« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

ラーメン巡礼

Twitterでとんこつ、とんこつ、、、と、つぶやかれていた御仁がおられ、一気に記憶が蘇ったので備忘録。
ただのメモなので、読み飛ばしてください。

長浜ラーメン長浜屋台 一心亭 本店
http://r.gnavi.co.jp/cx8555h10000/
初めて福岡に出張した時、連れて行かれた店。
想像していたトンコツではなく、あっけないほどあっさりしていて、肩透かしを食らう。
鮮明に記憶が残るような、味じゃない。
お客さんは、ほとんど地元の家族連れ。
ホテルに帰ってからじわじわくる。
また食いたくなるラーメン。
思い切りハマったわ。


ラーメンしばらく 平和台店
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40011116/
福岡出張で必ず立ち寄る飲み屋の親父のおすすめ。
少々濃いが美味い。
食ってきた、と報告したら本店で食えと怒られる始末。
ままや
この店は、酒も料理も勝手に出てくる。
そしてバカみたいに安い。
なじみになろうと名詞を出したら、いきなりカウンターの柱に貼られたり。
親父もままもお客も、めちゃくちゃ気さくで面白い。
この店に行きたくて、近くのビジネスホテルに泊まっていたっけな。
あれから4~5年ご無沙汰しているが親父もままも健在だろうか?


一蘭 本社総本店
http://www.ichiran.co.jp/html/q_nakasu.html
一蘭 天神店
http://www.ichiran.co.jp/html/q_tenjin.html
一蘭 アトレ上野山下口店
http://www.ichiran.co.jp/html/kt_ueno.html
某上司のお勧め。
特殊な注文をする店なので、好みの味になるのが嬉しい。
しかしこの店の一杯というのが何なのか悩む。
とりあえず、思い出したくなると上野で食うことにしている。


久留米大砲ラーメン 天神今泉店
http://www.taiho.net/
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40003982/
博多で久留米のラーメンを食った、と久留米出身の友人に話したら久留米で食えと怒られた。
九州の人は、すごいと思った。
そんな彼は、大学の教授である。


長浜ナンバーワン
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40000498/
当時は、屋台でしたね。
呑んではしごして、連れてかれた3件目。
しかし、ここでも焼酎を飲むことから始まった。
したたか酔っていたが、記憶に残っているということは、このラーメンが美味かったということに他ならない。


博多ラーメンはかたや 川端店
http://www.showafoods.jp/hakataya/index.html

http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40003251/
ぶらりと出かけたとき、あまりの安さに驚き、吸い込まれるように入った店。
まるで「かけそば」のようなラーメン。
夕方だったので、部活帰りの学生が嵐のようにやってきた。
そういう店なんだ、ここは。
この値段にしては、美味すぎる。


とんこつラーメン博多風龍 秋葉原店
http://fu-ryu.net/ajax/map/id/aki
とんこつラーメン博多風龍 渋谷店
http://fu-ryu.net/ajax/map/id/sibu
とんこつラーメン博多風龍 神田西口店
http://fu-ryu.net/ajax/map/id/kanda
500円で替え玉2つまで無料とは、サラリーマンの味方でしょ。
店舗によって客層が全く違うというのは、実に面白い。


博多天神 新橋1号店
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13002172/
ここも500円。いいね~
ちょっと濃い目なのは、東京人向けかいな?


博多ラーメンふくちゃん千葉幸町店
http://tabelog.com/chiba/A1201/A120103/12005132/
http://www.chibaraumen.com/report/fukuchan.html
もうなくなってしまった勝どき店に家内とよく行った。
仕事で車を飛ばしてて気がつかなかった、灯台下暗し。
弁当が無い日によく行く。
新婚時代を思い出す懐かしい味は、変わらない。


一風堂 千葉中央店
http://www.ippudo.com/store/chiba/chiba.html
http://www.chibaraumen.com/report/ippudo.html
先日初めて行った。
まちがって冬季限定を食ってしまった。
バリカタの細めんが食いたい!
もう一度必ず行くぞ!


博多豚骨 わ蔵
http://www.ramen-yokochou.com/shop04.html
http://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12026876/dtlrvwlst/4050376/
最初に常連様カードをもらうと、次回から替え玉がただになる。
初めて行ったときは、娘と一緒だったので2枚もらったのだが、それを忘れたのでまたもらってしまった。
また行くしかない。


九州・久留米の豚骨ラーメン 満州屋が一番
http://www.ramen-yokochou.com/shop02.html
http://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12025803/
だからよせばいいのに、と久留米出身の友人に言われそうだ。
いいじゃん、、、、


ラーメン無限大 船橋店
http://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12000741/
http://www.chibaraumen.com/report/mugendai.html
家内と汗だくで食す。
美味いが若者向けだ。


博多屋台 豚がんちゃん船橋店
http://chiba.ramendb.supleks.jp/s/13470.html
いつ入っても空いている不思議な店。
落ち着いて食えるから、味かよく判る。
へんな時間に腹が減ると、つい寄ってしまう。


筑豊ラーメン 山小屋メルクス新習志野店
http://chiba.ramendb.supleks.jp/s/1532.html

http://tabelog.com/chiba/A1202/A120204/12005694/
もう少し面が硬かったら、といつも思うのが私だけかな?
ここも何故か寄ってしまう。
ある意味リピーターだが、いつも同じものを食っている。


麺や小鉄
http://tabelog.com/chiba/A1202/A120204/12022910/
http://ramendb.supleks.jp/s/25948.html
ラーメン食いたい=麺や小鉄
という、うちの娘御用達の店。
ちょっとしょっぱいので、替え玉入れてからが美味い。


博多ラーメン
http://www.chibaraumen.com/report/hakata.html
http://ramendb.supleks.jp/s/9971.html
ラーメン屋にしては、情報が少なすぎる店。
掘っ立て小屋でおばさん2人がやってる。
BGMすらない。
でも家族でけっこうな回数行ってます。
ここは家内の御用達っぽい。


東京豚骨拉麺ばんから 八千代店

http://tabelog.com/chiba/A1202/A120204/12007788/
http://www.chibaraumen.com/report/bankara.html
前記の店に飽きたとき、ちょっと先まで足を延ばして見つけた店。
腹が減ってるときにちょうど良い感じ。
店内は、殺風景なので落ち着いてじっくり食える。
ブックマークよろしく。


北海道濃厚しばきとんこつ てらじ。
http://tabelog.com/chiba/A1202/A120204/12023563/

私には、重かった。
ここも消化能力が旺盛の若者むけらしい。


房総豚骨ラーメン こてメン堂
http://tabelog.com/chiba/A1202/A120204/12023279/
http://ramendb.supleks.jp/s/27502.html
道すがらここも何度か訪れている。
個性的なラーメンなので、開拓心がそそる。
看板娘?のおねーちゃんがやたら目立つので、それを目当てに来るお客さんも多いと思う。
間違いない。


麺屋青山臼井店
http://m-aoyama.co.jp/?page_id=236
http://tabelog.com/chiba/A1204/A120402/12004555/
初めて行った時に、何も知らない親娘は、麺の上にうず高く積まれた大量のもやしと格闘するハメになった。
何度か通って好みの食い方を見つけ出したい。
だから常連さんが多いんだろうな。


味噌らーめん普賢象ユーカリが丘店
http://m-aoyama.co.jp/?page_id=4519
http://tabelog.com/chiba/A1204/A120402/12032167/
その店の新店。
目の前には「和屋」がある。
ここも濃いので冬場だったら相当暖まれる。


魚介醤油らーめん和屋
http://www.geocities.jp/ramen_kazuya/
http://tabelog.com/chiba/A1204/A120402/12024126/
http://www.chibaraumen.com/report/kazuya.html
開店して、すぐ行った店。
そのときは、けっこう魚のエグ味があった。
あれから何年?最近ぶらりと立ち寄ったら、全然違う感じになっててびっくり。
まろみ?やさしい?そんな味に変わってる。
スープを継ぎ足してるから、味が育ってるんだろうかね?
アミノ酸万歳!
トンコツ好きな親父なのに珍しく好みの醤油のラーメンだったりします。
ガッツリ食いたければ、前の普賢象に行くべし。


で、何も無いときに行く近所のラーメン屋をいくつか。

ラーメンとん太 ユーカリが丘店
http://tabelog.com/chiba/A1204/A120402/12022007/

手打らーめん利久
http://chiba.ramendb.supleks.jp/s/29960.html

さつまっこ臼井店
http://chiba.ramendb.supleks.jp/s/15079.html

麺屋 龍華
http://chiba.ramendb.supleks.jp/s/32532.html

おまけ

のむら食堂
http://chiba.ramendb.supleks.jp/s/14695.html
高校時代に通った店。
まだあるのね。
盛りが良いので、思い切り食えたもんだ。
今は、もう無理かも、、、

大衆食堂フライパン
http://minakami.com/inshoku/frypan/

http://tabelog.com/gunma/A1003/A100302/10007264/
http://www.hotel-juraku.co.jp/minakami/info/furaipan-info.htm
http://ameblo.jp/koume-72/entry-10767290111.html
http://blogs.yahoo.co.jp/sepia46492001/58719615.html
ある意味私のソウルフードです。
地元の見方フライパン。
一度行ってみてください。
過疎がすすむ田舎の町で40年近く店をやっていられる理由がよ~く判ります。




お後がよろしいようで。

| | コメント (2)

2013ちば発・ドラマリーディング劇 森と風のはなし

20140115a

20140115b



昨年の4月から仕込んでいました。
舞台の上に何があるか、是非「生」で、そしてご自身の「目」で「耳」で体感してください。

それでは、2月9日(日)千葉県文化会館でお会いしましょう。

大きな地図で見る



ちいき新聞(2014年1月31日掲載)
20140201a

| | コメント (0)

ニュージーランド界隈

20140111a

集合住宅の我が家。
西側の道路に面した花壇には、霜が降りていた。
そんな寒さに負けず、咲いている花が愛おしい。


Twitterを見たら「サクラ佐倉」でベースを弾いてくれた彼がニュージーランドに旅立って行った。
いいな~。
どんな勉強してくるんだろ?
若いうちは、どんどん海外を経験したほうがいい。
将来間違いなく役に立つ。
物を買うより、知らないところに行ったほうが人間でかくなるし。

と、コタツの中でいろいろ考える。

ニュージーランドか、、、
ニュージーランドねぇ、、、
あれぇ?
何か思い出そうとしている。
ニュージーランド何だっけな?
ニュージーランドという単語が頭の中でどんどんでかくなる。

ニュージーランド
ニュージーランド
ニュージーランド

ニュージーランド

だんだんイライラしてくる。
唐突に羊の群れが出てきて、睡魔に襲われ昼寝。

2時間くらい経ってやっと思い出したので備忘録。

以前、某オーナーに付き合ってギター屋をめぐっていた頃の話。
カナダの材木屋の親父が作ったギターを弾いた時だ。
2009年6月12日の記事ね。
ブログは便利だ。

その日は、例のKevin Ryanを弾いてしまったので、そちらに記憶を奪われてしいまい、Rodrigo Moreiraさんのことなどすっかり忘れてしまったんだよ。
そのギターは、キルトサペリマホガニーなんて材だったのか。
綺麗だったね。

で、それからいろんな木材の話になって、オーナーがあちこち調べてきて、見つけたギターがあった。
それがLaurie Williamsさんね。
この人がニュージーランドでギターを作ってる。
で、問題は使ってる「木」ね。
「カウリ」という木で、しかも3000年前の木なんだって。
なんで3000年前かというと、ずっと沼の中に沈んでいたんだとさ。
興味のある方は、調べられたし。
ググれば、たくさん出てきます。

「大阪まで弾きに行って来い!」って言われたような気がするので、ググったらまだあった。

これこれ

あれから売れてないの?
ということは、そんなに良くないのか、よほど個性的なのか、日本人ウケしないのか?
弾いたことがないので、なんとも言えません。
それにしても、すっごい木目。
いったいどんな音がするんだろね?
ちょっと、、、じゃなくてじっくり弾いてみたいギターです。

で、ご本人のHPは、こちら
英語が堪能ではありませんが、見るだけでも目の保養になります。

あぁ全部思い出したぞ。
すっきりした~!


では、おやすみなさい。

| | コメント (2)

今年は二人で

大晦日と元日で飲みつくしたので、初詣に行こうということになった。
珍しくカミさんが休みである。

朝5時に娘をたたき起こす。
正月はバイトの時間が早いんだと、言いながらなかなか布団から出てこない。
出てきても亡霊のようだし。
とはいえ朝飯を食らうとエンジンがかかるのかどうか知らんが、突風のように出て行った。

こちらは、しがない家事手伝いなので朝はのんびり。
寝グセなおして、髭そって、お茶飲んで、、、
さぁ掃除機でもかけっかな~

「お父さんまだそんなカッコウしてるの?」
「あれ?掃除は?」
「いいじゃん、そんなの」
カミさんは、もう出かける支度が終わって、行く気満々。

7時51分の電車に乗った。

これだけ朝早いとさすがにすいてる。
すいてるが参道は、まだ日陰なので寒っい寒っい。

カミさんは久しぶりなので、キョロキョロ。
帰りに寄ってみようね、って店をチェック。
「お父さん、ケバブよ、ケバブ、ほらあっちも、、、」
おい、何しに来た、、、、

カミさんが久しぶりなのは、平将門が好きだということ。
だから成田山新勝寺を少しばかり敬遠してたらしい。
どういう意味か説明されたが、理科系出の私には全くピンと来ない。
実のところうちのカミさんは、年号がスラスラ出てくるほどの歴女なのである。
気が向いたときにしか口にしないのだが、気が向いたときにはちょっと惚れなおす。
、、、、、ショウガツカラナニノロケテルンダ、、、もとい。

エッチラオッチラと石段を登る。
あぁ運動不足が身にしみる。
なんだこの重い体は。。。。ふぅ。。。

賽銭投げて拝む。
何て拝んだかは内緒。

二人でおみくじ引く。
おぉ「吉」
カミさんは「大吉」
元日に、引いた娘も「大吉」だと見せびらかしてた。
良い年になりそうだ。

順路どおりに歩く。
もう降りるの?
娘参りに行くんだと。

階段を下りて露店のわきを抜け、路地へ出ると相変わらず甘酒のいい香りがする。
あっ!その前に饅頭だよ。
バイト帰りに出来損ないをもらってくるのだが、その饅頭の餡子がやたら美味い。
鍋屋源五右衛門饅頭
酒饅頭と黒糖饅頭を買う。
お店のおねーちゃんがやたら愛想がいいなぁ、とよく見たら娘の同級生じゃん!
小奇麗に化粧して白衣着てるからわかんなかったよ。また遊びにおいでね~
これは、餡子好きの実家に送ってやろう。

カミさんが甘酒を買ってくる。
今年は20円の値上げだそうだが、120円でも美味い、これは。

「ほらほらお父さん、、、」
呼ばれるのを待っていた。
店先で日本酒の試飲。

二言三言話を聞いて、いきなり辛口を勧められる。
そんなに飲兵衛に見えるかい?
日本酒は好きだが、あまり辛口は上手なほうじゃない。
しかし酒はみなす~っと口に入ってくるから不思議だ。
え?これ辛口?
キューんとして、きりっとして、みずかしの香り。
参った、美味い、、、

となりのにごり酒も気になるんだが、、
「こちらのほうがもっと辛いんです」
と注がれると、目じりが下がってしまう。
うぉ~!!!口の中を潮風が吹きさぶ!
ムラムラと肴がほしくなってくる。
なめろう持ってこ~~い!
しかしこれを呑むには、ちょっと人生修行が足りない私。

仁勇本醸造原酒生しぼり冬季限定
五合瓶購入す。
ついでに升まで買う。

店の中ではカミさんがせんべいを選んでた。
暖簾くぐって出てきた娘をつかまえて嫌われてる。
だめだよ~業務中なんだからさ~

帰りの参道は、ぼちぼち混み始めてきた。

20140102a

箸屋に寄ったり、道具屋に寄ったりしながら歩く。
「ほら、お父さん、ケバブ!」
もういいって、、、、

成田山の名物は「うなぎ」だが、今年の「うなぎ」は首が痛くなるほど高い。
しかし高い時ほど人がいるというのは、摩訶不思議だ。

疲れたのでお茶してパンを買う。

20140102b

断面図

20140102c

結局「うなぎ」だったりする、、、、


備忘録
買って食って絶対損しない

20140102d



あ~呑むにゃまだ日が高いな。
早く沈めよ、お天道さん。

20140102e



備忘録というのは、忘れちゃいけないということなので
絶対はずせないイベントを

20140102f


生まれ故郷が群馬なので酒へのこだわりがすいぶんあったわけですが、千葉に移り住んで10年チョット、見渡せば穀倉地帯、美味い酒がたくさんありました。

娘がバイトに行かなかったら知らなかった。
千葉県は地酒の宝庫だと。

とりあえず3月16日には必ず行きます蔵元へ。
「ぐい飲みプレゼント、蔵中見学、、そしてお酒多数無料試飲」なんて、始発で行こか?

市内の旭松も行ってみよう。
次は、なっちゃんパパお勧めの稲花酒造かな?

いや~楽しくなってきましたね~

I Love 千葉県!

良き年になりそうな予感


| | コメント (6)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »