カテゴリー「日記」の記事

頭がタコになる時

忙しい、、、
しかし目に見えないものを作っているので、はたから見ればグダグダしているように見えてしまう悲しさがある
何もできない日が続いているので、かなり焦っている
これもきっと他の人にはわからないんだろうな、、、と思いながら台本に目をやる
あぁ、、、あと3曲、、、

で、、他に
年頭から作っていた踊りの曲をボチボチ仕上げねば
というか仕上がっているのだが、演舞用の音源を別に作らにゃならんわけで

一昨日、家に帰ったらスタジオ(という名の私の汚部屋)で娘が汗をかいていた
ボーカルとコーラスを録りなおしたとのこと
そやね、まだ寒い頃に録ったのは仮歌だったし、本人も全く気に入らないようだったし

聞いてみる、、サラリーマン姿のままで(笑)

Σ( ̄ロ ̄lll)

けっこうぶっ飛んだ

へ~ ! X10個くらい

16トラックもきっちり仕上げていた
あまりにもキッチリしてるので聴き方によっちゃボカロとかハーモナイザーとかピッチコントローラーで編集しているようにも聞こえる

とうまさくを解散してから、それぞれ違う音楽の道を進んでいる
人前での経験が娘の歌を変えたらしい

さてMIXするか、と始めるがCubaseのインスペクターが全く反応しない、、、、

んにゃろ~ぶち壊したな===
張り倒してやろか、、、

思いとどまってググると、、
バグ、、、、、

どうやら7.5で修正されているらしいが、おいらのは5
すでにサポートも終了している

5年前に買ったときはwindows xpだったし
でもって今は10
そもそも動作保証されてないんだよな、、、?

清水の舞台から飛び降りたつもりで買ったのに
清水の舞台から落とされた気分になった

クリーンインストールしなおせば治るらしい
でも、それやってると2日くらいかかる

アップグレード版買うか、、、、
しかし手持ちの小使いじゃとても手が出ない、、、、、

グチグチグチグチ、、、、
ブツブツブツ、、、、

頭がタコになっていた

「お金、ここに置いとくから」
廊下ですれ違いざまにカミさんがぼそっと言う

部屋に帰るとパソコンの上に万札があった

その昔、馬を買ってもらった武将になったような気分だ

オンラインショップで買う
住処の真下がコンビニで良かったぁ!
メールが届く

ダウンロード開始

え、、ファイルサイズが9ギガ超(;'∀')

そして、何もすることが無いので、こうやってブログを書いている、、、、

空は、すでに秋色である





P.S.
SKS関係者各位
ごめんなさい
子キャンの記事は、きっちり最後まで書きます。
忘れられない思い出は、必ずここに残します。
冬になるかもしれませんが、、、、、、

| | コメント (1)

ちょっとひとやすみ

サングラスがほしくて奔走していた

10数年前、まだ高給取りの頃に一度だけサングラスを作ったことがある
この頃は、けっこう高かったのね

最近メガネが安くなって嬉しい
4~5千円で買えてしまうのもある

でもな、、
遠近両用+乱視+カラーレンズとなると、追加料金が1万円~なのね(泣)

加えて、、顔がデカイので、ほとんどサイズが合わないという悲劇(喜劇?)、、、

いろんな理由で忙しい土曜日
カミさんと一緒に近所の某ショッピングセンターへトコトコイソイソ出かける
誰かさんのライブ見物のついでに2件回る

8月半ばだと、もうサングラスは投げ売り状態

おぉ!いいのがあるじゃん!
カミさんに見立ててもらう
サイズも申し分ないし
レンズの色は濃い目のブラウンにして
でもって、普段かけてるメガネよりも安いのさ!

フフフ、heart、年甲斐も無く喜ぶog3
そして出来上がりは一週間後

お伊勢公園で、ものすごく人相の悪い人がいたら、それは私です

通報しないでください

m(__)m

| | コメント (2)

とうまさく会議

なぜか出番が増えている今日この頃、、、、

イベントに呼んでいただける、、あるいはずうずうしくもドタ参する???
とにかく、仲良くしていただいている、そしてご理解のある方々に甘えているという二人、、、
いいのかこれで、、、申し訳ないと頭を地面に、、、、

が、しかし、、つい最近、近隣でも有名なライブハウスから声がかかり、、
この夏に出演が決まったんです、、、、
当然のことながらそれは有料なわけでして、

とってもあせる、とうまさく、(;'∀')(;'∀')

二人して、自己分析をす

うちら、ゆるいよね
うん、緊張感無いし
周りからは、仲良し親子って思われてるんだろうね
だな、でもしゃーないなそれ
でも、それをウリにして出たくないよね
うん、それやったらちょっと失礼かも?
だいたい、いつ結成したかもわからなし
アハハ!解散したって同じ屋根の下にいるもんな
そうそう
でも結局さぁ、親子だから同じDNAを持ってるわけだし、リズムや間のとり方とか音の感じ方、出し方とか意識しないでも一緒になっちゃうじゃん
うん、、
たとえば友達と組んで演る、なんてのは、そこを合わせるのが大変なわけだから、一生懸命やんなきゃならないし、緊張感もでてくるわけさ
うちら、それ無いね
どーすんの?
つーか、いまさら人の曲やってもね、そういえば「とうまさく」の曲ってないし
そーだな、「サクラ佐倉」は頼まれ物だからね
Black Earthは別として
自分たちのコンセプトの曲は無いわ
作る?
ってもいいけど、オトンの場合かなりメッセージが入るぞ
あ、うん
頼まれ物だとゴールが決まってるかから、目指す言葉を選ぶけど、自分のを作るときってゴール無いし、言葉は選ばないし、けっこうドロドロしてくるから、とうまさくでお前が歌うと妙なモンになるから、無理だろ?つーか、お前何曲持ってるの?
う~~ん、、、4.5曲、、
おい、いつそんなに作ったのさ?
あ、まぁまぁ。。。
それってピンで歌うつもりの曲だべ?
そうだけどさ、とうまさくに移してもいいのもあるし、あ、でもオトンは、、
アーデモナイコーデモナイ、ピーチクパーチク、、、、例えばフルーツあんみつ(謎)
じゃそん時のオトンはミュージシャンになればいいのね?
お~そうそう!
でも、きっちりやるところはやるぜ
うん、編集?
アレンジだろ?
あぁそれ、頼むわ
おーし!
で、やっぱオトンも歌え
え?は?なんでや?
歌ったほうがいい
うん、まぁ、そか、、、実はオトンも1曲作った、、、、
???聞いたことない
そうね、歌ったことないし、、、
どんなの?
(^▽^;)~♪~♩(;'∀')♬~~
へぇ~いいじゃん
でも、とうまさくで歌う歌じゃねーぞ
そうね、、
古臭い歌だろ
うん
これハモニカ入れたいんだよね
おーいいね~
じゃーオトンは丸腰で歌って、お前が伴奏っつーのは?
アハハ~~それおもしれ~~!!!
え?マジ?おい、それ緊張感ありすぎだろ、、、

決まったこと
og3:2曲作る、1曲歌う
相棒:3曲仕上げる
6月いっぱいを目途に合わせて仕上げる
でも6月の「大人の夜遊び」でリハーサルがしたいと俄然張り切る


|

ゾンビ

最近のことであるが、、

4年ほど前から続いている「大人の夜遊び」なる集まりが、床屋からそば屋へ移った。
最近と言っても去年の11月だが。

ようするに参加者が増えてきて、店に入りきれなくなってきたからだ。
で、まぁ、とにかく友達が増えた。
やたら増えた。

と~~ってもありがたいことである。

しかしだ、みんなこっち側の人たちなのである。

こっち側、というのはステージ側のこと。
そうすると独特のコミュニケーションが多くなる。
必然的にこっち側へ立って、演奏する機会も増えてくる。
ここで演ってるからいっしょにやりませんか?
あっちで演ってる人がいるからいっしょにやりませんか?
嬉しくもありがたくもある。

ほんとならそっち側、つまりお客さん側のお友達が増えてほしいと思う。
こっち側ばかりだと、演っていない時は、こっち側の人がそっち側になる。

話を大きすると、友達のライブに行って金を払い、自分のライブに来てもらって金を払わせる。
友達のCDを買って、自分のCDを買わせる
トカゲどおしが、互いの尻尾を食う図式になってきやしないかと?

日本には古くから何人組とか町内会とか自治会とか、そういうのがあって、それに似ている気がする。
優しく奥ゆかしい民族だから、同じ意識を持つことで支えあっている部分が多い。

「お前のやってること、つまんね~から聴かね~よ」
面と向かってそんなこと言ってくる友達は、先ずいない。

しかし、そんな太ッといチェーンをどこかで切らないと、新しいものは生まれない気がしてならない。

「自己満足から生まれるものは何もない」
あらためて学長の言葉が身に染みて感じた。

桜は、散った。
そして花見は、終わった。

すこし籠るとするか。


|

腹が減る

ひと段落して晩酌なう。
3月に入ってから詩や曲を書いて、PC相手にアレンジを打ち込んだりという日が続いていてました。
まぁ、週末だけなんだけどね、、、

この3連休もず~っとヘッドホンして、Cubaseを相手に。

でだ、、、
ここでこうやって、じっとしてるだけなんだがやたらと腹が減る。
毎日サラリーマンをやっている時より腹が減るのだ。

ま~たまたデブになるんだろうか?と心配しきり、、、

で、ググってみる

成人男性の安静時で、脳の酸素消費量は全体の20~25%、とのこと。

ほぉ!

でもって、脳の重量は体重の2%、だとさ。

へぇ~!スゲーな脳って!

こう、、なんというかな?、、えぇとネ
作詞?作曲?創作?しているとストレスがたまるんです。

ストレスにはプラスのストレスとマイナスのストレスがあって。

マイナスのストレスってのはね、、、ほれ、、、上司や友達からいじめられたり、な、そういうの。
で、それが溜まると病気なったり死にたくなったりします。
だからどこかで発散したい解消しなければならないわけですよ。


プラスのストレスは、9回裏2死満塁でバッターボックスに立ったイチローの気持ちとか、2位で走ってきたマラソンランナーがゴール直前でトップと競り合う気持ちに似てるらしい。
わかりやすいところで言えば「恋愛」もそうなんだってさ。
ネ、思い出せばかなり恥ずかしいことも命がけでできたでしょ?

今はプラスのストレスが溜まってたわけです。
だからとってもとっても躁状態なog3です。


普段めったに使わない、脳の一部分を全開で使ってました。
アメニモマケズカゼニモマケズトシニモマケズ、、、
ああなんと気持ち良いこと、、、、これ、ワカリマス?

普段よりんも脳がたくさんの酸素を使っていたんだな~と実感(勘違いかも?)


今日は桜の便りが聞こえてきました。
例年よりもず~っと早く。

今年の夏は暑く、熱く踊ってほしい、と。










|

節目

娘が卒業した3月15日
卒業式というのではなく、学位記授与式と言うんだな。

受験の時、高校の制服でコチンコチンに緊張して上った神保町の階段を今日は振袖&袴姿で。
早いなぁ、、と思うのはきっと親だけだろな。

出てみれば、横断歩道の向こうは華やかな景色、、、

ここに来るたび、女子大を楽しく、深く、重く、あるいは父として、男として、色々な意味を含めて新鮮な、そして神聖な場所として感じている。

基本的に?、、誰もが?、娘を持った父親というのは、みんな親バカである。

七五三であれ、成人式であれ、その親は子どもに、その節目として初めての支度をさせる。

しかし男子と女子の違いは、最初で最後の姿がそこに「ある」か「無い」か。
ようするに一生に一度しかない「姿」が「ある」か「無い」か、だと思う。

男にとって、というか私にとって大学を卒業することは、それほど重く感じていなかった。
それに実家から両親が来る、なんてことも無かった時代だし。

横断歩道を渡って、式に列席するために整理券をもらう長蛇の列は全て親バカたち。
入学式よりも長い、長い、、、、、、

待つ時間もそれはそれは長いのだが、、、

周りを見れば、華やかな姿の卒業生が数え切れきれないほど、、、
私の目が、耳が、あぁ、喜んでいる!

卒園、小学校卒業なんて、とってもかわいかったし
中学校の卒業式あたりから、生意気なヤツとか、危なっかしいヤツなどなど
高校の卒業式には行ってないけど、文化祭に行った時なんで、もう~ウルサイウルサイヤカマシイ、、、張り倒してやりたくなるようなヤツもいたりしてサ(笑)

で、、なんだよ女子大って、、、、
見えるもの、聞こえる音がとても心地よいのだ
あれだけたくさんの女子がいても、、、

すごく落ち着いている

華やかな学位記授与式なのにね

まぁ自撮りの嵐は、そこらじゅうなんだけど、目障りでないというのがオトナノオンナなんだろうか?

ホロっと出てくる涙をおさえながら作る笑顔って、もう、オヤジの胸はキュ~~~ン!


そして、、式にて
学長の式辞

入学式の時
イチローを引用して、カタチぶっ壊すことで自由になれる
というのおぼえてました。

で、今

その中で、色々なことを聞きましたが「自己満足から生まれるものは何もない」という言葉にに感動しました。

そんな風に、カッコ良く、
齢を重ねてみたいと、

学長に、、オヤジの胸はキュ~~~ン!

今これを書いている、今日は3月16日です。


|

Epilogue

筆不精になりつつ、ブログが枯れてゆく、というのがいいなぁなんてね。
人生のように。

そもそも三日坊主で始めたので、本当ならどこでいつ終わってもいいと思ってました。

で、まぁ
なんで10年も続いたか?ってのは

こんな独り言でも、、読んで、コメントをいただいて、見ていてくれた人がいたからこそ、書く、または弾く?、そして見せる(え?)喜びがあったわけです。
もう、、今までご覧いただいた方々には、感謝の塊です。

ただ、今はそこ注ぐ生命エネルギーが無くなってきた、というのが本音かもしれません。

若いころはガンガンやって、自分の持っているエネルギーの100%以上使っても、翌日にはちゃんともとに戻ってましたよね。

で、年を取ると若いころ持っていたエネルギーの80%、、いや60%くらい?しか無いわけで。

それをどう使うか?ってのが、かなり限られたものになってゆくんです。

広げてしまった世界をある程度、というかかなり断捨離して、自分がやりたいことだけをより深く掘っていきたい、と。


毎年秋から冬になるころ、演奏に、と呼んでいただける機会が増えてまいりました。

だから一生懸命練習してるんだろ?、、じゃなくて、、、
人様の前で演奏する、という、そこまでの精神状態にもってゆく、あるはそれを維持することが難しくなってきてるんです(といういいわけですが)

最近いろんなことありました。

息子が北海道に戻ってゆく。
幼馴染が自殺する。
オフクロが大動脈瘤で緊急手術する。
娘の「青い鳥」を観劇する。
山での若い仲間が結婚する。
自治会の役員が終わる。
世話になった先輩が急死する。

心にダメージがある時にいい気分にはなれません。
ハッピーな時にお悔やみを述べるのは、きっと無礼です。

若いころに持っていた強力タイプな虚像があれば、あっさり割り切っていたかもしれません。

でも、今それをすることは自分にとってno soul、、、、
必要以上にそれを想像していることも否めませんが、、、

すみません、かなりややこしい性格なので。
昔の病がそうさせているかもしれません。

というわけで、このブログも、そしてFacebookやLine、MixiといったSNSも一旦全部やめます。

進歩しすぎた情報社会の中では、そこにいる人の本来の姿を見る、あるいはここにいる自分を表現する、ことがちゃんとできるか?という疑問もあります。

来年は、少し動こうとを思います。
パソコンの前でヌクヌクしてないで、ちゃんと体を使って。
電車や車に乗ってあちこちに出かけようと。
時間がある限りですが(あまり無いとも思えますがwww)

そっちのほうが時間や金がかかるし、面倒くさいんですが、やはりそれは百聞は一見に如かず。

人と会う、というのは、とても素晴らしいことですから。



~つづく~かどうかわかりません。もう少し、今年いっぱい。

|

あまロスのみなさんへ

とうに一年を過ぎておりますが、心がすっきりするコメントを頂戴しましたので、本文に記録いたします。

あまちゃん「潮騒のメモリー」最後の謎解き

心より感謝申し上げます。

こんなコメントが大好きなog3です。

何でも受け付けます。書いてください。

誹謗中傷、金を貸せ、以外は、、、、

敬具





| | コメント (0)

なんだろう?

多かれ少なかれ、それは公に、私的に、あるいは自らの活動として、または、学校や、地域や、サークルや、家族の中で、自分以外の誰に何かをやって見せることは必ずある。

歌や、踊りや、演奏や、創作物や、絵や、話や。。。。。。

誰もがきっと思う。

できるだけ多くの人に見て、聴いてほしいと。

そしてそれをわかってほしい、何か言ってほしい、できればほめてほしいと。

おぎゃーと生まれてきたからには、それが生きている証明でもある。

小さいころは、それまで「できなかった」ことが「できた」というおとなの目があり、成長という物差しで判断されるから、とってもわかりやすい。

でも

難しいんです、年をとればとるほど。

そこに何か特別な「魅力」があればいいんですけど。

勘違いすると何となく鼻につく、自己満足的な表現になる。

尻込みをすると、老いぼれてしまう。

もう私は、技術や知識で武装する年齢をすぎている。

残された時間に、魅力的な人となり、魅力的な人生をおくるには、どうすればよいか?

師走の疲れかもしれません。
くだらないことを考えている時間が好きです。

今年も残りあと2週間となりました。

| | コメント (3)

キオク

シュテインビルトは、様々な人種、民族、そして「NEXT」と呼ばれる特殊能力者が共存し、その「NEXT」能力を使って街の平和を守るヒーローが存在する街。
「NEXT」が特殊能力を使える時間は、5分間。
おじさんヒーローであるワイルドタイガー鏑木虎徹は、年齢とともにその特殊能力が使える時間がじょじょに短くなってゆく。。。。。


もとい、、、、

この4月から花の都へ勤務することとなり、環境にもだいぶ慣れたはずだが、いざ家に帰ってみると自分の道楽に使えるだけのエネルギーが残っていないことに気づく。

晩酌して、飯食って。
気がつくとギターを抱えたまま寝ている毎日。
「お父さ~ん、お風呂に入ったら~」と、おこされると既に深夜。
パソコンに興じる時間も無い。
てなわけで、一月ぶりの更新。

6月14日

おそらく同じようなことを感じている連中が集まった、中学校の同窓会。
4年毎のはすだったが、既にこの世にいない旧友が4人になってしまったので、2年毎にしようということになった。
それに一度も出てきていない恩師がいたので、スケジュールを合わせたというのもある。
というわけで北は北海道、南は九州から駆けつけてくれた同級生もいた。

お~!、、、と飲み始めると途中からキオクが無い、というのがいつもの私。
久しぶりなんだし、おぼえていないというのは、なんとなくもったいない。
というわけで今回は抑えながら飲む。
極めて珍しいよ、それ。
若い頃は絶対できなかったし。
できるようになったというのは、特殊能力が衰えてきたから?

乾杯とともに席を立つ「お友達」
ビール瓶片手に仲間のところへ。
おい、お膳食えよ、、、

おいて行かれるつもりでのんびりと飲む。
そこにいた全員と話ができた。

そして恩師。
いったい何年ぶりだ?
担任ではなかったが、中学生だった自分に多大な影響を与えれくれた恩師だ。
ちょっとやそっとじゃ語れない。
現在そんな教師は、いないだろうし。
積もったまま腐りかけている話をする。
1,2,3、、、、、9,10と包み隠さず全部話す。
全てオフレコですみません。
しかし、最後に「それがお前さんの人生なのよ。」と言われて、スッキリ。

背中合わせに座っていたのは体育の先生。
そのとき先生は23歳だったとか。
いつも出席してくれる恩師だ。
ビール注ぐといきなりキオクの引き出しが開く。
保健体育の最初の授業。
「お前らは、男だから自分のモノは良く知ってるだろ。しかしなぁ、ここに女の子連れてきて見せるわけにはいかないんだよ。だから俺が授業やるんだ。わかったか~」
あぁ男になったなぁと思った瞬間だったね。
中学生になったことを感じた一言でした。
そんな話を肴に酌み交わしました。

あたりを見渡す。
そこには同級生の「音」があった。
人間、ひと山越えた年齢になると、容姿、体型が一変する。
悪くなることはあっても、良くなることは無い。
誰だっけアイツ?ってな顔になっていたり、デブになっていたり。

それにひきかえ不思議と「声」は、ほとんど変わらない。
しゃべり方のクセも変わらない、というか直らない。
懐かしい響きが耳をくすぐる。
顔を見ても思い出せないキオクが、その声で思い出す。

そんな声で、そんなしゃべり方で、、私は「ちゃん」づけで呼ばれる。
この年で、この顔でだ、、、
同窓会の会場でなければ、けっこう薄気味悪いかもしれない。

「ちゃん」づけは、中学まで。
高校では、名前だった。
大学では苗字で呼ばれた。
現在の生活の中で「ちゃん」づけで呼ばれることはまず無い。

「ちゃん」づけで呼ばれた後の会話は、懐かしくも、恥ずかしくも、臭くも苦くもある。

しかしそれを嫌う人もいるだろう。
あれから40年経ち、多くの収入や、社会的地位を獲得した人にとっては、その人なりのプライドがそれを許さない場合がある。

昔の自分に蓋をして生きるか、全部晒して生きるかは、自由だ。
私は、金もプライドも無いので、脳味噌が相当喜ぶ。
ずっと使わなかった一部が活性してくる。
こち亀の日暮のような感じだろか?
特殊能力だろか?

そんなのが30何人もいるのだから、そこは中学校の雰囲気そのもの。
たまには、冷静に飲むもんだな、と自画自賛。

2次会、3次会、宿の部屋に帰って4次会。
飛んでいないキオクがある。

そして最後の楽しみ。

20140628a

行きの新幹線の中からFBにメッセージ入れたら持って来てくれた友達。
ありがとう。
美酒だ。
あまりにも鮮やかなので飲むほどに酔いが醒めてゆく。
これは、活性純米酒。
私もちゃんと活性しました。

「おい!朝起きたら、無かったぞ~」と、、、

すみません、私が全部飲みました。

次回もお願いします。
m(__)m

| | コメント (4)

より以前の記事一覧