« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

とうまさく会議

なぜか出番が増えている今日この頃、、、、

イベントに呼んでいただける、、あるいはずうずうしくもドタ参する???
とにかく、仲良くしていただいている、そしてご理解のある方々に甘えているという二人、、、
いいのかこれで、、、申し訳ないと頭を地面に、、、、

が、しかし、、つい最近、近隣でも有名なライブハウスから声がかかり、、
この夏に出演が決まったんです、、、、
当然のことながらそれは有料なわけでして、

とってもあせる、とうまさく、(;'∀')(;'∀')

二人して、自己分析をす

うちら、ゆるいよね
うん、緊張感無いし
周りからは、仲良し親子って思われてるんだろうね
だな、でもしゃーないなそれ
でも、それをウリにして出たくないよね
うん、それやったらちょっと失礼かも?
だいたい、いつ結成したかもわからなし
アハハ!解散したって同じ屋根の下にいるもんな
そうそう
でも結局さぁ、親子だから同じDNAを持ってるわけだし、リズムや間のとり方とか音の感じ方、出し方とか意識しないでも一緒になっちゃうじゃん
うん、、
たとえば友達と組んで演る、なんてのは、そこを合わせるのが大変なわけだから、一生懸命やんなきゃならないし、緊張感もでてくるわけさ
うちら、それ無いね
どーすんの?
つーか、いまさら人の曲やってもね、そういえば「とうまさく」の曲ってないし
そーだな、「サクラ佐倉」は頼まれ物だからね
Black Earthは別として
自分たちのコンセプトの曲は無いわ
作る?
ってもいいけど、オトンの場合かなりメッセージが入るぞ
あ、うん
頼まれ物だとゴールが決まってるかから、目指す言葉を選ぶけど、自分のを作るときってゴール無いし、言葉は選ばないし、けっこうドロドロしてくるから、とうまさくでお前が歌うと妙なモンになるから、無理だろ?つーか、お前何曲持ってるの?
う~~ん、、、4.5曲、、
おい、いつそんなに作ったのさ?
あ、まぁまぁ。。。
それってピンで歌うつもりの曲だべ?
そうだけどさ、とうまさくに移してもいいのもあるし、あ、でもオトンは、、
アーデモナイコーデモナイ、ピーチクパーチク、、、、例えばフルーツあんみつ(謎)
じゃそん時のオトンはミュージシャンになればいいのね?
お~そうそう!
でも、きっちりやるところはやるぜ
うん、編集?
アレンジだろ?
あぁそれ、頼むわ
おーし!
で、やっぱオトンも歌え
え?は?なんでや?
歌ったほうがいい
うん、まぁ、そか、、、実はオトンも1曲作った、、、、
???聞いたことない
そうね、歌ったことないし、、、
どんなの?
(^▽^;)~♪~♩(;'∀')♬~~
へぇ~いいじゃん
でも、とうまさくで歌う歌じゃねーぞ
そうね、、
古臭い歌だろ
うん
これハモニカ入れたいんだよね
おーいいね~
じゃーオトンは丸腰で歌って、お前が伴奏っつーのは?
アハハ~~それおもしれ~~!!!
え?マジ?おい、それ緊張感ありすぎだろ、、、

決まったこと
og3:2曲作る、1曲歌う
相棒:3曲仕上げる
6月いっぱいを目途に合わせて仕上げる
でも6月の「大人の夜遊び」でリハーサルがしたいと俄然張り切る


|

ゾンビ

最近のことであるが、、

4年ほど前から続いている「大人の夜遊び」なる集まりが、床屋からそば屋へ移った。
最近と言っても去年の11月だが。

ようするに参加者が増えてきて、店に入りきれなくなってきたからだ。
で、まぁ、とにかく友達が増えた。
やたら増えた。

と~~ってもありがたいことである。

しかしだ、みんなこっち側の人たちなのである。

こっち側、というのはステージ側のこと。
そうすると独特のコミュニケーションが多くなる。
必然的にこっち側へ立って、演奏する機会も増えてくる。
ここで演ってるからいっしょにやりませんか?
あっちで演ってる人がいるからいっしょにやりませんか?
嬉しくもありがたくもある。

ほんとならそっち側、つまりお客さん側のお友達が増えてほしいと思う。
こっち側ばかりだと、演っていない時は、こっち側の人がそっち側になる。

話を大きすると、友達のライブに行って金を払い、自分のライブに来てもらって金を払わせる。
友達のCDを買って、自分のCDを買わせる
トカゲどおしが、互いの尻尾を食う図式になってきやしないかと?

日本には古くから何人組とか町内会とか自治会とか、そういうのがあって、それに似ている気がする。
優しく奥ゆかしい民族だから、同じ意識を持つことで支えあっている部分が多い。

「お前のやってること、つまんね~から聴かね~よ」
面と向かってそんなこと言ってくる友達は、先ずいない。

しかし、そんな太ッといチェーンをどこかで切らないと、新しいものは生まれない気がしてならない。

「自己満足から生まれるものは何もない」
あらためて学長の言葉が身に染みて感じた。

桜は、散った。
そして花見は、終わった。

すこし籠るとするか。


|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »