« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

そんなわけで

試行錯誤していました。
aLaska pikに発注したしたものの、登録が日本語だったので返金されてしまったわけです。
じゃ英語表記だったらいいの?
ってなわけでpaypalの登録を英語に訂正。

だめもとで発注しなおしたら、、、

20140531a


届きました~~!!
L2個、M4個、XL3個
しめて2,729円
1個あたり303円くらい。
これAmazonで買ったら600円ね。
ものすごく得した気分です。
メデタシメデタシ!
さぁ~竹ギター弾くぞ~~!

これから指に合わせる作業でもしよか。。。。
でも、けっこう時間がかかるんです。
呑みながらじっくりやります、とさ。


裏工作の続き。
例のiphone4sがどーなったか。
うちの電話の子機になりました。
それ何のこと?って?

すまほdeひかり電話」というやつ。
我が家のインターネットは、集合住宅向けの「NTTひかり」なわけです。
でも無線LAN契約をしていないので、他の無線ルータを併用してました。
なので無線LAN側からNTTへのアクセスが直接できなくて、往生してたわけです。
じゃNTT純正の無線LANカード入れちゃえばいいわけじゃん。
てなわけでヤフオクを探すと、これが安くあったりして、ポロっと落札3000円也。
ひょいひょいっと設定してから例のiphoneにAGEphoneをインストール。
あっさり子機になりました。

そもそも今まで使っていた無線ルータは、5~6年前買った返品修理品92%オフといういわくつき。
何台もPCやスマホをアクセスすると、落ちるというかなりわがままな代物でした。
くわえて電話機というのも結婚した頃、漫画家だったカミさんのためにかったB4のFAXができるかなりの大型機。
子機は、とっくの昔に壊れてしまいたものの本体は使えるので、もったいない。
買い換えるのも金がかかるし、それも何となくバカバカしい。

勿怪の幸い、一石二鳥。

てなわけで、面白がって子機を3台にしてみました。
裏工作でよみがえった4s、私の4s、そして最初に買った3gs
子機としてなんら問題なく使えます。
ちなみにひかり電話の通話料金は、3分8円です。
ご興味のございます方は、どうぞお試しあれ。

画像などUPしてみたかったのですが、設定モロモロの個人情報が多すぎるのでご勘弁を。

今夜は、息子が帰って来るので、この辺でドロンします。

| | コメント (2)

Tokyoハンドクラフトギターフェス2014

毎年毎年勇み足で出かけてしまい、錦糸町界隈で時間つぶしをする親父なので、今年はゆっくり出かけました。
しかし、定期券があるから差額で行こうという貧乏根性があり、京成線から乗り継いだのが災いして、錦糸町に着いたら11時をまわってました。

それ急げ~、、しかし、なんだか腹がへったなぁ、あっあそこに立ち食い蕎麦屋が、、
冷やしたぬき蕎麦がウマそうだぞ!
吸い込まれるように食券を買う。
おぉ!てんこ盛りの天かすの下には、わかめや千切りのきゅうりや錦糸卵やが隠れてる!
(錦糸町だから錦糸卵なの?)
美味だ!
和風冷やし中華(中華麺じゃなけど)といった感じだ。
一度お試しあれ。

これは、Tokyoハンドクラフトギターフェス2014の記事です。
お間違いなく 
o(_ _)oペコッ

今年で10周年だそうです。
でもって、私は2007年から数えて8回目です。

行き始めの頃は、気持ちのノリかたが今と違ってて、それほど知識も経験も無く、いろいろと不健康だったりした事実があり、平静や冷静さを忘れたままギターに接していたかもしれません。

8回目ともなると正直な話ですが頭の中に「マンネリ」とうい文字が無いわけではありません。

たとえば夕食のお買い物に行く主婦のような感じになるわけです。
野菜、肉、果物、、、、
何を作ろうか考えますね。
毎日毎日、同じ献立って無いでしょ?
今日は給料日だから、ちょっと高い牛肉買おうとか。
そろそろ夏みかん買ったら喜ぶかしら?とか。
売ってるものは定番でも、料理の作り方で一生楽しい食生活がおくれると思います。
「主婦」は偉大です。

