃない、かなり驚いた大晦日でした。

私も日に日に老いてゆくのを感じております。
どこまでやるか、どこで引くかを考えさせられる今日この頃です。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: og3 | 2015年1月25日 (日) 午後 05時05分

こんなに有難がって頂けるとは∑(゚Д゚)

まあ、元はと言えばさーこさんの上から目線コメントへの怒りだけだったんですけどね。
コメントの書きがいがあります。

投稿: みなたん | 2015年2月 1日 (日) 午前 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして秋 | トップページ | 佐倉の秋祭り »