« 2017年6月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年4月

初めての再開

ともあれ、、、
何と言われようが、書いておかなければならないことがあるので(へへ)

4月某日
私鉄を乗り継いで2時間ちょっと。
逗子というところに行ってまいりました。
下りた駅は「新逗子」

Img_6644

約束の時間までずいぶんあるので、さて散策しようと洒落こんで早めに来たのが大失敗(笑)
この日は、電車が遅れるほどの突風がすざまじく、歩くだけでもシンドイ日、、

とはいえ戻るわけにはいかないでので、迷ってみる。
初めてきた場所は、ワクワクする。
しかし強風、春なのに寒い、、、でもとりあえず足を先に。

ほど近いJRの駅
バスが行ったり来たり
人の往来も多い
飲み屋も食い物やもあるある
なんだろう?すごく豊かさを感じる街だなぁ

呑気に眺めていたら、腹が減ってるのに気がつく(グゥ)
目的の場所は、わかってるのに迷っているワタシ
どうすっか?
一人だから牛丼屋でもカレー屋でもいいんだけど

ちょいと入ったら目の前にソバ屋
おぉ、、
とりあえず暖まろう

Img_6646_4


目的の場所は、逗子文化プラザホール
毎年毎年、足を運ぼうと思っていた

このブログで互いに親交を深めた、いや、それ以上に心の支えになった人が演奏をするからだ

Toshiさん

ブログに書いていただいたので、コメントを返せば済むことだが、それでは気がすまないから、もう一度ブログに書くことを決めた

Img_6645


ホールの階段を登ってゆくと、待っていたかのようにやってきたToshiさん

>>
で、当日。。。本番前に、ロビーでお会いできました。すぐに分かりました。og3、大きな人ですからね。
>>

ってそれは私の顔だろ(笑)

Toshiさんは、もっと大きい
本当に癌だったの?ってくらいに生命力を感じたわけです

「はじめまして」
に何となく違和感、、
あっそう、Toshiさんもそうだったのね(笑)
出番間近なのでちょっとお話してホールへ

デカ!天井高い!
綺麗だし
珍しくスピーカーが埋め込みじゃない
よく見るとステージにバウンダリーマイクが置かれてる
こりゃ~よく聞こえるぞ

4部から拝聴
ギター演奏が続く
初心者っぽい人
若い女性
御高齢の方
やっぱ先生は上手いなぁ
そして、Merry Christmas, Mr. Lawrenceを弾く小学生の女の子にぶっ飛ぶ

いよいよToshiさんだ

椅子が変わる
座面がやたら高っかい!
大股でステージへ

演目は「Felicidade」

見ていて、聴いていて汗が出た
キッチリ譜面を読んでいて、時間をかけてここまで持ってきた音を感じた
私のように出たとこ勝負、勘で帳尻を合わせるような演奏じゃない
なんと真面目な人なんだろう
これはスゴク勉強になる

そもそもボッサは、愛している人を口説くためにある音楽だと私は思っている

「Felicidade」とは"幸せ"の意味
名作映画「黒いオルフェ」主題歌
ボサノヴァの創始者アントニオ・カルロス・ジョビンが遺した名曲である

私がいた列の右側の真ん中に座った女性が眼がしらをおさえていた
後で聞いたら奥様だった、とのこと

>>>
演奏が終わったあと、会場近くの酒場で昼間っから呑んだ訳です。
>>>

続きはToshiさんのブログで読んでね

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2018年7月 »