そして、たまにはめったに食えないものを食ってみたくなる時ありますよね。
山で猟師が鉄砲撃って捕ってきた「いのしし」とか、外房の「ながらみ」とか。

なわけでのっけから大和マークの渡辺さんのところに。
牛骨オイル漬けサドル2本購入。
え?象牙のもあるの?
それにしても、、、安いギター1本買える値段なのねΣ(゚д゚;)
印鑑屋さんの端材だそうで、あるところにはあるのね、、、
それから、積もる話をいろいろと。
相変わらずいい人だ。
とても社長と思えない。
来年またお会いしましょう。

気がすんだところで、、、

20140525b

HATTA works
KOMOREBI
かき鳴らすギターではありません。
語り合うギターです。
今の季節にぴったりの音。
若葉茂れる初夏の香りがします。

20140525c

Urano Guitars

オールマホガニーです。
そしてこのボディ。
最近見かけません。
さぁ!ピクニックに行きましょう!
そんな気持ちにさせてくれます。

20140525d

松ギター堂
トップ:檜
サイド&バック:柿
指板&ブリッジ:黒柿
これ全て日本の木。
どうやら山をたくさんお持ちの林業関係の方がお友達らしい。
さじづめ船宿のご馳走といったところでしょうか?
とにか「木」が美しい。
もっと近くに寄って撮ればよかった、と反省。
でも、これを弾くと誰でも笑顔になれます。
音が楽器の外にある、って感じかな?
悩みも疲れも全部忘れさせてくれます。
そんな音がする楽しいギターです。
売値聞いてビックリ、お安い、、、のね、、
ここに来ている出展者のだいたい半値くらい、、いいの?
この方、自称「ウイークエンド・ルシアー」だそうで。
商売っ気、全く無し。
だからこんなにも個性豊かなギターが作れるんでしょうね。
お話がめっちゃ楽しいです。
不覚にもハマってしまいました。
すみません、友達になってくださいm(__)m

20140525a

今年の3月にお亡くなりになりました矢入一男さんを偲んで。
マスタークラフトマン小池健司さんの作品です。
もうここでは、何も語ることは無いでしょう。
あるもの全てがギターの音です。


そして向学のために

20140525e

N.S.Guitar Works
「Smoked乾燥」に目を引かれ試奏。
ほぉ~なるほど!
持ってるだけで、お隣でやってるライブの音がギターに伝わってくる。
こちらもどうぞと差し出されたギター
同じ方が作ったとは思えないテイスト、、、
とにかく生真面目な方だ、というのが感じられる。
それにしてもこれは、燻煙の妙か?
で、色々聞くと包み隠さず全て話していただける、とっても良い方。

この材を作っているのは9notes

出展してました。
ダッシュで移動。
ここでもいろいろお伺いしました。
燻煙といっても、方法は千差万別。
ことの始まりや考え方、狙っている音、住んでる場所や環境、設備で全く違うのでしょう。
近年、山本さんの燻煙ギターに興味があり、いろいろと勉強させていただきました。
それともまた違ったものなので、これは興味深い。
長くなるので、HPをどうぞ。

20140525f

うわ~下手くそに撮ったものだ、とここでも反省。
昨年お会いできなかった鈴川さん。
ずいぶん眠そうである。
遠方よりご苦労様です。
そして弾くたびに引き込まれてしまうギターの一つ。
長々と弾かせていただく。
あぁ落ち着く~~
竹ギターの他に何を選ぶか?聞かれたら、それは山本さんのギター。
その次はHeiner Derizehnterと鈴川さんのギターだ。
あ、Lowdenも、1980年代のね。
サウンドホールを覗くとラベルが未記入。
あれ?これは?と聞くと「あっまだ途中なんですよ」と。
で、この音かい!
塗装の途中だそうで。
また是非お会いしたく思います。


さてと、ボチボチ、、、あれ?

20140525g

出口付近のブースはYokoyama Guitars
なんで裏返しなの?
って解ってる人は、ヨダレもの。
左から、エキゾチックエボニー、ハカランダ、ブラックウッド、右下はメイプル。
こんなの見せられたら弾くしかないでしょ。
明らかに違いがわかるのはぱ、やっぱりメイプルね。
あとの3本は、文字で書くのは難しいよ。
まだまだ音が全然若いのね。
1年くらい弾きたおしてみないと、出てこないでしょ。
新品買って1年くらいで売っちゃう人って、「新品」という価値に惚れるんだろな。
初鰹が好きなのは、日本人だけでしょ。
もどり鰹も美味いんだよね。
素人が新品買って1年かかって出す音でも、プロが弾いたら半月くらいでやっちゃう。
はなからそんな音を求めても、それは無いものねだり。
横山さんのギターだけじゃない、楽器ってみんなそうだよ。
それにしても贅沢な試奏でした。

とにかく毎年のように出展者が増えている。
加えて来場者も増えている。
全部見てまわろう、聞いてまわろう、弾いてまわろうと思ったら2日じゃ足りない。

やっぱ定食だったら楽器屋さんに行こう。
「いのしし」や「ながらみ」を食いたかったら、そこに行こう。

14時半退出。
一服して帰るか~

「あ。こんちわ~」と聞いたことがある声。
ありゃ、渋谷界隈でお馴染みの「いるかギター」の店長では?

久しぶりっすね~なんて、また長話。
例のオーナーの近況やら、私の近況やら店長の近況やらやらやら、、、
おっそういえば、とaLaska Pikの話を持ちかける。
実は、メーカーに発注したものの決済表示が日本語だったのでお金が返ってきてしまったのだ。
やれ困ったという矢先に助け舟に乗ったという気持ち。
言ってみるもんだ、会場に取り扱っている人がいるという。
でまた会場へ。
探すが見つからない。
店長電話かける。
og3感謝
で、後日連絡が来るということでメデタシメデタシ(と切望す)

なんだろうかな、回を重ねるたびにギターからそれを作っている人へ、また扱っている人へ、関わっている人へと人の輪が広がってゆく。
特にそれを望んでここに来ているわけではないのだが、結果的にそうなっている。
実に不思議なもんだ。
あらためてギターを弾いていること、とういより8年前に竹ギターと出会い、ここに通うことを気づかせてくれたこと、そして一度も会うことも無くここで仲良くしていただいている方々に感謝しなければならない。

会場を出る。
もう日差しが強いな。
大通りの横断歩道をわたる。
路上ミュージシャンがカラオケで歌っている。
錦糸町駅前は、人がごったがえしている。
かき分けながら歩く。
たったこれだけの距離なのに、このたくさんの人たちはギターにはなんら関係が無い。
きっと興味を持っている人なんていないだろう。
でもこの多くの人たちは、音楽を聴けばきっとギターの音が聞こえるだろう。
その人にとってそれは、どうでもよいことかもしれない。

がらがらに空いている京成電車の中で悶々と考える。
どうでもよいけど、ギターを弾いている。

どうでもよい、けど来年も行くだろうな。

Tokyoハンドクラフトギターフェス2015

| | コメント (4)

父と娘の裏工作教室

GW直後に娘のiphoneがついにお釈迦になったとさ。
液晶の表示が崩れてきて、あらら~という間にもう何も表示しくなっちゃった。

その前から、親子ともども電源ボタンがきかなくなっていてAssistive Touchを使っている。
ググルとそんな症状のiphoneがあって、皆さんお困りのご様子。
Amazonあたりでパーツをあさると400円くらいから見つかるけど、自分で修理交換という作業は、これがなかなか難しい。
液晶のパーツもあるにはあるが、これもけっこう面倒な作業。

先週末。
じゃ新しくすっか。
てなわけで、ショップ行脚。
softbankのまま機種変すると、月の支払いが1500円も高くなる。
auに移ると、色んなキャンペーンがあったり、その昔一家4人で使っていた頃からたまっていたポイントが使えて、なんだかんだと安くなる。
とういわけで娘はauの5cになりました。
親父もいっしょに変えちゃうと、何かと安いんですが、、、ね。。
これからいろんな悪巧みを模索中なのでとりあえずそのままで。

残った4sどうすっか?

