« K.Yairi YW-500P(1980年) | トップページ | K.Yairi YW-500P(1980年)~その3 »

K.Yairi YW-500P(1980年)~その2

という記事が書けそうな気がしていたわけです(笑)
それは、つい先日のこと。

マンボウが出て、楽しみにしていた春のお祭りが急遽中止になりました。
そこで開催されるはずのライブも、おじゃ~ん( ノД`)
主催していたマスターが「ムカ!」
その日のうちに代替イベントを企画(早っつ!)
某29日は、SobaCafe3〇1へといそいそと。

「えにし」集まる(って二人ですが笑)
打ち合わせ通り?ヤイリが2本並んだ。
ちょっと離席して戻ったら相方が記念写真を撮ってるじゃん!

20210501_1 

右は、相方のYW600(1975年)
左は、私のYW500P(1980年)

2人とも御茶ノ水の下倉で買ったという偶然、それも何かの縁だろか?

相方のYW600は、高校の時に購入したもの。
ワンオーナーで45年間、弾きこまれたギター。
超々々々しっっぶいぞ。
「18歳の頃は煌びやかで良かったんだけど~おとなになってから使うのは、ちょっと恥ずかしくて~」
という後半のMC。
あ~~よ~く、わ、か、る、それ!
はたから見ると歴史があっていい感じだけど、自分にとってはフルチン状態だもんね(爆)

ちょっと弾かせていただく
あぁいいな~
ギターは持ち主に似るのだ
深いわ~この音(嬉)
丁寧に、とても綺麗に保たれている
私に爪の垢ください、、、、

方やYW500Pは、40年間土蔵に住んでいたギター。
冬眠から目覚めたばかりなので、音が若い若い、、、、

20210501_2 


お~2ピース&3ピース
確か800からハカランダになるんだっけ?
かな?だよね?

あれ?600ってペグがクロムメッキじゃん?
あ~そうなの?

1000だとここまでインレイが入るんだよね
おぉ!そうなんだ!

ここカタログとちょっと違わない?
ん?お~?


それは、本人同士しかわからない楽しい会話、、、、


そして今日、相方が爆弾を送りつけてきた。

20210501_3
20210501_4

「ね?600もハカランダ時代があったんですよ。」って!
ね?って?ね~じゃね~よ!

20210501_5

で、500と500P
この仕様、
まさにこれのようですね。

と、、、

ちょい待ち!
重箱のスミをつつく
わたしのはポジションマークがドットではないぞ!
(んなことどーでもいいじゃん)

どうやら1973~4年頃のカタログらしい
よく持っていたよね。
尊敬します。

もう~久々に火がついてしまい、、
調べまくる日曜の昼下がり。

600が、図らずもハカランダ(爆)
ググっても出てこないし、、
茶水にでも行くか~
って、今はそれどころじゃない、、

1971年発売のYWシリーズ
600は
コーラルローズ(ニューハカランダ)

バリサンダー

コーラルローズ
と仕様が変わるらしい。
どうやら800も似た仕様みたいね。

が、初期の頃はハカランダが使われていたという記述も見つかった。
芸術的なハカランダらしい木目だけど、じゃっかん色が薄いような気がしないでもない。
ラミネートとはいえハカランダであれば、素晴らしい。
ヤイリのラミネートは、そんじょそこいらの合板とはワケが違うんだお。

なんだかエライもん見ちゃったな、、、、

最後に目の保養として

20210501_6jpg

ばくさん、ありがとうございます。
m(__)m

百聞は一見に如かず

 

|

« K.Yairi YW-500P(1980年) | トップページ | K.Yairi YW-500P(1980年)~その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« K.Yairi YW-500P(1980年) | トップページ | K.Yairi YW-500P(1980年)~その3 »