以前SKSの超イケメン青年のEBSK君が、4を落っことして破損してしまい、なんとかならんか?というわけでog3のもとへ。
しかし、DFUモードから復帰できず、お蔵入りに。
電源ボタンが壊れている4sへ移植を試みるがパーツの形状が違う。

だが、この液晶は、生きている。
これ移植できない?って話になり、二人並んで分解の始まり始まり~

EBSK君の4は、親父担当。
でもって4sは、娘が分解し始める。

20140518a


親父は、老眼。
1.7mmのネジなんてもう良く見えなやしない。
そんなネジがとんでもないところにあったりして。
それにいたるところが両面テープや接着剤でくっついてる。
なーんも見えんから、指先の感覚だけで分解してゆく。
あ~情報システムにいた経験があってよかったな~とつくづく思う。

それに引き換え18の娘は、そんなこと全く関係ないようだ。
指先も細くてピンセットみたいだし、うらやましい、あやかりたい、蚊帳つりたい。

20140518b


最後の最後でフロントパネルを外すとき、力まかせにこじってネジ頭をナメてしまった娘。
普通だったらここで終わり。

20140518c


それにしても、何でこんな時に「それ」を思い出すかなぁ。

中学のとき、技術の先生の教わったこと。
ナメてしまい「+」が無くなってしまったネジ頭にドライバーをあてて金槌で叩く。
そのままゆっくり力を入れると、あら不思議、ネジが回るのだ。

布施先生ありがとう。
定年後に指導のため中東に向かい、紛争に巻き込まれて亡くなられた。
そんなことまで思い出した。
先生に教わったことは、こんなところで役立ってます。
きっと次は、娘が誰かに教えるでしょう。
先生、私があの世に行ったら、一杯やりましょうね

と感傷にひたっている場合ではない。
4と4sのパーツは、同じようで全然違うのです。
とバラし始めてから気づく親娘。

あらかた分解してから、液晶は、フロントパネルといっしょのパーツであることが判明。
ソケットの形状が同じだから同じパーツのはず、、ググルと共通のパーツであるということで、メデタシメデタシ。

ヨシ!フロントパネルごと移植しちゃえ~!と喜んだのもつかの間、10個あるビスの4箇所、位置が違うぞ。
えぇ~い、そんなとこ切っちゃえ、6箇所くっついてりゃなんとかなるだろ。

と、大胆に切り始めるが、、なんと硬い部品だこと。
彫刻刀をあてて金槌でガンガンやっても切れない。
iphineってすごいわ、、、、、、、

いいかげん腹が立ってきて力が入る。
ガン!とひっぱたいたら枠だけボロっとはずれて、、、
あれ?なんてことないじゃん。
フロントパネルの枠を外せば、ガラス&液晶を交換できるのね、、汗、トホホ

それからの組み付けは、娘の担当。
分解の時、力まかせにドライバー回して、ナメてしまったネジは、4のを使う。

あらら?ホームボタンも違うじゃん、、、
4のボタンはパーツといっしょ。
4sのボタンはフロントパネルといっしょ。
もう!はがすしかないでしょ。。。。。
ということで、どんどん移植。

4時間後。

20140518d


こんなんなりました。
充電すると、あっさり表示があらわれ、親娘ハイタッチ。
使えます、これ。

20140518e




これからどうするか?って?
それは、、、、、フフフ

またね~

| | コメント (2)

今ごろになってピックで弾く

そもそも自宅では大きな音が出せない環境なので、三角形のピックを使ったことがありませんでした。
というか、本音を言えば「使えない」という不器用さが災いしていたわけですが、、、

唯一ピックを使うというのは、年に一度キャンプに行って野外で弾くときくらいかな?
なのでギター弾きなのにピックには、まるで興味がございませんでした。
ようするに「あれば良い」程度にしか思ってなかったということで、、

このところ「とうまさく」で演るようになって、にわかに使う機会が増えてまいりました。
歌とギターのみ、という編成だと、三角ピックで弾いたとき、粗が目立つんですよ、、使い方が下手だから、、、

いままでずっとフィンガーピックを愛用して、それに「慣れ」ていると、三角ピックでもそれと同じイメージの演奏がしたいなぁ、と考えていたわけです。

が、そんなの無理です、考えるほうがバカでした。
ということで、己の演奏を見直そうと思ったわけです。

ということで、まずは道具から。
手持ちのピックを並べては弾くという、単純作業。
あーでもない、こーでもないと飲みながら、酔いながら、出口のない迷路に、、、

そんな時、定期巡回していて目にしたToshiさんのブログ。
まだ一度もお会いしたことがないのに、昔から良く知っている「大の仲良し」のような方。

ウルテムのThinが良いと申されておる、、、

そういえばウルテムもThinも持ってるがウルテムのThinは持ってない。

駅前の楽器屋へと。

三角とティアドロップを購入す。

あっさりと解決。

感謝感激雨霰

ウルテムのThinティアドロップが、このギターにジャストミート!

和太鼓の音を出す道具を「バチ」という。
三味線を弾く道具も「バチ」という。
日本人なら誰でも目にしたことがあると思うが、三味線の弾き方は「バチ」を振り下ろして「たたく」という弾き方をする。
たたくときに糸とともに皮もたたく。
私の場合、この音が骨の髄まで響いてくるわけです。

このギターを弾く時、本来やっちゃいけない私のクセで、弦をたたいてしまうわけです。
これ、けっこう微妙でして、持っているピックの材質や硬さで、思ってもいない音が出てきたりする始末。
ピックが厚いと音が丸くて妙に腰がない音。
薄いとそれなりに軽くて安っぽい。
だからThinなんて論外でした。

が、、ウルテムのThinの粘りってすっごいんだわ、、、、
弦をホールドしている時間が長い。
普通は、弦離れが良いピックが好まれます。
スッキリシャッキリした音が出るからね。

でも、粘りがある分、出音に「タメ」が作れるんです。
いや~最高ですよ。

で、ウルテムって何さ?
と、お嘆きの貴兄へ。
ご自身でググってみてください。
びっくりしますよ。

20140507a




でもって悲しいお知らせ。
ブラス製のaLaska Pikが生産終了になりました。
私の愛用の品です。
いわゆる「竹ギターの友」
手にした頃からずーっとこれしか使っていなくて、すり減ってきたからボチボチ買い換えようと思っていました。

先日とある森で弾いていて、親指につけていたのを紛失。
サイズはXL。
いい機会だから多めに買っておこうか、とネットをググルとXLサイズは、どこにもありゃしない!!!

なぜだ?

以前買ったお店に問い合わせると生産終了になりましたとの返事。
残ってる在庫もLとMが僅か。
それだけあってもしょうがないし、、、
目の前が真っ暗、、、、竹ギター弾くのやめよかな、、、、

目くじら立てて真剣に探す。
メーカーやU.S.A.のショップでは、まだ売っている。
在庫あるのね。
安い、、2ドルくらい。
でも、日本までの運賃&手数料は、けっこうな金額だぞ。

どうするか、、、、、
金を使うか?
それとも足を棒にして小川町&御茶ノ水界隈の店をしらみつぶしに探すか?

お見かけした方は、ご一報ください。

よろしくお願いします。

| | コメント (5)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »